コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 明日から近江鉄道沿線で「中二病でも恋がしたい!ロケ地巡り」が始まる、京阪沿線も入れて欲しかった | メイン | 倉庫の整理、泣く泣く300冊ほど捨てるも、懐かしいコミックを発掘して早速電子書籍化 »

2013年4月27日 (土)

「中二病でも恋がしたい!」×近江鉄道グループな聖地巡礼をしてきました

「中二病でも恋がしたい!ロケ地巡り」という企画を近江鉄道グループで2013/04/27から始まりました。
記念切符も発売になりますので朝早くから、近江八幡の八幡山、日野の旧鎌掛小学校、安土の旧伊庭家住宅と巡ってきました。

中二病でも恋がしたい!ロケ地巡り

まずは近江鉄道で記念乗車券を購入。片道なんだ・・・。なお、昨日の今日なので全然買う人いない。

とっとと八幡山に行きます。近江八幡駅からバスだと10分程度です。歩いて30分くらい。ロープウェイ入り口ではモリサマーがお出迎え、奧に乗降面にのみラッピングされたゴンドラが待っています。

はい、記念乗車券使いましたよ、特にスタンプとかにこだわりないので。

ロープウェーはあっという間に山頂に到着。アナウンスは通常の八幡山のもの。声優さんを起用したものとかはないです。降り場の業務員の方に話を聞いた。特にこの展示以外にイベントとかもないとのこと。なにかできればいいんだけどねー、とは言っておられたましたが他に企画はないもよう。

山頂での行くべきところは展望台2階のみ、ここでモリサマー以外の部員(女子のみ)の立て看板。景色は素敵なんですが、逆光だったりしてキャラ看板をうまく景色と合わせられない。

そして、場面パネルが3面ありました・・・。特に説明なし。これはかなり悲しい。
1階はお土産屋さんですが、なんいも既製品の京アニグッズもなく、ほんと淡々としたものでした。

15分間隔であるのでこんな感じに見送って写真撮ったり。そして降りました。記念乗車券は降りる方向の切符がないので、くだりは徒歩で山を下るのも手。徒歩10分くらいで降りられます。

バスで近江八幡駅に戻り、JRで草津駅乗り換え、草津線で貴生川駅、貴生川駅から近江鉄道で日野駅。貴生川から記念乗車券が片道ですがあるので使用して日野へ。近江鉄道線では記念切符使用後、降りる駅が有人駅なら裏に無効印を押されて返してもらえるので、切符が残せます。

そこからまた記念乗車券で鎌掛行きのバス。終点が旧鎌掛小学校です。
が、別行動の知り合いが来ていたので日野からはその自動車に便乗、役場でラッピング中のバスも見てきました。
片面は終了。
もう片面は途中です。前面や後面にはなにもなかった。もしかしたらなにかあるのかも知れないけど、不明です。

旧鎌掛小学校、路線バスだと日野駅から40分かかります。そして土曜は1時間に1本くらいで往復しているけど、日と祝は運行無し。このGW、行こうと思っている方は気をつけてください。日野駅前でタクシーか、レンタサイクルくらいしかありません。ただ、ナビがないと行けないとこだと思います。

部員募集中の場面が準備されています。BS11での再放送でその場面見たばかりでなんか嬉しい。
私のお気に入りのオブジェは日時計。作中でもいい感じに登場しています。

バルコニー、ダークフレイムマスターが叫ぶ場所、そこに立つことも可能ですが、六花目線というか見上げるのが気持ちいい。
プールもそのままですね。

校舎に入るとこんな案内があって、かなり親切にポイントを押させておいてくれます。また、そのスポットではここをこう見ろ、とかこの上がバルコニーだとか、紹介あります。

やはりまずは部室に向かいましょう。階段もモリサマーと凸森のいいシーンが思い起こされます。
廊下の奥が部室。おお、見たことある場所だ。懐かしさまで感じます。

部室ではあのポーズで六花が出迎えてくれました。
魔方陣は輝きます。天気がいいのでいまいちですが、残念ながら16:00以降は解放されていない。

教室に行くと、机と椅子の配置が、主要キャラポイントに。いいですね、でもなんかシュール。

体育館は、見下ろす位置から逆に向くとバルコニーに出られます。
ここも管理しているNPOさんがおられて親切なんですが、特にグッズの販売というかそもそもなんにも販売物がないので、なにか買って記念物手に入れることができず残念です。

最後に旧伊庭家住宅へ。ここは春と秋の休日くらいしか入ることができないところです。しかもヴォーリズ建築で有名なので中二病とは関係なく普通の人気観光地ですので混み合っています。だけど終わるのは15:00。

だからまず人を入れずに写真撮るの大変。そして作中では左右反転させていたりするところもあるのでなかなかピンとこないんですが、単純にヴォーリズ建築で見ていて気持ちいい。
六花が逃げたり、十花さんが登ってきたりとドラマチックな屋根もよかった。
混んでたのでGW終わってからもまだ何日か休日に開いているからその時にまたじっくり場面集を持ってきて巡りたいところです。

さ、そんでもって京都へ。一昨日まで決めていた当初の予定どおり
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ×京まふ』老舗生八ツ橋「着物ほむらバージョン」の販売開始について | 京都国際マンガ・アニメフェア2013
購入しました。黒ごま味の生八ッ橋、餡も黒ごま餡で素敵に黒でした。

これだけ巡って夕日が沈むよりも早く帰れてよかった。とは言え、これだけ巡ったら京阪、石山周辺の聖地も行きたくなる。

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード