コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2014年1月 | メイン | 2014年3月 »

2014年2月の24件の記事

2014年2月25日 (火)

「ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン3rd ~楽しい春の音楽会~」、始まりました。バジルパスタがお気に入り

「ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン3rd ~楽しい春の音楽会~」、始まりました。
今回は仕事場所が近所にファミマがなく、お昼にファミマでお買い物、といかず仕事終わってからファミマ巡りしました。

お菓子類は今回特に難易度が高いものはない感じ、ウエハースはいつも袋のデザイン種類程度しか買っていなかったのですがレーシングミクはかっこかわいいので、買います。ただ、全18種はきついですね。ミックリマンチョコの時も大変でした。
また、今回は発表の瞬間から気になっていたバジルパスタ、これはおいしかった。ほんと近所だったらお昼に食べ続けるのに・・・。また、ネギチーズカレーうどんも食べました。これは、うん、まあそういう味です。やっぱバジル好きだしパスタがいい。

その他、グッズというか文具系は今回メタルチャームのみ? まいどまいど入るお店が限られているので、買えなかったらファミマの通販で買いましょう。ただ、今回はそれほどほしいものがあるでなし。
後は来週のゼリー付マグカップ、そして来週末にグッスマくじ、そして再来週にはカイトのカレーふりかけ。このあたりは順に買っていくでしょう。グッスマくじはどこまで本気出すか・・・特にねんどろいどやフィグマが欲しいわけでなく、消去法でうたたねセットと茶碗とトートバック?

グッスマくじ-初音ミク 2014 Spring Ver.-

【ファミマ×ミク】「ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン3rd ~楽しい春の音楽会~」にあわせて各種商品が発売☆明日2/25(火)はファミマへGO☆ - ピアプロブログ

商品&キャンペーン | みんなで創ろう!『ファミリーマート×初音ミク』プロジェクト

2014年2月24日 (月)

中二病×近江鉄道、コラボ三回目です。全然気付いていませんでした・・・

中二病×近江鉄道、コラボ三回目。始まっていました。
というか始まったことを知らなかった。今日公式HPで次の予告なぞチェックしようと見て、そんな情報があったので慌てています。

もう二月入ってすぐくらいから始まっていたなんて・・・、しかもはがないのスタンプラリーに行った時にはもう始まっていた。そう、近江鉄道彦根駅でも発売されていたのに・・・。はい、なんか全開の切符がまだ残っているんだとばかり思っていました。

ということで今週末、近江八幡には行こう。バスも日野の方じゃなくラッピングロープウェーのある八幡山までもラッピングバスがあるし。む、電車はシールって書いていますね、ラッピングというには専有面積が狭いからか。ただ、近江鉄道はラッピング電車は走れるので、いつかラッピングしてほしい。

とにかく、もう雪もないだろうし、できれば日野で学校のほうにまで行きたいけどこっちは電車よりも自動車が便利なところですし、その日の具合で。
なお、今回はコラボな食品はないんですね、残念。パンくらいなら買い込めるのでいいんですけど。


「中二病でも恋がしたい!戀(REN)」TVアニメ第2期放送記念コラボ企画

2014年2月23日 (日)

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 04月号、「すみっこプリマU-15」今回もかわいい

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 04月号です。
今月から遂に本屋さんに予約して定期購読開始です。うん、もう毎月一冊しか入らないのを私だけが買っているので・・・。単行本はそこそこ入っているのに雑誌は売れないなぁ。
私は連載で読んでしまうからあまり単行本を買わないです。そろそろ連載も読んで単行本も買ってしまう作品が出てきて欲しい。

「すみっこプリマ U-15」、フットサルものになりそうで主要キャラ紹介がまだ続いています。それはそれでいいんですが、バレエ経験者が二人もいるところで、さて本当にフットサルものになっていくのでしょうか。バレエを断念した経緯とかが今後の軸になってきますが、とりあえずはなんていうか友達関係ができあがっていく感覚がなかなかいいものです。

「放課後!ダンジョン高校」、そろそろおもしろくなってきたか。単行本を買い始めようか悩むところです。やっぱり単純にダンジョン攻略な話がいいです。なんだかんだでなかなかダンジョン内の話になっていないので今回からの学校行事での攻略は奥深くまで行ってほしい。

「セントールの悩み」、人魚さんの話です。ずっとお姫様だっこで展開していくのはなかなかお熱いですが、これはこれで大変なカップルです。そしてここでまたこの世界の完全平等を目指す思想が垣間見えて、くらくらします。人魚でこうなんだからもっと体の形状が違う系統でもケアが必要ですから。まだ模索しているところでこの物語の終わりまでには解決しそうにもないでしょうが、私としては解決するまでの道のりも見ていきたい。

「ヒトミ先生の保健室」、埴生くんの変化がすごい。ただのおっぱい好きでヒトミ先生の胸を凝視する健全な男子中学生だったのが、なぜかおっぱいが出てきてそれがある身の苦労を実感するという・・・。結局彼はなんの妖怪がもとネタなんでしょう? まあそんな細かいことは気にせず、最後の彼の女装であれ、これもあり?

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 04月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 04月号

2014年2月22日 (土)

「中国嫁日記」3巻、たまに出てくるリアル頭身の月さんがかわいくってたまらない

「中国嫁日記」3巻、なんだかんだでブログはチェックしているので、本編は欄外の月さん感想や、後半のドラマ(?)です。

そんなドラマ、今巻では結婚しようと決めた後。至るまでの事務手続きの多さについてのネタ、やっぱり芸術写真に最後持っていかれますが、それまでのお役所へのいろいろな手続きって大変なんですね。

そんななか、たまに描かれるデフォルメじゃない頭身の月さんがまあかわいい。二の腕のダイエット運動の例での若干簡略化されたものでもかわいいんですよ。だからもっともっとリアル月さんでの4段抜きで始めるような展開で見せていってほしいです。

中国嫁日記(三)
中国嫁日記(三)
中国嫁日記(三)

なお、コミック専門店ではないけどきっちり新刊なら3冊以上は入れてくれる近所の本屋さん、この作品はコミック売り場にもわけて置いてほしい。一般書籍扱いで毎回探しまわってしまうのです。

「ジャジャ」17巻、ようやくふたりの仲も自然に進展していきそうで、やっぱりミヤギの暴走癖が

「ジャジャ」17巻、遂に大きく動いたように感じます。
これまでバイク馬鹿どうしで気が合うけど恋愛にまでは至れていない、レナさんとミヤギでしたが、じんわりと進み始めました。

特にレナさんがこれまでの思いっきり眼中にないとかいうふうでもなく、パートナーとして考えているところが嬉しいですね、もう結婚しちゃえばいいのに。ってそれだと大団円で物語も終わりそうか。
ただ、親分の嫁さんはまず結婚することがサポートだという意見。これはまた実現すると新婚さんでのラブラブがありつつもバイク話をあり、といいかも。読者層を選ぶことになるのかもしれないけど。

とはいえ、ここにきてバイク馬鹿どうしでもジャンルが違うことが見えてきた。イタ車好きの泥沼にみんながうきうきした顔で浸かっている中、ミヤギはそこに入れないのです。さ、これからはミヤギがイタ車好きになっていく展開なのか? バイク便やめてゴブリン手伝いつつイタ車好きになってしまうと・・・これって最終的はゴブリンつぶれそうな雰囲気も。
ミヤギは相変わらず暴走している。そんな短絡的でなくバイク便しつつでいいから手伝っていけばいいと思うんですけどね。

ジャジャ 17 (サンデーGXコミックス)
ジャジャ 17

2014年2月21日 (金)

「ヴィンランド・サガ」14巻、よかった、なんとかクヌートと和解、そして久々のユルヴァちゃん・・・あんまりです

「ヴィンランド・サガ」14巻、奴隷編が完結しました。
長くて地味、というには結局波瀾万丈だった奴隷生活でしたが、トルフィンがここで成長したというか目を覚ました結果、超平和主義な方になっていました。
そして平和というか臆病だったクヌートは割り切ってきっちり戦争をする王に育っていて好対照。

それにしても結局トルフィンが本気出して剣をふるう機会がなかった、それこそ大変な見せ場、奴隷編の佳境だと思っていたのですが違う意味で佳境。戦士の100発の拳に耐えたのですから、なんていうかすごいな。すぐにかっとなってしまう少年時代とは全然違う、そしてぼこぼこになった顔で真剣なドラマが進みましたからこれもまた、これまでにない展開だった。

ただ、クヌートが版図を広げてきたらひたすら逃げる、というトルフィンの弁はすごいですね、口からだけじゃなく100発耐えた後の言葉ですから真実みが増します。
トルフィンが目指す国、社会というのが最終的にどうなるのか最後まで見届けたいです。

また、最後にもう絶対帰るわけないと思っていた故郷編。久々のユルヴァさん、美人だけどなんていうかごつい美人になってそりゃまたもうトルフィンよりも親父さんに似ているわ、と感じた次第。そんでもって全然彼女だけはしんみり感動モードにならず、ひたすらトルフィンぶん殴るんだもん。多分彼女の拳100発は耐えられないだろう。
でもこのゆるい感じ、ここでのまったり生活編から次始まってしばらく見ていたいな。

ヴィンランド・サガ(14) (アフタヌーンKC)
ヴィンランド・サガ(14)

「波打際のむろみさん」10巻、カエンタケ、見た目ラブリーだけど恐ろしい

「波打際のむろみさん」10巻、遂に10巻です。そろそろまたOVAとか、アニメ化とか期待しています。

そんな10巻ですが、恐ろしいことにタッくんが受験勉強を始めてしまいました。ええ、高校卒業フラグですね。ああこれはなんていうかもう文化祭も2回したしということで自然と時間が経過しているのですが、むろみさん達永遠に生きているキャラとの生き方の差がまたテーマになってくるのかも。

というかもうこの卒業フラグ、よっぽどのことがない限り高校編の後に大学編とか社会人編とかあるものはない・・・。これは遂に終わりの始まりなんでしょうか、後書きでもいつもの毒舌な他作品ヒロインふたりが追求しています。

ただ、ここにきてカエンタケというマンドラゴラっぽいキャラ付けで毒キノコキャラが登場。まあ植物系なのでおとなしいけど毒喰らっていますね。まだ新キャラを出す(?)余裕もあるから卒業してからも続けて欲しいですね。
地元離れてもむろみさんの行動範囲は海辺のみならず山奥でも宇宙でもOKですので、同じ展開が続けられるはずだし。

あとは乙姫さま、彼女のあいかわらずダメなところがとことん描かれています。でもそんな彼女でもむろみさんは海に受け入れようという優しさを見せていますよ。こっちももしかして進展始まっているのでしょうか? ああ、やっぱり風呂敷がたたまれ始めた予感が・・・。

波打際のむろみさん(10) (少年マガジンコミックス)
波打際のむろみさん(10)

2014年2月19日 (水)

「テラフォーマーズ」8巻、人間対人間のほうがそれぞれの思惑があっておもしろい

「テラフォーマーズ」8巻、黒幕、というか各国思惑があってのことですが、ロシア、中国とそれぞれ別個に思惑があったのですね。
日本はアメリカと組んでいますが、このところ分散気味できつい。主役だったと思うのですがこの巻では遂に燈たちって活躍の場が・・・。

ただ、地球では頑張っていますね。ロシアが日本側についてくれたのも首相のおかげです。なにげに今一番頼もしいのが暗殺されない首相、という蛭間さん。
でも遂に出てきたNBC兵器な中国の彼女。B系の兵器なんですが、変態していないということは彼女が変態したらもっとすさまじいことになるのでしょうか。ただ、どうもそうなると彼女の命ももう持たないかもしれないと推測されます。
とは言え、ここは各人もう地球に帰ることを諦めているかのようですので、恐いんです。

今巻の主役はロシアチーム、これまでひたすら思わせぶりに黒幕っぽかったし、実際黒幕のひとつでもありましたが、泣けるドラマがあっていいチームなんですよ。

そしてあっと言う間に次の状態に変化したG達、人間対人間のほうが話もわかっておもしろいところに、不確定要素で不気味な彼らがまた絡んでくる、と。
ああ、もう今回も全滅フラグばかり立っているようで恐いです。

テラフォーマーズ 8 (ヤングジャンプコミックス)
テラフォーマーズ 8

2014年2月18日 (火)

「史上最強の弟子ケンイチ」55巻、OVA付き特別版、レイチェルの声がなんていうか豪華。本編はまさかの田中さん主役


「史上最強の弟子ケンイチ」55巻、OVA付き特別版です。
まずはOVA、2話入っています。

今回は武田さんがジェームズ志場っちのところに弟子入りの話、そして地下格闘場デビューのケンイチとレイチェル初顔見せです。そう、これまでケンイチとは段が違う感で出番少なめだった武田さんが遂に一皮むけて同じ世界に上がっていくきっかけになる師匠と出会う話です。ここからの武田さんがもうどんどん強くなって宇喜田が置いて行かれてしまうのもまた、なんとも言えずもの悲しいのですが。

そしてもう一本、レイチェル登場です。彼女が出てきてからはとにかくレイチェルがいると目立とうとして見られてなんぼの性格ですから、お色気要員です。その声がなんていうか豪華、また作者がかつての記憶から好きな声優さんをチョイスした結果、桑島法子さんになったのでしょうか? ナデシコのユリカみたいな高い声だといいんだけど・・・おお、テンション上がっている時は高い声でいい感じ。そして落ち着いている時は低くて渋い。そうか、そういうキャラなんですね、今後読む際にはその声で読んでいきます。

なお、そろそろDVDじゃなくBlu-rayにしてほしい。

本編、遊園地死闘編です。みんな力を出し切る形で、遂に龍斗が反旗を翻したという熱い展開。ケンイチと協力してこりゃあ拳聖から一本取ったか。というところから始まり始まり。
で結果は田中さんのお話でした。もっと後に出てきて気付けば闇落ちしていてケンイチの前に立ちふさがるキャラかと思っていたのですが、純粋に敵討ちキャラで突き進んでいました。そして妙手と言われていた彼が達人の域に達した瞬間まで見られてとてもよかったのですが、拳聖は強かった。

ただ、田中さんの乱入で命捨てて闘っていた龍斗の暴発も抑えられたし、リミとそろって闇から抜けたし。考えてみればこの二人、静動轟一がまがりなりにもできた経験があるからケンイチ側についてくれるといい戦力に・・・ってもう新島総督がなにか動き出していそうだ。
あとは気になるのが千影、宇喜田が身を挺して彼女を救ったのではなく、かつてのケンイチの言葉が彼女の戦闘マシーンな様への疑問を抱かせておりました。まだまだだな、宇喜田・・・。しかも師匠に回収されてしまったからまた一からかも、というかもう学校に戻ってこないかもだし。でも、このところモテ期な宇喜田です、なにかしら天然ぶりを発揮して千影に出会いそうだ。

さて、次は武器組の達人クラスが動き出すという展開でしょうか。これはしぐれさんの世界ですね。まあなんだかんだでケンイチもかかわるんでしょうけど。

最後に描き下ろしイラストはこれまでありそうでなかったバニーガールです。おお、なんて私得な! けど私は読者としてリクエストした記憶はない。女性キャラは基本的にバニーガール姿が似合う巨乳さんが多いのでほんとに目の保養となりました。できればカラーでも見たいし、レイチェルやヴァルキリーの面々もいないので、今後ももっと描いてほしいです。

まああとはこの手の要望でいくと、性転換。というか男性キャラの女性化のみですが、これ見たい!

史上最強の弟子ケンイチ 55 OVA付き特別版 (少年サンデーコミックス)
史上最強の弟子ケンイチ 55 OVA付き特別版

史上最強の弟子 ケンイチ 55 (少年サンデーコミックス)
史上最強の弟子 ケンイチ 55

「ハルタ 2014-FEBRUARY volume 11」、「乙嫁語り」新しい嫁!これは不思議系?

「ハルタ 2014-FEBRUARY volume 11」、待望の新連載「ダンジョン飯」が始まりました。
これは面白かった。もうダンジョンで生きていく冒険者のたくましい様子、いや食い意地が張っただけかもしれませんが、若干モンスターがうまそうに感じてしまう。
けど、ところどころブラックな食材が混じっていそうでやっぱり恐い、けどやっぱりドラゴン系ってのは食べてみたいと感じます。うーん、若干これを読んだあとワイルドな食事がしたくなる、そんな読後感です。

「乙嫁語り」、さあ待望の新展開。アニスさん、黒髪の美少女です。鳥たちと戯れる様からこれまた不思議ちゃんな印象のキャラです。これが久々登場のスミスさんとラブロマンスを? ではなくもう既婚でしたが、若いですし、なに不自由ないけど若干カゴの鳥のような生活に不満があるようにも見える意味深な表情しています。これはまたスミスさんに付いていくとかイギリス行きたいとかでもめるのか、というにはおとなしい性格。けど、やっぱりこのままなにもなしには終わらないスミスさんじゃないのかなぁ、なんか異国人というだけで本人は傍観者然なのに物語が動いてしまわざるを得ない、因果な人です。

なお冒頭の説明では「乙嫁」とは美しいお嫁さん、という意味だそうです。おお、ここにきて遂に説明が入ったけど、連載開始時に調べたけど結局意味わからなかったのでやっぱり森薫さんの新語ということでOKなのでしょうか?

「ヒナまつり」、いろんなアドリブが入ったシンデレラでした。今回もまたヒナはおねむな状態なままどんどん進んで行くクラスメイトたちの暴走。ヒナの世界の人々との超能力バトルもおもしろいけど、まったくヒナの能力がでてこないままヒナが巻き込まれていく話もいい。いやむしろこっちのほうがおもしろい・・・。まあヒナにはいい迷惑でしかないとは思うけど。

「ジゼル・アラン」、大きな騒動から帰ってきていつもの街の便利屋稼業をするジゼルです。
がもうタイトルの「歩く姿は百合の花?」でこれは美人の比喩とかじゃあなく、昨今はやりな百合? でわくわくしてしまいました。でもジゼルだしそんなこたないだろうと思ってたのに!
という素敵な百合回。にしてもコレットさんって魔性の女ですね。

ハルタ 2014-FEBRUARY volume 11 (ビームコミックス)
ハルタ 2014-FEBRUARY volume 11

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード