コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 「すずめの唄」、この軽いのりのギャグな麻雀ものを志名坂さんに求めていたのです! | メイン | セガ ラッキーくじ「氷菓」、非常に引きが良いのですが、肝心のえるのなすクッションが出ない »

2013年11月24日 (日)

「月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 1月号」、「ヒトミ先生の保健室」、人情ものになっていくのか

「月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 1月号」、ようやく買いました。

いや、氷菓くじで書店を転々と巡ったわけですがなんか入っていませんね。結局地元でいつも買っている本屋さんで買いましたが、もう毎月一冊しか入らないのでそろそろ定期予約して買うようにしないといけないかも。
ただ、単行本は案外たくさん入って
モンスター娘のいる日常 4 (リュウコミックス)モンスター娘のいる日常 4とか
セントールの悩み 6 (リュウコミックス)セントールの悩み 6とかは平積みでしっかり入っているので単行本派は多いんでしょう。

さて今月は「ヒトミ先生の保健室」がおっきい子とちっちゃい子というネタだからまた胸の話かと思ったらそうじゃなくって体全体のことでした。この大小二人のコンビのすれ違いと仲直りにちょっとうるっと来てしまった。人情もので進んで行くのもいいかも。

「アリスと蔵六」、もう蔵六がいい感じに落ち着いているのがいい。そんでもって紗名が懐いているところとかもう普通にじいちゃんと孫状態でほほえましい。さて、紗名のモシャモシャするという伏線がなんか恐い感じがしますが、蔵六が落ち着いているのでそれでいいかも、なんて。

「セントールの悩み」、二本立て、最初の一本でいきなり世界の謎に迫る展開。宇宙人? 例の如く南極人ってオチかと思いつつもなんか妙なことが始まっています。うーんと最初の出だしはいつもどおりに政治的な話で重々しかったのに途中からX-FILEになってしまった。この世界の流れと二本目のいつもののんびりとして日常との落差が恐いです。どうこの二者がぶつかり合うのか。

ほか、徐々に作品が終わったり最終回直前だったりしていくのがあります。新連載がどんなのがくるのか、楽しみです。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 01月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 01月号

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード