コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 「神のみぞ知るセカイ」23巻、今度は悪魔を攻略? これまでにない怖さのある新キャラだ | メイン | 「極黒のブリュンヒルデ」6巻、絶体絶命のカズミを救うための作戦に唸らされる »

2013年9月19日 (木)

「月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 11月号」、表紙のヒトミ先生のインパクトがリュウだなと思わせるのです

「月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 11月号」、若干話題になりかけているインパクトある表紙のヒトミ先生、そんな彼女の活躍する「ヒトミ先生の保健室」が新連載です。

このところ人外ものが多くなっているコミックリュウはさらにその方面でぬきんでて他誌の追随を許しませんね。この「ヒトミ先生の保健室」もおもしろかったです。
きっとサイクロプスの末裔とかいう設定でもあるのかと思いつつ読み始めましたが、そんな説明は一切なくドジッ娘属性とメガネ属性ももったヒトミ先生でした。
また絵柄も独特のタッチで、トーンをはらないし余り激しい描き込みもないすっきりとした版画のような絵柄は子のみがわかれると思いますが、これでヒトミ先生の瞳がしっかりはっきりくっきりして、いい。
このヒトミ先生の保健室に毎回妖怪的な悩みをかかえた生徒たちが駆け込んでくる。その問題をその大きなヒトミで何もかも診とおして解決してあげるという展開のようです。
この世界では先生の巨大な瞳や、今回の生徒のような3m20cmな舌があってもこれは単に「個人差」のレベルということで落ち着いています。
そう、だから先生がサイクロプスだったり、生徒が垢嘗めだったりはしないのです。だから正確にはこの作品は人外ものじゃあない。
ハイテンションギャグな保健室の先生作品、として楽しみましょう。
なお、先生は瞳のことよりも巨乳なことをとても気にしておられます。

「モンスター娘のいる日常」、モンスター娘の、だからモンスター系は常に女の子しかいないのでしょうか。
今回のイケメンなモンスターさんも案の定最後に娘さんだとわかりました。いや、これはこれでかわいいんですけどやっぱりなと思ってしまった・・・。
そしてそろそろ一歩引いた感じだったメロも恋のバトルに参戦してきそうです。

「セントールの悩み」、またも二本立て。中国(?)方面のような外国での人虎話の一本目はまたまた伏線張ってきました。南極人、もしくは別の種族が暗躍してなにごとか世界を動かそうとしているようです。大きい話になっているよ、まとまるのか不安だ。もっとのほほんとした姫乃たちの話でいいのに。
この中での人虎の描き方がいつもとタッチが変わって渋かった。山海経ふうでしょうか。
でもって二本目はこちらの思いをお見通しだと言わんばかりの百合百合した話でした。

「放課後!ダンジョン高校」、おお、三笠がついにデレた。そんでもって宇佐見くんも反応よくシオちゃんって言って一気に仲良しさん。ついでにピンチもクリアです。
でも、なかなかダンジョン探索進みませんね。そこが妙にリアルでいいんですけど。

「雷獣びりびり」、久々にクロスケが活躍した。しかも火の玉のおちびを引き連れているのでいつもよりも年長(?)として頼もしく頑張っている。クロスケ成分がたくさん補給できて満足です。

「ねこむすめ道草日記」、懐かし目のTVの夏休み特別企画の怪奇特集。
黒菜たちの町が遂に怪しい町として紹介されてしまいました。そして、人間に化けて妖怪たちがTVに出まくっています。
なお、出オチ気味に黒菜がみんななにやってんだという顔でTVを見ています。ただ、黒菜が夜ひとりでおしっこに行けないほど怖がってた。うーん、どう見ても恐いとこはない番組に見えたんだけど。

「ぬこぬこ新撰組」、ももたんこと鬼坂さんがあのワイルドな風貌だけど和風メイド姿でかわいい。そんな彼女が今回の主役。
ほんと丸くなったもんだ。そして気付けば隊内も打ち解けてきてみんな仲良し。伊東さんとかいつ裏切るか、対立して袂分かつかという雰囲気まんまんだったのにねぇ。そして捨助も原田さんときっちり仲良しだし、さあいよいよクライマックス間近ですね。

「春日井さん家のタイムマシン」、読み切りです。今回も付録にある登竜門の龍神賞出身の方の作品です。
SFなんですが、じんわりくる落ち着いたSF。タイムマシンが完成したけど、それはその本人の意識だけを進めたり戻したりするだけのもの。嫌なことを飛ばしたり、楽しいことをやり直したりするというものです。
結局時間は通常どおり流れている。そう、やり直せると言っても結局結果は変わらない、はず。
ただ、これはこれで上にあるとおりの使い方ができるなら、ありなんでしょう。読み終えてじっくり考えるといろいろな使い道が考えられる。
こういうショートSF、もっと読みたいです。

なお、登竜門3で読者投票が行われます。一位になると連載+単行本化確定という太っ腹。なお、表紙を書いている蕗野冬さんがそろそろコミックリュウで連載しないものかと思っています。原作付きでいいので。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 11月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 11月号

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード