コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2014年7月 | メイン | 2014年9月 »

2014年8月の14件の記事

2014年8月31日 (日)

「喧嘩寿司 〜元祖すし職人 華屋與兵衛〜」1巻、やっぱり味の表現がおもしろい

「喧嘩寿司 〜元祖すし職人 華屋與兵衛〜」1巻、ファンであるので山本貴嗣さんの作品は取り敢えず買います。
そんでもっておもしろくなかったら売り払いますが、まあそんなことはここんところない。

でも今回、食、料理系です。しかも握り寿司の元祖の話で原作がつくとなると奇想天外に盛り上がることもなく、淡々としたものになったりして・・・と危惧していました。
が、無事おもしろくなっています。

気になった料理や寿司の表現は・・・なんだろう、他の展開でうまくごまかいしているので気にはならない。美味しそう、とか読み終わったら腹減るとかでない。とはいえ、まずそうとか味の表現が微妙というわけでもなく・・・。ま、やっぱり絵的にうまい時の話の盛り上げ方がいいのでそういうもんだと納得できる。

寿司がまだマイナーな下卑た料理の時代ですので、寿司対決じゃなく、同じ素材で寿司と他の料理の対決が基本のようです。これはもっといろいろと見せてもらえそうで期待します。

でも、ひとつだけ。帯に載っている寿司を作中に登場させないのはなんだかな・・・。

喧嘩寿司 1 〜元祖すし職人 華屋與兵衛〜 (ホームコミックス)
喧嘩寿司 1 〜元祖すし職人 華屋與兵衛〜

2014年8月30日 (土)

「マジカルミライ2014大阪」行ってきました、来年も関西でもやって欲しい

「マジカルミライ2014大阪」行ってきました。
これまでは関東のみだったのでなかなか行けなかったのに今年はお誕生日な本日が大阪開催、そのご関東という素敵な展開です。これはもう行くしかありません。

考えてみれば北海道な雪ミクには行くのに、なんで関東には・・・ってとこですが、北海道はクリプトン本社のあるところですしねぇ。

とにかく近場である、しかも平日じゃなく土曜日といういい日の巡り合わせです。ただ、ライブは行かなかった。とは言え、物販やら展示やらでもうOK。多少物販で買えなくっても構わない、その場のお祭りな雰囲気が味わいたくって行ってきました。

はい、ほんとよかった。夏の終わりで若干暑めかと思っていたけど幸いに炎天ではなく、開場前の待ちもそれなりに風も吹いて楽だったし、最初に公式物販を外して他を巡ったのもいい判断。欲しいもの全部買えたし、アトラクションやフード、展示もスムーズにアクセスできてほんとにもう幸せでした。

毎年福井に募金して手に入れていた赤い羽根のクリアファイル5種セットもさくっと手に入ったし、ピンズまでもゲットも嬉しい。これで京まふでも気楽? いや大阪限定クリアファイルとか行っていたので京まふは京都限定クリアファイルありそうだけど・・・。となると福井は福井で限定あり? なお、クリアファイルは5種セットはそこそこで完売していた。

また、聖護院八ッ橋とのコラボな生八ッ橋、焼きショコラ、プラスそのイラストのクリアファイルセットの2種もゲット、まどマギ系で集め続けていますが、遂にミクさんもこのラインナップに入って嬉しい限り。これまで京まふで既にゲットだから気楽になりそう。(去年の京まふではまどマギ焼きショコラはあっという間売り切れていた) なお、今回のこのセットはひたすら追加されていた量はふんだんにあった模様です。

あとgiftでミクぬいぐるみストラップやレーシングミクのタペストリーやタオルもゲットできたし、グッスマレーシングもグッズ確保。まあここらもずっとものあったけど。

そうそう、Tカードユーザが39ポイントでもらえる先着390名のグッズ、イラストペイントツールもゲットできた。これも大きい。
などとグッズ確保してアトラクション、たこルカを救う(釣りです)のは1分間に7匹救わないといけないけど、5匹で残念賞。千本くじも雪ミク2014のクリアファイルその他で外れっぽいけど、空いている時に行けて良かった。

あと印象に深かったのはボークスのドール、うわーこれは実物みると欲しくなる。高いけど。

そしてロート、気合い入っていました。でっかい目薬パッケージのおかげで大迫力でARライブ楽しめました。

なおフーズは若干コラボが微妙な感じですが、美味しかったのでOK。

展示は応援イラストや等身大ミクも綺麗に写真に撮れて嬉しい。なお、等身大ミク、今年は衣装は普通に衣装でしたので妙にマネキンっぽい印象です。

となんだかんだして楽しめました。若干座るところが少ないのですが、再入場もできるので外で休憩すべきだったなと教訓を残し、結局14000歩歩いて帰りました。(ちなみに先週行った能登は穴水のP.A.WORKS北陸三部作ラッピング電車の日は20000歩だった・・・)

来年も大阪での開催を期待します。いや、京都ならもっといいけど。

マジカルミライ 2014

2014年8月27日 (水)

「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」4巻、ロキシーとのすれ違いがいい感じに盛り上がる

「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」4巻、今巻もまた、飛ばされた先でのエリスとルイジェルドとの旅だったルーデウス。
うーん、こりゃあやっぱりエリスが徐々に徐々にでヒロインへと向かっているのか・・・。ただ、今巻はもうちょい出番が少なかった。ああ、だんだんといい子になってきているので荒事が減っているせいかも。

そんななか、やっぱりロキシーでしょう。ロキシーもルーデウス捜索隊として旅立っていましたが、なんだかいつの間にか大物冒険家になってしまっていた彼女です。一気にルーデウスに肉薄したのですが、惜しかった。微妙なところですれ違い、これは邂逅するのはもっとルーデウス成長してからでしょう。

そう、今巻でもまた魔大陸での旅で1年ほど使っていますし、成長が感じられます。ただ、若干異世界での生活に慣れてしまったせいか、元の世界での記憶との葛藤とかその知識によるチートとかが描かれなくなってきていました。魔力によるチートよりも、元の世界からの知識によるところのチート感覚が好きなのでそれ、待ってます。

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 4 (MFブックス)
無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 4

2014年8月25日 (月)

「グラスリップ」オリジナル「残暑見舞い」が届きました。なんと監督サイン入り!

「グラスリップ」オリジナル「残暑見舞い」、P.A.WORKSさんではこれまで何度かこの往復ハガキでの全員プレゼントを実施されておりますが、今回初めて応募しました。

そんでもって嬉しいことに抽選の20名に当たり、監督のサインとメッセージ入りの残暑見舞いでした。嬉しい!
しかも往信の方に三国を訪れた旨など感想を書いておいたのですが、それに返答する形でのメッセージっぽいし、しっかり感想読んでいてもらえたんだと、二度嬉しい!!

やっぱもう一回、アニメ終わったタイミングくらいには三国に行きたいものです。今度延期した花火があるし土曜日だから行けなくはないものの、混む・・・。巡礼メインにしたら花火見ずに帰ればいいけど、それはそれでもったいないものだし・・・。

新着情報 - NEWS | 株式会社ピーエーワークス 公式サイト - P.A.WORKS Co.,Ltd. Web Site

「花咲くいろは」ラッピング車両3両編成の運行に合わせて、「花いろ旅あるき」もやってきた

「花咲くいろは」ラッピング車両3両編成の運行の3回目、ラストにあたる昨日、能登に行ってきました。
まあ前日から金沢泊まり込みで行ったのですが、なかなか盛況でした。そう、早朝に金沢出ないことには電車で撮影会の時刻に間に合わない。

ま、だから時間もあるので「花いろ旅あるき」に春に追加された能登中島を巡る予定も組み込みました。
はあ、実はこれがかなり疲れました、アプリで場所はわかるのですが、通過バッジがもらえるのは穴水と同じく朝8時からです。7:30に着いて反応がないのでドキドキしていたのですが8時になってなにごともなかったのように始まったからよかった。
途中踏切でラッピング列車に出会えました。
それにしてもここは範囲が広かった。湯涌は高低差で、能登中島は広さです。なお、シークレットは巡り方がまずかったので最後に一度通った道を往復4Kmくらい歩きました。うん、車でくるか、レンタサイクルで巡るべき。
そんなこんなで汗だくでコンプリートしたあと、穴水へ。

穴水では花咲くいろはの5人の駆けるポーズのB1タペストリーを買ったのです、結構在庫あるという話でしたが、撮影会に向けて列車が来る度にみんなどんどん買っていくので恐くって買ってしまい撮影会では荷物になった。
他は新製品のクリアファイルと最初のラッピング列車の運行終了記念乗車券。
それにしても等身大タペストリー3種とも売っていましたが、乃絵は手を広げているポーズなので横幅大きいのですよ、なにげにお得かもと思って見ているうちに売り切れました。あ、花いろ以外の作品の等身大タペストリーは少なめだし次回入るかわからないとのことでしたから買うならインフィニットでしょうか。

3両連結はよかったです。最後、これに乗って帰っていったら沿線の撮影ポイントは人が鈴なりでした。

さ、次はぼんぼり祭りですね、もうここんところの北陸詣でが激しいのですが、行けば行くほど場所に慣れるしわかってきて行きやすくなる。だからまた行く。そんな感じ。

なお、来る度に金沢駅の工事の場所が変わって駅の中身が変わっていきます。これもなにげに見どころ? 北陸新幹線の基地も帰りに横に見たけど新幹線あったし、早く関西まで延びないものでしょうか。

のと鉄道株式会社-TOP

のと鉄道×湯涌温泉広域観光キャンペーン「花いろ旅あるき」

2014年8月19日 (火)

「史上最強の弟子ケンイチ 57 ポストカード付き限定版」、しぐれさん、どんだけ最強なんですか・・・

「史上最強の弟子ケンイチ 57 ポストカード付き限定版」、アニメのエンドカードになったイラストがポストカードになってついています。アニメと違って拡大されていたりしていないので、いい感じです。

さて、本編、武器組絡みなのでしぐれさん大活躍かと思いきや、敵の達人クラスが多すぎます。しかもケンイチと美羽はまだまだこのクラス相手だと自分の身を守るのも精一杯。
しぐれさんはもともとケンイチ思いのお姉さんだったし、彼女の身を挺してでも庇うという動きが見るだに悲しい。たぶん、ケンイチたちが居なかったら互角以上の戦いになったかもしれないのに。

そんなしぐれさん、いつもサービスシーンの多いキャラなんですが、もう強すぎて捕まっても素っ裸にして樹脂で拘束されるとか後半ほぼ全裸か半裸なしぐれさんでした。でも、そんな姿でもちょっとした隙から脱出はかれるくらいの技量あるし・・・恐い人、そして頼もしい。なんか捕まっているのに安心してしまっている私。

とは言え、梁山泊からは生死不明なので、師匠たちの怒りたるや恐ろしい。珍しく秋雨さんがたぎってしまっていて、こっちも恐いけど、救出作戦でのむちゃくちゃな暴れようが期待できて、・・・あれ、ピンチなのになんだかわくわくしています。

史上最強の弟子ケンイチ 57 ポストカード付き限定版 (少年サンデーコミックス)
史上最強の弟子ケンイチ 57 ポストカード付き限定版

2014年8月13日 (水)

「COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2014年 09月号」、「ケモノシマ」終わったけど・・・

「COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2014年 09月号」、表紙はまたも「くまみこ」、いや、前回はクマなナツだったので今回はみんなが望んだキャラです。
ただ、やらかしたって? ってああロゴぶっ壊していますが、いくら自分の掲載誌だからってここまでやるなんて・・・。ああロゴ変わるのか。

そんな「くまみこ」、まちは村ブランドアピールのために一肌脱ぐことになりそうです。でもいつもどおりの巫女姿での出張の模様ですがなにげにほんと外の世界への憧れがあるけど不安が勝るまちへの説得で1話使いました。こりゃあ本番ではどんな展開が待っているか恐い、ナツもくるわけないし。
だけどその想像での巫女姿、なにげにツインテールにしているのが可愛かった。それで出て欲しいなぁ。

「小百合さんの妹は天使」、天使で妹で百合な作品。もうこの姉妹ふたりともかわいいなぁ、ということでによによしながらゆるゆる続いていってください。

「無職転生」、いよいよ次のヒロイン登場、ただ、展開早いのでシルフを救って親に説教して、そしてシルフの魔法を鍛えてがあっさりと・・・。むう、いいところを外してはいないものの、これだと次回は増ページだということからもしかしてシルフ編も次回途中で終了かも。シルフとのいちゃいちゃが見たいので次回の増ページはそっちメインで進めて欲しい。
でもって原作ももう次の
無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 4 (MFブックス)無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 4
が出ます。表紙の加減からしてヒロインはシルフの次の子がまだ登場中・・・。どんどんヒロイン変わっていく展開かと思っていたのですが、これはシルフ厳しい?

「ケモノシマ」、終わりました。うーん、期待していたのと違う。ということでネタバレしつつの感想です。



主人公たちはかろうじて助かったものの、結局動物たちがどのような原因で凶暴化したのかはわからず仕舞。そして彼らが戻った町の家の中ではまた新たな凶暴化した動物が・・・ってホラーならおなじみな終わり方になっていました。これって彼らがなんらかの因子を島から持ち帰ったのでしょうか、この後の展開してもますますパニックホラーになるばかりなんでしょうね。わたしは動物の生態に詳しい説明やらあったから、最終的にこの問題についても綺麗に解決していく展開を望んでいたのですけど・・・。

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2014年 09月号 [雑誌]
COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2014年 09月号

2014年8月10日 (日)

「戦国妖狐」13巻、千夜が予想外の方向に進化して、感激。そして遂に灼岩と真介の邂逅

「戦国妖狐」13巻、もうすごい展開、待ち望んでいた決戦。
前巻から灼岩復活があってもう真介がいつ彼女と邂逅するのか、それが楽しみで楽しみで待ちきれないなか、千夜やらムドやらおっさんsやらのあっつい展開が繰り広げられました。

特に千夜が不殺を貫こうとする青い心情でどうなることかと思ったものですが、ええ、青いというよりも赤く染まったあげくのその覚悟と彼の能力が恐るべき進化を遂げて思わず読んでいて唸ってしまう展開でした。
はあ、徐々に彼の使う技の具合から「?」と思っていただけに最後に彼がなるべき姿が現された時、ちょっとくさい感じもしますが、それもまた彼の心の姿なんでしょう。よかった。
んでもってその姿を月湖も到着で目にしたのですが・・・。

後はもう盛り上げるだけ盛り上げてくれた周りをおいておいて、きっちりいいところを持っていったのは真介、いやこれまでいろいろ苦労していたし土地神代行までしていた彼ですから、この灼岩との邂逅、涙なくしては読めません。
こんなに盛り上がって最終的な敵となる迅火に対する展開が盛り上がらないわけがない、さあとっとと無の民との戦いを納めてください。

戦国妖狐 13 (BLADE COMICS)
戦国妖狐 13

なお、無の民の事情的伏線も見えてきたから、これは彼らもまた千夜が救う対象なんでしょう、ラストへ向けての怒濤の伏線回収も楽しみです。

「将太の寿司2 World Stage」2巻、将太の息子も動きだし、おもしろくなってきた

「将太の寿司2 World Stage」2巻、1巻では佐治さんの息子メインでしたが、今巻では彼も活躍、そして将太の息子も活躍です。
これでダブルヒーロー展開、しかも日本と世界とで違いに日本以外を相手に闘うという展開。

既存の寿司にこだわらず破天荒に見えた佐治息子の方もなにげに基礎あるし、考え方も日本の寿司をわからせるにはその食べ方を教えるという目から鱗な発想がありました。
また、将太息子もがちがちの堅物の職人に見えてやはり父ゆずりな実直さからくるひらめきがいい感じに動き出しそうです。

なお、海外でも日本でも敵となっている職人がイヤーなやつだとか金の亡者だとかではなく、どこかやっぱり本質をわかっているしっかりした人の様子で、これは話進めば進むほど互いに切磋琢磨してどちらも応援したくなるようないい展開が期待できます。
こういう悪い人がいない世界はいい。最初の「将太の寿司」の笹寿司みたいなのがいないのは嬉しいです。

でもバニーさんがいる寿司バー? バニーガール好きですが、これはちょっと微妙かも。

将太の寿司2 World Stage(2) (イブニングKC)
将太の寿司2 World Stage(2)

2014年8月 9日 (土)

「ムシヌユン」1巻、うわ、これはまたこってり濃厚な南国気分(虫多め)にひたれそう

「ムシヌユン」1巻、もうコミック描かれないかと思っていたのですが、出ました。
そして開始数ページでもういつもの都留ワールド全開、やっぱり南国沖縄の濃厚な空気が気持ちいいです。
だけどそれ以上に主人公が気持ち悪い・・・。とは言え、この主人公がたぶんだんだんとかっこよく見えてくるんじゃないのかと期待しています。

って、そんな主人公なんだけど妙に女性が集まってくる、ハーレム系? いや、だけど女性は寄ってくるけどなぜか彼にではなく他の男性とのいちゃこらをみせつけてきてしまいますよ? むう、なんていうか生殺し状態な主人公です。
そして読者もそんな感じ、なんていうか鬱屈していく様をじわじわ描いていつかカタルシスがくる、はず。「ナチュン(1)ナチュン(1)」だとそうだったし・・・。

SFだけど未来ではない今のSF、でも途中で一気に動き始めてきますのでこれは伝奇作品っぽいとも思えます。なんにせよ、虫を語る主人公が学者を目指して夢破れたキャラという点で、とにかく虫が絡む絡む。SFは宇宙規模なところですが、それと虫が絡み始めています、きっと彼の能力が生きる展開が・・・あるはず。

なお、ナチュンも1巻表紙のキャラ並の線のクリアさで描いて欲しかったのですがそうではなかった、そして今回もそう。でもまあもう今回は表紙からして中身がよくわかる混沌さです。
たぶん虫嫌いな人は読まないほうがいいでしょう。でも、それを通り越したら妙な開放感がある作品です。

ムシヌユン 1 (ビッグコミックス)
ムシヌユン 1

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード