コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

カテゴリ「iPad」の27件の記事 Feed

2016年4月 9日 (土)

iPad Pro 9.7インチ版、買いました。そしてMVNOに変更

iPadは初代、3代目(新しいiPad)、5代目(iPad Air)と買い換えてきています。
基本的に二年ごと、キャリアはSoftBankでちょうど買い換えるたびに2年間分の割引もあったのですが、昨年冬口からそれも切れており、さすがにでっかいiPad Proはなあ、と待っていた私にぴったりなこれまでと同じサイズのiPad Pro(サイズで見ると7代目)、もう買わないわけにはいきません。

ただ、メモリがでっかいiPad Proと違って2GBです。なんか3代目買ったときのようないやな予感もします。このときは半年後に4代目が性能アップして発売されたけど半年で買い換える気にもなれずのAirまで待ったのです。

Airは最近非常にもっさりしてきて大変だったのですが・・・あ、でもなんか最近のiOS9.2のとき、無事にアップデートもできたし、なぜかさくっと軽くなったしで今のところうちでのサブ機にする予定です。
な感じですが、Proは当然CPUもよいので2GBでまったく問題ない。とはいえ、買う前は不安だったので、3代目以降は毎回最高記憶容量を選んできたのですが、今回は128GBにしております。

カメラの性能がよくなってきていますし、デジカメはGPSつき持っていないので、なんだかメインカメラになる予感。うーん、写真のサイズもでかくなるし、LIVE写真面白いしで、残り30GBくらいでやりくりできるか。

なお、地味に気圧計がついたのがうれしくって、アプリ入れてチェックしています。気圧低いときはなんか調子が悪くなっている私なので、チェックするのです。にしてもアプリなしならSiriさんに聞くしかないのが面倒だった。

あ、そうそう、重さ、Airと比べると軽くなっているはずなんですが、変わらないかむしろ重くなった感。ケースが変わっているからでしょうか。スマートケースは金属部分もあるし。

そしてようやくMVNOもお安く多くの業者で始まったので、そっちに切り替えです。IIJMIOにしました。今のところ過去の実績から5Gのプランではじめています。
IIJmio SIMカード ウェルカムパック (SMS) ナノSIM 【Amazon.co.jp 限定】IIJmio SIMカード ウェルカムパック (SMS) ナノSIM 【Amazon.co.jp 限定】
これを買って設定しました。なにが大変って、simを差し込む際にあの小さなトレイにどっち向けに載せればいいのかよくわからなったし、とっても載せづらい。

にしても純正のラバーケースはもうないのですね。本体をカバーし、スマートケースなふたまで一体化しているので安全で便利でしたのに。なお、3代目のときは純正以外のケースを使ってもうちょいしっくりこなかったので、Airは純正ラバーケース、そして今回のProは純正のスマートケースとシリコンケース、ただ、スマートケースは磁石で張り付いているだけなのでとっさの時にそれだけで保持できない(これまで代々1回は落としているけど、ケースやカバーによって無傷)。怖いのでAppleCare+、初めて入ってみました。

あと、保護フィルムもこれまでのフィルムから初めてガラスにしてみましたが、貼るのが一発勝負的で大変だった。フィルムならごみ入ってもその部分をぺらりとめくってテープなどでぺたぺたして取り除けましたが、ガラスなのではがすと全部はがすことになりますし、そもそも簡単にはがれないので・・・。
買ったのは、
WANLOK 2016 改善版 Apple iPad Pro 9.7-inch (2016) 9.7インチiPad Pro ガラスフィルム 【実機確認済】 保護 フィルム NSG 日本板硝子社 国産ガラス採用 2.5D 硬度9H ラウンドエッジ加工 アップル アイパッド 【国内正規品】 iPadPro 9.7WANLOK 2016 改善版 Apple iPad Pro 9.7-inch
です。今のところなんら問題なく使えています。

それにしても、キーボードとペンシルは、使わないので未購入。キーボードはソフトウェアキーボードでなんとかなっているし、ハードのキーボードもまた、ふた代わりになるだけで磁石で張り付いている。ねっころがって使ったり電車で立って使う際には邪魔っぽい。そもそもキー配列がUSだし。

あとは、現在のSoftBankとの契約が2年縛り更新したのが切れる夏前に解除して、完全にMVNO生活です。メールとか移行しとかないと。
む、Airってsimロック解除してもらえるのだろうか、QAによると・・・無理でした、残念。

Apple iPad Pro

2013年12月 1日 (日)

iPad Air Wi-Fi + Cellular 128G、遂に手に入りました。早速フィルムを貼ってみた

iPad Air Wi-Fi + Cellular 128Gを予約開始の2013/11/01にネットでsoftbankに機種変更で注文したのですが、結局先週中にお店に入ったとの連絡がありました。一週間以内に機種変更の手続きしないとキャンセルとなってしまうので、今日なんとかぎりぎり手続きできました。
なお、色はスペースグレイ、これまで初代、第3世代と黒系だったので今回もこっち、これまでは白系のほうが人気があったように主宇のですが、今回は違ったような様子です。結局ひとつき待ちでした。

それにしてももうiPhoneはsimフリー機がApple公式で販売されている状態です。docomoのiPad参入も年度内とのことなのでそれから半年以内にはiPadもsimフリー出そうですね。だから結構悩んだのですが、まあ悩んだら進む方向に舵を切ることしているので、機種変更しました。

お店での手続きは前回のようにsimを抜いて新しいものに刺すという作業もなく、とっとと手続きできました。ああサイズが変わったんですねぇ。差し込むところも目の前でやられたので見ていましたが、小さい。
ティザリングのオプションを今回からつけられて二年無料なのですが、敢えてつけませんでした。オプションつけて外し忘れたりとかよりもほんと、使わないから。(そう、恐らくsimフリーiPadが出たら出たらでその次の機種変更は途中解約してsimフリー+MVNOにしてしまうと思うし)
結局これまでよりも毎月1000円弱高い通信料です。これが痛いんですけど、simフリー待つのは待つので気を揉むし、海外のsimフリーを高いお金出して買うのも国内版が出そうな流れではやっぱり躊躇。

なお、変更前の第3世代iPadは下取りには出しませんでした。使い道あるというよりも、移行がうまくいかなくってデータがどこかに行くのは恐いので。移行できてから、量販店に売るかどうか悩みます。

さて、持って帰ってみて箱から出すとやっぱり軽い。なんかおもちゃのような軽さで不安でもありますが、まずはとっととフィルム貼りです。
あらかじめ買っておいた
OverLay Plus for iPad Air 低反射タイプ 液晶 保護 シート OLIPADAOverLay Plus for iPad Air 低反射タイプ 液晶 保護 シート OLIPADA
です。これまでは光沢タイプが綺麗だったので愛用していたのですが、外でよく使うので眩しいこと多いので試しにこっちに変更です。

貼り方は週刊アスキーPLUSの
iPad Airに液晶保護フィルムを完璧に貼る
の記事のまま、同じように貼りました。これのフチにセロハンテープを貼ってやるというのが見事に気持ちよく、今後このパターンを踏襲したいです。
実はこの貼る作業が携帯ゲーム機とかでも面倒で面倒で、お店で貼ってくれるとこあるのでそこまで行ってお金出して貼ってもらいたいくらいでしたが、このやり方は結構楽ちんでした。ホコリが入っても取りやすかったということと貼る時にずれなくさくっと貼れたことも嬉し受かった。

なお、低反射って結構思ったよりもぎらついたアブラっぽいイメージになるのですね。白い画面で目立ちます。これがちょいとショック。当然映り込みはないけど、その分乱反射させているのかざらっとしている印象。ただ、暗くはならないです。
しばらく外で使ってみて、気に入らなかったら
OverLay Brilliant for iPad Air 高光沢タイプ 液晶 保護 シート OBIPADAOverLay Brilliant for iPad Air 高光沢タイプ 液晶 保護 シート OBIPADA
を買うまでのこと。

後は公式の
iPad Air Smart Case - ブラウン - Apple Store (Japan)
のブラックをこれまたひとつきあるので既に購入済です。これにはめ込んで完成。フチが全然隠れないので、フィルム貼る時に画面外の外部分も綺麗に貼ったほうがいいですよ。
革製ですので軽いです。

ケースないのと較べると当然100gくらい重くなっていますが、これでも全然第3世代より軽い。第3世代も公式カバーは革ではなくまた、背面もサードパーティーのしっかりしたものだったので軽くなったことがはっきりわかるのでこれからの片手持ちが楽になりそう。

なお、その後、第3世代iPadのバックアップをPCにとり、そこからAirに復元してほぼすべてのアプリが戻りました。なお、PCにiTunesでバックアップする際に暗号化してバックアップしたのでパスワード情報も引き継がれています。
なお、引き継がれなかったのはMLPlayerDTV、当然と言えば当然ですね。これはもしかしたら機械に紐付いていて再課金かと思いましたが、普通に新規導入時扱いでアクティベートし直してプロファイル入れたら使えました。なお、これで私はPanasonicDIGAから番組持ちだしで通勤時に楽しんでいます。

他は、例の如くi文庫HDでコミックの読み比べ、この際、Airの方が液晶の色が白いことが判明。第3世代は若干黄色み帯びていたのは確か初代から移行時にも思っていたので、元に戻ったのかな。
ここで嬉しかったのは設定で画像補完をHighにして読んでいるのですが、これだと連続ページ送りするともたつく感じがこれまでしたのですが、今度はさくさく進む。CPUよくなった。思った感じに進むのが嬉しい。なお補完などの画像の解像度そのものは全く一緒の印象です。

さあ、これでこれまでほぼ使い切っていた64Gでしたからまた余裕が60Gほどできた。ますます自分で電子化した書籍が詰め込めて楽しいなぁ・・・。
そんでもって、simフリーiPad、来るなら来い! できれば、次の機種変更あたりがいいんですが・・・あ、でも来年初めには大きいiPadが出るとのうわさだった・・・。それ出たらどうしよう? さすがに持ち歩くには微妙かと思いつつ、MacBookAir持つようなものと思えばもてなくもないか・・・。

アップル - iPad

2013年11月 5日 (火)

「iPad Air Wi-Fi + Cellular 128GB」発売日に予約受付のみで手に入らず、取り敢えず必要な周辺ものを注文

「iPad Air」発売されましたね。
わたしは初代3G+Wi-Fi 16GB購入、そして3代は4G+Wi-Fi 64GBと購入。なお、半年後に4代目が出て悔しい思いをしていますが、まあ奇数代を買う流れでしょうか。
なお、噂ではまたも半年後にこれまでよりも大きいiPadが出るとの話もありますが・・・さすがにね。取り敢えずここんところ3代目の重さがつらくなってきたけどminiにはしたくないこの気持ち・・・。

取り敢えず初日にWebでsoftbankショップ受け取りで予約したものの、どうやら手に入るのは一週間後か一ヶ月後かって・・・ううう、まあWi-Fi + Cellular 128GBだし。なお、色は人気のない黒いほうだから早く入ってくることを望んでいます。
なお、64GBの3代目はもう自分で電子書籍化したコミックで50GB以上使ってほぼいっぱい状態。だから今度も迷わず最大容量なのです。

さて、取り敢えず必要な周辺ものを注文しておきました。
今回は純正のスマートケースと、やっぱり保護フィルム、そして3代目までしかもっていないのでUSBケーブルが流用できないのでUSBケーブルもひとつ。

iPad Air Smart Case - ベージュ - Apple Store (Japan)
リンクはベージュになってしまいますが、順当にブラックを注文。出荷メールきたので明日にでも届きそう。
革製しかないので高いのですが、ポリウレタンよりも軽いし、今回買うのもやはり軽いのを求めているのでこれでOK。3代目は出た当初は純正ケースがなくカバーのみだったのでいろいろ難儀しました。

Lightning - USBケーブル(1 m) - Apple Store (Japan)
そしてケーブルは1mで。これも同じ注文です。

そして保護フィルムはいつも悩みますが、取り敢えずメジャーどころで
OverLay Plus for iPad Air 低反射タイプ 液晶 保護 シート OLIPADAOverLay Plus for iPad Air 低反射タイプ 液晶 保護 シート OLIPADA
です。低反射にしたのはここんところ外で使うことが多いため映り込みが気にならないようにです。
でもって、これはもう届いてしまっていたり・・・。またほこり入れずに貼る作業の手間を考えると大阪まで行って貼ってもらえるお店に行くべきかとも思いますが、3代目はなんとか綺麗に貼れたし、今度も頑張るか。

ということで今のところ全く音沙汰がないsoftbankショップです。今月中に大丈夫かなぁ・・・。とまあ買うまでのわくわくも楽しみましょう。

アップル - iPad Air

2013年9月23日 (月)

第3世代iPad、iOS7にアップデートした

初代iPadから昨年春に3世代目のiPad(3G+WiFi,64GB)にしましたが、半年後に第4世代がもはや普通に出回っていない第3世代を使い続けています。

今回のiOSのバージョンアップ、重くなるという話を聞いていましたので様子を見ていましたが、三連休最終日、言うほど大変になった話を聞かないので私もアップデート。

1.バックアップ
iCloudではなくPCにバックアップです。PCのiTunesを使いました。気がつけば電子書籍化したコミックばかり大量に入れていたので50G程度も使っています、そのままバックアップで40分。

2.アップデート
PCのiTunes経由でアップデート。なんでかアップデータダウンロード後にバックアップが始まりました。結局1時間くらいかかってアップデート。
ただ、アップデートは時間はかかったものの、特にトラブルなく終了です。

3.困った点と対処
まずはいきなり壁紙がアップになってしまいました。壁紙画面で縮小しようにも縮小できない。しかもなんか妙に重いというか反応が悪い。散々悩んでネットで調べた結果、設定>一般>アクセシビリティ>視差効果を減らす、をOFFにすることで通常通りの壁紙にもどりました。
続いて、これまでカレンダーに設定していたgoogleカレンダーが表示されないことに気付きます。自作のiCalendar版コミック、文庫発売スケジュール、及びRSSを設定して日々のコミック購入管理に使っていたので、これがないと困ります。
でも、設定>メール/連絡先/カレンダー>アカウント内にある。紹介したカレンダー、にはきっちり入っています。どうして反映しないのか? 結局これもネットで調べたところ、一旦このカレンダー情報の詳細画面を出してアカウントを削除、としてもう一度、設定>メール/連絡先/カレンダー>アカウント内のアカウントを追加、から追加でOK。途中でSSL接続できません、アカウントをSSLなしで設定していますか?と確認されますので続けるとすればよいです。もしかしたらアカウント削除する前の詳細設定でSSLを使用がONになっていたのでこれをOFFにするだけで解決したかもしれません。

4.しばらく使ってみての感想
まだ数時間しか使っていませんが、ロック解除のスライドは画面のどこでもいいのが便利です。がその後のパスコード入力のテンキーの数字の間が広くなって打ち間違いしづらくなったものの、指動かす大きさが変わってまだなれません。
また、下からスワイプして一発で出てくるコントロールセンター画面は便利です。輝度調整は外でマップ見るときには最大輝度にしたいし、室内では半分くらい、寝室で寝る前なら最低輝度と一日で結構何度も変更するので使いますし、カメラもよく使うのでありがたい。
とは言え、画面の向きのロックをオフにしてもこの画面を出したままだと向き回転しません。一旦閉じないといけないのがちょっと不便。
また、フラットになったデザインはiPadは画面が大きいので見にくくなったわけでもなく、かと言ってより見やすくなったわけでもない。
なによりアニメーション効果が入っているのが若干もっさりした感じ。このあたりはCPUパワーがないように思えます。とは言え、重すぎて使えないわけでもなく、アニメーション効果で流れ(?)がわかる分ストレスにはなっていない。
Safariを3G回線で使うことが多いのですが、これはこれまでより軽快になった印象です。タブごとに読み込みバーが出るのもいい。
最後に標準アプリのメモ、これがこれまでクリーム色背景で行ごとに線入りだったのですが、真っ白になってしまいました。これが見やすくない・・・。メモアプリを探すべきでしょうか。

5.終わりに
アップデートしても特に問題なく、危惧された重さもほぼ感じません。むしろよく使うSafariが軽くなったようなので嬉しい。まだまだ第3世代iPadも使えますよ。

とかいうものの、そろそろ発表になるであろう第5世代iPadに興味津々です。
うん、来月発売になりそうですので、今の第3世代も1年半使っているし、買い換えるかなぁ。物理的な重さも軽くなってサイズも横の額縁部分が小さくなる、という噂だし。

2013年6月18日 (火)

「ポケモンタイピング」、iPad用に買ってみた

「ポケモンタイピング」、買いました。iPadでブログ書くためにです。ということで当然これが最初の試し書きです。

まあ出張中の身です、最初はiPadだけで書く気まんまんだったのですが、やっぱり長文は面倒です。いや、ブログ程度の文章でも結構大変なのでした。

早速ですが、使用感はなかなか良好。やっぱりキーピッチがあるのは打ちやすい。なによりもカーソルを自由に移動できるのはいいものです。簡単に文字の選択、コピー、ペーストができるのが文章書くのにどれだけ嬉しいことか。
若干キーの刻印と違うものがあるのですが、うーん、「」の位置がずれているのに慣れたらなんとかなるか。また、標準のブラウザ内で書いていますが、変換候補がすぐでてこない、というかかなうっているだけでは候補の出方が変な横並びでしかも何がなんだかわかりません。おもむろにカーソルキーを上、左と動かすと候補一覧がでてきます。

値段もお得なものですから、これは出張中は重宝しそうです。

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)

2012年10月24日 (水)

「iPad4」や「iPad mini」、そして「Kindle日本版」の発売が決まり、物欲を抑えるために「iPad3」と比較してみます

「iPad Retinaディスプレイモデル」や「iPad mini」が今朝方、そして夕方には「Kindle日本版」の発売が決まり、浮き足立っている私です。
そう、既に半年前に初代iPad 3GWi-Fi16Gから第3世代iPad 4G(当時の名称)Wi-Fi64Gに買い換えたばかりですので、ここでふらふらと買ってしまいそうになる自分を抑えるのに必死です。

アップル - iPad

Kindle Paperwhite

とにかく、物欲を抑えるために今現在つかっている「第3世代iPad 4GWi-Fi」(以下iPad3)と使用する要件を確定して比較してみます。なお、価格は安物買いの銭失いを気にするタイプですので、重み付け考慮として入れません。

まずは要件定義、自分が現在iPad3で利用している主たる機能と今後の要望をまとめます。

使用している機能:
1.通勤時、外出時、自宅でPCのない部屋でのWebブラウジングすること(50%)
2.自分の持っているコミックを主とする書籍を300dpi(一部600pdi)で電子書籍化したPDFをリーダー(現状i文庫HD)でカラーで読むこと(30%)
3.外出時の電車経路探索、もしくはMap機能での付近の地図確認(10%)
4.ちょっとした場面で写真を撮ること(3%)
5.その他ゲームしてみたり(2%)
要望:
1.大きさや解像度は落とさずに軽量化(40%)
2.カラーE Inkによる読みやすさの向上(40%、モノクロなら10%)
3.解像度(264ppi)のさらなるアップ(20%)

ということで上記の使用機能、要望のパーセンテージを重み付けして総合的客観的に判断してみましょう。

現在使用中のiPad3:
使用している機能そのままで100%+要望は当然満たされていないので0%=100%

iPad Retinaディスプレイモデル(以下iPad4):
4G・・・じゃなくCellular+Wi-Fiを選択し、容量も同じ64Gを選ぶとして、使用している機能はそのまま使えます。また、処理速度が向上したのですがWebブラウジングでは現状でも気になっていないのですがi文庫HDでのページ送り時に若干のもたつき(300dpi)、及び600pdiでの気になるレベルのもたつきが軽減されることが予想されます。30%の重み付け中若干の優位性を考慮して+5%で105%。
要望については大きさ厚さ重さ解像度は全く変わりがありません。E Inkも使用されていませんので全く要望を満たすことなく0%。計105%。

iPad mini:
Cellular+Wi-Fiを選択し、容量も同じ64Gを選ぶとして、使用している機能はそのまま使えますので100%。
要望については軽量化はしていますが、大きさが小さくなったので差し引いて満たされていない扱い。しかも解像度が初代と同様の解像度(132ppi)に落ちるので満たすどころか悪化で-20%、E Inkも使用されていませんので全く要望を満たしていません。計80%。

Kindle Fire HD:
使用している機能としては3Gが使えないので-50%、自分で電子書籍化したPDFはカラーで読める、3GもGPSもないので地図無理で-10%、カメラもないので-3%。小計37%。
要望については軽量化しているものの解像度が落ちているので差し引いて満たされない扱い。カラーE InkもモノクロE Inkも満たされない。解像度のさらなるアップではなく、落ちている(216ppi)もののiPad3の264ppiと較べて8割程度のものなのでちょっと重み付けのマイナス値を加減して-10%。
計27%。

Kindle Fire:
HDで上記のような状況ですので、まあもっと辛くなりますね。
使用している機能としては3Gが使えないので-50%、自分で電子書籍化したPDFがカラーで読める、3GもGPSもないので地図無理で-10%、カメラもないので-3%。小計37%。
要望については軽量化しているものの解像度が落ちているので差し引いて満たされない扱い。カラーE InkもモノクロE Inkも満たされない。解像度のさらなるアップではなく、落ちている(169ppi)、iPad3の264ppiと較べて6割強程度のものなので重み付けのマイナス値は・・・-15%。
計22%。

Kindle Paperwhite:
iPadと同様に3G使えるならそのモデルを選択。使用している機能としては3Gが使えますがブラウザが体験版・・・また3Gではコミックはダウンロードできないことから回線が細いことが想定されます、またモノクロということを考えて-30%、自分で電子書籍化したPDFが読めるものの容量も2Gしかないことやモノクロのみで-10%、3GはあるけどGPSないので地図きつそうで-5%、カメラもないので-3%。小計52%。ん、案外健闘している。
(2012/10/25追記:うーん、どうも3Gに幻想を抱いていたみたいですね。これはAmazonでのお買い物とWikipediaに接続できるだけで、そもそも地図アプリとかはダウンロードできない模様。ということで、PaperwhiteはWi-Fiのみ版で充分です。)
要望については軽量化しているものの解像度が落ちているので差し引いて満たされない扱い。カラーE Inkは満たされないがモノクロE Inkなので10%。解像度のさらなるアップではなく、落ちている(212ppi)、iPad3の264ppiと較べて8割程度のものなので重み付けのマイナス値は-10%。とんとんだ。
計52%。

という結果。
重み付けで105%のiPad4が最適。時点でKindle Paperwhiteで52%。

なーんだ、iPad4を買えばいいんだ、けど、処理速度が向上した程度のことで、それが2倍と言っても影響あるところが限られている。ここはやっぱりこの要望リストの重み付けで150%を超えるくらいまで待たないといけないような気がする。なんたってまだ半年だもんね・・・。

逆にセカンド機としてWebブラウザを無視して書籍リーダー系として考えると、なんとかKindleも踏ん張りそう。ただ、結局自分で電子書籍化したコミックのPDFを読むのが主なので、Kindleストアのコミック充実度やその解像度の具合で直接電子書籍購入が可能になるともっとKindleが優勢に。なんたってKindleストアで購入ならiPadでも読めるので・・・? ってそうなるとやっぱりiPadだけでいいのか?

悩ましいけど、上記で重み付けに入れていない価格、これがKindleはとっても安いのでお試ししても・・・。だからセカンド機として割り切って買うなら一番お安い
Kindle Paperwhite
かな。

いや、安物買いはなんとかって上で言ってしまっているし、そもそも物欲を抑えるために客観的指標を自分で校正して検討してそんな高得点ではない結果でした、もうちょっと様子を見てみます。

2012年7月31日 (火)

「初音ミク 5th Anniversary ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン」、買うものが多すぎて大変だ

「初音ミク 5th Anniversary ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン」、いよいよ詳細が明らかになりました。

2012年07月30ファミリーマートがミクいっぱいに!「初音ミク 5th AnniversaryミクLOVESファミマ♪キャンペーン」を実施|ニュースリリース|企業情報|FamilyMart

ああもう、買うものがいっぱい。食べ物系が多く、キャラの有名曲とコラボしたものが多いのも気合いが入っていることを感じますし、よく知っているものとしてはますます嬉しいのです。
逆に、HMOはあまり知らないから取り敢えずラバーストラップがつくCD「MIKU NO POP」買えばいいかと思っています。

でも、おむすびはネギ味噌じゃなく、ねぎまぐろに、など、雪ミクの時と商品を変えていますねぇ。今後何度もフェアがあると勝手に予測していますが、きっと今回のものは次回にはないだろうからきっちり購入しておかないと。
特に緑のジュースな「ぽっぴっぽー未来野菜」は200円よりも安くなってペットボトルと紙パックでそれぞれ6種、各キャラ別のものが準備されそうですね。これも一気に買っておかないとなくなりそうだ。
それにしてもパンが想像を超えたもので楽しみです。「ネギみたいなパン」、「はちゅねミクのほっぺみたいなパン」と独特のネーミングで商品の特徴を現しています。うーん、ネギみたいなパン、パッケージもかわいくっていいんだけど・・・緑・・・抹茶とかで色づけ?
食べ物以外だと「メタルチャーム」10種、ミクさん5種で他が各キャラ、これもまた全種制覇したいけど果たしてどれだけ取り扱う店舗があるのでしょうか。お店の判断での発注なら・・・多分激戦になるんだろうなぁ、全然入らないと思う予感。

さ、決戦はお盆休み中2012/08/14、都会が狙い目だったりするのかも知れませんね。田舎のコンビニだとこういった商品は入りづらい上に帰省者が多いので予測がつかないし。
なお、Happyくじは一週間後の08/21、平日ですね・・・これまたどれだけの店舗で行われるのかわからないので大変だ。

みんなで創ろう!『ファミリーマート×初音ミク』プロジェクト

あ、ラッピング店舗って東京で1店舗だけなんですね。雪ミクの時は4店舗もあったことを思うと、少なくとも各地方1店舗、下手したら各都道府県1店舗とか期待していただけに、残念です。そして行けそうにないのも残念。
とは言え、スマホキャンペーンで毎日動画コンテンツや壁紙もらえるとなると・・・通いましょう。そのツール「grabee」は8月から始まるアプリです。

スマホを振るだけで情報をゲット|情報取得アプリ grabee(グラビー)

を見る限り、iPhoneとAndroidで提供予定。さて、振る(シェイク)、という動作はiPadではできるのか? ・・・出来ました。初代iPad(iOS5)で確認しました。よし、ファミマの店頭でiPad振ります、うん。(って、アクセシビリティの設定でタップでシェイク動作できるらしいからそれ設定しておこう)

2012年6月13日 (水)

新しいiPad用本体カバーももう3代目、「Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代」購入、使用感はまるで純正品なフィット感でこれで確定かな

新しいiPadを購入し、表面は純正のお風呂カバー・・・スマートカバーです。
これに合うように本体背面の保護ケースをどうするかでこれまで悩んでいました。

最初に買ったものは発売と同時の商品で
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】ソフトケース ブラック BSIPD12TBK
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】ソフトケース ブラック BSIPD12TBK
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】ソフトケース ブラック BSIPD12TBK

でしたが、残念ながらこれをはめると本体表面の保護フィルムが浮いてしまうという重大な欠点がありました。

なお、保護フィルムは
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC

です。
Retinaの詳細さを損なわないクリアで光沢ある上に、気泡もさくっと抜けたのでこれをずっと使い続けています。
いまのところ傷も付いていないです。

さて、保護ケースですが、すぐに諦め買って1週間もたたずに
同じラインナップですがシリコンケースの
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】シリコンケース ブラック BSIPD12SBK
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】シリコンケース ブラック BSIPD12SBK
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】シリコンケース ブラック BSIPD12SBK

に変えました。まあ、保護フィルムが浮くことはなくなりましたが、ちょっと軟らかすぎるので持っていてずれてくるところや、非常にほこりをつけやすくて常にざらついてしまいます。また、そのほこりが頑固につくので手で払っても取れません。通勤時以外には寝室で寝る前に電子書籍化したコミックを読んだりするのですが、やっぱりこういう居住空間だとほこりがはりつくはりつく・・・。
だけど、これ以外に選択肢がない。そう、スマートカバーとの組み合わせでいい保護ケースがなかったので、ふた月使い続けました。が、結局このソフトケースのほこり吸着は収りませんでした。

さて、そろそろなにかいいものが出てくる筈、と調べるとありました。
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3

です。
Amazonのレビューもよいし、なによりこれまでよりも凄いのがスマートカバーの磁力でくっつく部分もコーディングするという嬉しい仕様。スマートカバーってたまに力の入り加減でぽろっと外れることがあるので、これで一安心。
早速購入して装着。うん、このほどよいさらさら感がほこりを吸い付けません。若干手に滑る感じもありますが、普通に持っていて外れてくることもない。
また、画面部分にかかる部分が薄いので、スマートカバーを閉じた時にきっちり磁力ではりつきます。前述の保護ケースはひっつきづらかった。
あとは、スイッチ類に切れ込みがあって直接触れる。これは汚れとか気になるよりも、カバーされていると手探りで押し辛かったから、押しやすくなったというメリットが勝っています。
はい、スマートカバーを優しくカバーしてくれるところが純正品のような印象を受ける保護ケースです。

・・・、だけど、これを注文したその夜、はい、ありましたね。まさかのアップルが純正のスマートケース「iPad Smart Case」を発表するとは・・・。
iPad Smart Case - ポリウレタン製 - ダークグレー - Apple Store (Japan)
ねえ、初代iPadは発売同時にケースも発売で一緒に買ったし、iPad2も同時にお風呂カバーだったけど、iPad3はなくiPad2と同じくにお風呂カバーでOKなんてことだったから・・・今回のこのタイミングで発表とは・・・。
なにがどうって結局綺麗に全部包むし、裏のAppleマークもうらやましいし。
変えてもいいかもだけど、今回の
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3

もほんとぴったりフィットしていて使いたいことこの上ないし・・・。

はあ、これはもうひとつ新しいiPadを買うフラグか? って斜め上の解決方法だ。

2012年5月17日 (木)

東海道新幹線無線LANで帯域制限、iPadだけど最近むしろつながりやすかったけど

東海道新幹線だから新大阪から東京間ですが、無線LANが使えます。私はiPad持っているのでSoftbank系の無線LANが使えるのです。が、N700系のみです。
とは言え、この春からN700系が多くなりましたので特に問題ない。

が、こんなニュースが。

東海道新幹線の車内向け無線LANサービスで帯域制限――31日から - ITmedia ニュース

うーん、そんなにつながりにくかったり重かったりするかなぁ。ま、私はネット見るだけでムービー見たり大きなデータを落としたりしないから全然気にならない。
むしろ、新しいiPadに替えてから初代iPadと較べて特に接続の早さが違います。そして接続してからも安定しています。帯域云々よりももしiPadで重いというなら新しいiPadにしてみるといいと思います。

まあ、帯域制限はムービーや大きいデータのみらしいのでネットサーフィンしているだけならむしろ快適になるやもしれない、と淡い期待をもってその日を待ちましょう。

2012年3月22日 (木)

「新しいiPad」を購入して数日の感想、「初代iPad」を発売当初から使用していた私の。

「新しいiPad」を購入して数日経った実感です。一言ですと買ってよかった。
もう一声言うと、若干ケースまわりに不満があります。

なお、私は「初代iPad」を発売当初から使用していておりました。両方ともWi-Fi+3or4Gです。
使用の中心は通勤時と自宅でのWeb閲覧、主に自宅での自分で電子書籍化した書籍(9割以上コミック)の閲覧、及び休日遊びに出た先でのちょっとした調べ物程度です。
ということで使用シーンに合わせて実感を書いていきます。

その前に実際の使用状態:
初代iPadは純正のケースを使用しています。新iPadは純正のスマートカバー+サードパーティの本体背面を覆うカバーです。
新iPadの本体ケースは最初「iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能」を買ったものの、液晶に貼った保護フィルムがこれをはめるとはがれてくるので買い換えています。ただ、結局同じメーカーの「iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) シリコンケース ブラック BSIPD12SBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) シリコンケース ブラック BSIPD12SBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能」しかスマートカバーを同時使用できるいい感じのものがなかった。これの感想についても後述します。

通勤時と自宅でのWeb閲覧、及び休日遊びに出た先でのちょっとした調べ物:
具体的には通勤時は鞄のスリットものを入れるところに入れて持ち歩き、電車の中や健康の為に帰りにそれなりに歩いていますのでその際のWeb閲覧、いやながら見です。
当然新iPadを初代iPadと入れ替えたのですが、薄くなっているのは両方並べて較べるとわかりますが実際使ってみると薄いかというとそんな感じ? で、案外違いがわかりません。初代はバリがある分一回り大きめですが、新ではケースにはバリがないので若干小さい。でも、あのバリが邪魔なようで手によくかかって持ちやすかった。初代では2年ほど使って一度だけ落っことした時がありましたが、このバリがいい具合にクッションになって何事もなかったのが印象的です。
今回は上述のサードのシリコンケースなので初代の純正ケースと触感はほぼ変わりません。ただ、ほこりが初代ケースよりも付きやすく、さらにほこりを落としづらい。これがざらつく感じで滑り気味になってきます。歩きながら使うにはちょっと気を遣います。
電車で席に着き膝の上に載せたり、机などがあるならそこに載せる分には関係ないです。
また、重さも新が軽くなっている筈ですが、スマートカバー+シリコンケースを付けていますので初代のケースの重みも加えてのものと較べても、軽さを感じません。重さは変わっていないと感じますがケースがぴったりな分、密度が高く少し重いようにも感じます。
なお、肝心のWeb閲覧は解像度が上がっていますし性能も上がっているので見た目が綺麗だし、スクロールもするするといきます。そして輝度が外の明るさに応じて変化するので自分で変更しなくてもそのまま見やすさを保っています。これは嬉しい。
また、携帯電波受信も感度が上がっていますね、性能のせいかもしれませんが応答してからの表示が速いです。
Wi-Fiについては最近Softbankが頑張っているので多くなっているので帰り道歩いていたり、遊びに行った先での歩き(とはいえまだ遊びに行ったのは1回・・・)でもやたらと拾います。ま、歩く速度で使っていてもすぐに場所が変わって切れるのは初代も新も一緒です。
なお、よく新幹線使うのですが、東海道新幹線N700系でSoftbankのWi-Fiを使用できます。・・・が、これも初代と同じく混雑しているとなかなかつながらないし接続に失敗しまくります。特に変化を感じません。

自宅での自分で電子書籍化した書籍(9割以上コミック)の閲覧:
これこそがもともとiPadを購入したきっかけでもありますので、今回の解像度が上がったのの恩恵を十二分に受けています。特に横持ちでの見開き2P表示、これでも初代の縦1P表示よりも解像度が高いですから読みやすい。やっぱりコミックは横開きで読まないといけません。ルビがちゃんと横開きで見てもクリアに読めるのでストレスがなくなってありがたい。なお、コミックは基本300dpiでScanSnap1500でスキャンしています。綺麗なカラーページやカラー表紙は600dpiでスキャンしています。
また、外での使用と同様に夜間暗い寝室での読書の際、輝度が外の暗さに応じて落ちるので自分で変更しないで読みやすい。なお、輝度のバーの位置は変わっていないのでさらに暗くもできますが、初代の時は最低輝度でもかなり眩しかった。今回は真ん中のまま暗い部屋で読みやすい輝度、初代の最低輝度よりも暗くなっています。
なお、手動でさらに最低輝度までさげると暗い部屋ではちょっと読めない程度まで暗くなります。
また、コミック読むのにi文庫HDを使っていますが、新になって若干ページ送りが遅くなりました。ただし、画像補完をhighにした場合です。noneにするとページ送りは快適に早まります。
なお、解像度が上がっているので補完をnoneにしても縦表示ならジャギもモアレも目立つこともないです。初代なら全く見た目が変わるくらいにジャギが目立ちましたが。
なお、新iPadでも横開きで読むとnoneではトーンにモアレが目立ちます。lowにすると大丈夫です。よって、基本の画像補完はlowがいいかと思います。
また嬉しい悲鳴なのか、これまで特に目立っていなかった紙の細かなでこぼこが解像度上がることで見えてくるようになりました。紙の質が悪かったらスキャンした後加工がいるかも。

ということで、たった数日ですが、新iPadを使ってみての感想でした。

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード