コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月の40件の記事

2013年4月30日 (火)

「リュウマのガゴウ」3巻、ようやく登場の女リュウマらしき彼女とヤんでる王のやりとりがまたヤんでいていい

「リュウマのガゴウ」3巻です。表紙にまた誰だかわかんない女性キャラが登場です。
まだ3巻目だというのになんだか10巻くらい読んだ後のような内容の濃さで、早々とどのキャラだどうでどういった時間軸で、というまとめ資料、あるいはこれまでのあらすじをつけて欲しくなります。

さて、これまでの展開からリュウマというヒーローは受け継がれていくもの、だけどやはりそれは単に各リュウマ個人の力だけではなしえていなかった。
そのからくりというと語弊がありますが、伝説として語られるべくして、いや騙られていた顛末も明かされて徐々にこの世界の状況がわかってきます。

が、そんなことよりもどのリュウマもその死に様がかっこいいのです。ただ、前巻の盗賊からリュウマになった彼のキャラが圧倒的で、その武器であるハンマーを使いこなす女リュウマらしき彼女も登場して素敵なんだけど、なにか物足りない。いつもなら、小柄なキャラが大きな獲物を振り回すだけで満足してしまう私だというのに。

でも、その後登場した王、いろいろとヤんでいる彼が女リュウマの強靱な生命力に惚れました。そして放つ一言が強烈過ぎです。しかもそれを受けて返す女リュウマのリュウマ愛もヤバイほどに強い。また濃いキャラばっかりそろってきました。

そして・・・あ、表紙のアインス、ちょっとその二人やら脇キャラになりかけている元リュウマやらの印象がありすぎて影薄い。キャラ的には宮下さんお得意の高圧的な女性キャラで今後の活躍が期待されますけど。

リュウマのガゴウ 3 (ヤングキングコミックス)
リュウマのガゴウ 3

2013年4月28日 (日)

倉庫の整理、泣く泣く300冊ほど捨てるも、懐かしいコミックを発掘して早速電子書籍化

GWですが、今日はうちの倉庫の整理。

コミックが異常にたまっていますので3年ほど前から電子書籍化しているのですが、裁断後のコミックも捨てるに捨てられないお気に入りのものは残しています。それが1500冊程度。
だけど倉庫掃除して部屋に改造するとかで、場所を明け渡さないといけない。また、まだ電子書籍化していない雑誌類も多い、というか雑誌は電子書籍化するのは大変なわりには紙の質が悪いので綺麗なものになりにくいので、放っておいた。

うん、ゲーメストがスト2の頃から数年分とか、コミックノーラが創刊号から100号くらいまでとか、が大物です。これらはまだまだ捨てるのに忍びないので場所を探して残すものの、裁断後コミック達はさすがに量が多すぎる。

そこで仕方なく選別して捨てられそうなのから捨てていきます。300冊程度捨てることとなりました。はあ、まあ仕方ない。でもまだ1000冊以上ある、これもいずれ捨てる時がくるのか。

などと整理をしていると雑誌類やらいろいろため込んでいるところ、家族の品とかの山の奥から発掘された懐かしいコミック。古本屋にとっくに売っていたと思ったものが出てきて早速電子書籍化しました。
(中古)シェリフ 1
はあろしろしさんのストーリーものです。2巻で終わってしまいましたが、その後雑誌を変えて世界観は一緒でキャラをちょっと登場したゲストキャラを主役にして、
(中古)ハンターキャッツ全5巻につながっているのでこれが見つかって本当によかった。
電子書籍化する前に早速2巻読破していますし。こういう作品、というかハンターキャッツも微妙な終わり方だったし、どこかでこのシリーズを再開してほしい。

そして、
(中古)タッジー・マッジー 1
これが全6巻そろって出てきてこれまた嬉しい。すっかり内容を忘れているのだけれども、読後感がよかったのでずっと読みたかったんです。あとでじっくり読みます。
ちなみにこれも前作のキャラが出てきているのですが、そのことを知ったのは最近だったり。
フィーメンニンは謳う (第1巻) (白泉社文庫)フィーメンニンは謳う
も読まないといけないと思いつつ、読んでいない。これを気に買うか。

2013年4月27日 (土)

「中二病でも恋がしたい!」×近江鉄道グループな聖地巡礼をしてきました

「中二病でも恋がしたい!ロケ地巡り」という企画を近江鉄道グループで2013/04/27から始まりました。
記念切符も発売になりますので朝早くから、近江八幡の八幡山、日野の旧鎌掛小学校、安土の旧伊庭家住宅と巡ってきました。

中二病でも恋がしたい!ロケ地巡り

まずは近江鉄道で記念乗車券を購入。片道なんだ・・・。なお、昨日の今日なので全然買う人いない。

とっとと八幡山に行きます。近江八幡駅からバスだと10分程度です。歩いて30分くらい。ロープウェイ入り口ではモリサマーがお出迎え、奧に乗降面にのみラッピングされたゴンドラが待っています。

はい、記念乗車券使いましたよ、特にスタンプとかにこだわりないので。

ロープウェーはあっという間に山頂に到着。アナウンスは通常の八幡山のもの。声優さんを起用したものとかはないです。降り場の業務員の方に話を聞いた。特にこの展示以外にイベントとかもないとのこと。なにかできればいいんだけどねー、とは言っておられたましたが他に企画はないもよう。

山頂での行くべきところは展望台2階のみ、ここでモリサマー以外の部員(女子のみ)の立て看板。景色は素敵なんですが、逆光だったりしてキャラ看板をうまく景色と合わせられない。

そして、場面パネルが3面ありました・・・。特に説明なし。これはかなり悲しい。
1階はお土産屋さんですが、なんいも既製品の京アニグッズもなく、ほんと淡々としたものでした。

15分間隔であるのでこんな感じに見送って写真撮ったり。そして降りました。記念乗車券は降りる方向の切符がないので、くだりは徒歩で山を下るのも手。徒歩10分くらいで降りられます。

バスで近江八幡駅に戻り、JRで草津駅乗り換え、草津線で貴生川駅、貴生川駅から近江鉄道で日野駅。貴生川から記念乗車券が片道ですがあるので使用して日野へ。近江鉄道線では記念切符使用後、降りる駅が有人駅なら裏に無効印を押されて返してもらえるので、切符が残せます。

そこからまた記念乗車券で鎌掛行きのバス。終点が旧鎌掛小学校です。
が、別行動の知り合いが来ていたので日野からはその自動車に便乗、役場でラッピング中のバスも見てきました。
片面は終了。
もう片面は途中です。前面や後面にはなにもなかった。もしかしたらなにかあるのかも知れないけど、不明です。

旧鎌掛小学校、路線バスだと日野駅から40分かかります。そして土曜は1時間に1本くらいで往復しているけど、日と祝は運行無し。このGW、行こうと思っている方は気をつけてください。日野駅前でタクシーか、レンタサイクルくらいしかありません。ただ、ナビがないと行けないとこだと思います。

部員募集中の場面が準備されています。BS11での再放送でその場面見たばかりでなんか嬉しい。
私のお気に入りのオブジェは日時計。作中でもいい感じに登場しています。

バルコニー、ダークフレイムマスターが叫ぶ場所、そこに立つことも可能ですが、六花目線というか見上げるのが気持ちいい。
プールもそのままですね。

校舎に入るとこんな案内があって、かなり親切にポイントを押させておいてくれます。また、そのスポットではここをこう見ろ、とかこの上がバルコニーだとか、紹介あります。

やはりまずは部室に向かいましょう。階段もモリサマーと凸森のいいシーンが思い起こされます。
廊下の奥が部室。おお、見たことある場所だ。懐かしさまで感じます。

部室ではあのポーズで六花が出迎えてくれました。
魔方陣は輝きます。天気がいいのでいまいちですが、残念ながら16:00以降は解放されていない。

教室に行くと、机と椅子の配置が、主要キャラポイントに。いいですね、でもなんかシュール。

体育館は、見下ろす位置から逆に向くとバルコニーに出られます。
ここも管理しているNPOさんがおられて親切なんですが、特にグッズの販売というかそもそもなんにも販売物がないので、なにか買って記念物手に入れることができず残念です。

最後に旧伊庭家住宅へ。ここは春と秋の休日くらいしか入ることができないところです。しかもヴォーリズ建築で有名なので中二病とは関係なく普通の人気観光地ですので混み合っています。だけど終わるのは15:00。

だからまず人を入れずに写真撮るの大変。そして作中では左右反転させていたりするところもあるのでなかなかピンとこないんですが、単純にヴォーリズ建築で見ていて気持ちいい。
六花が逃げたり、十花さんが登ってきたりとドラマチックな屋根もよかった。
混んでたのでGW終わってからもまだ何日か休日に開いているからその時にまたじっくり場面集を持ってきて巡りたいところです。

さ、そんでもって京都へ。一昨日まで決めていた当初の予定どおり
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ×京まふ』老舗生八ツ橋「着物ほむらバージョン」の販売開始について | 京都国際マンガ・アニメフェア2013
購入しました。黒ごま味の生八ッ橋、餡も黒ごま餡で素敵に黒でした。

これだけ巡って夕日が沈むよりも早く帰れてよかった。とは言え、これだけ巡ったら京阪、石山周辺の聖地も行きたくなる。

2013年4月26日 (金)

明日から近江鉄道沿線で「中二病でも恋がしたい!ロケ地巡り」が始まる、京阪沿線も入れて欲しかった

明日2013/04/27から近江鉄道沿線で「中二病でも恋がしたい!ロケ地巡り」が始まります。
取り敢えず、記念切符が販売になるので急ですが幸い土曜日でしかも仕事がないので早起きして行きます。けいおん!の時と違って1000枚なら大丈夫だと思います。あの時、通販のなかった第1弾の時は大変だった。うーん、近江八幡で200枚、他は100枚とかかなぁ。

今回、記念切符は通販もあるのですが、このニュースを知った時にはもう午後だったか、郵便局で小為替買う余裕もなかったので明日の駅売りで必ずゲットしないと・・・。
にしても近江鉄道、旧豊郷小での「けいおん!桜高新入生歓迎会3じかんめ」に合わせて近江鉄道が1デイ・スマイルチケットの記念版を出すかどうかとかくらいしか期待していなかったのが・・・。
中二病とのコラボは意外。しかも公式サイトの告知などからして結構気合いが入っています。

ええ、八幡山、全然中二病とは関係ないところですが展示やラッピングロープウェイを見に行きます。ただ、こういうのって結構アナウンスに声優さん使ったりとかあるのですが、どこにもそういった記述はないので展示のみでしょう。あまり期待せずに行きましょう。

後は六花の実家のモデルの安土の旧伊庭家住宅の公開。これも春とか秋にちょっとだけしか公開ないので見に行きたいし、学校のモデルの日野の旧鎌掛小学校が不便なところだけれどもこの勢いで観に行きたいけど。難しいかなぁ。自家用車での移動ではなくもっぱら公共交通機関移動するのが私の基本です。だから、ラッピングバスもあるとは言え、日祝休みという、休みに行くには土曜だけという限られたところ。できれば別の日に廻したいけどそれこそ勢いで行きたいし・・・。明日行き当たりばったりで動くか。

中二病でも恋がしたい!ロケ地巡り

でも系列グループが全然違うとは言え、中二病では京阪の大津沿線も印象深いところが多いだけに、なんとか京阪も一枚噛んでコラボしてほしかった。あ、二期か劇場かと期待が高まっている時期だけに、それが決まったらその次の展開時に京阪はラッピングしてきたらいいのに。

なお、「『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ×京まふ』老舗生八ツ橋「着物ほむらバージョン」の販売開始について | 京都国際マンガ・アニメフェア2013」の発売開始日でもありました。これは残っているだろうと勝手に楽観して中二病聖地巡りの後、閉店間際に買いに行こう。

2013年4月25日 (木)

「ムジカ」1巻、クララとシューマンの連弾が綺麗でした

「ムジカ」1巻、シューマンと表紙のヒロイン、クララを中心とした音楽家たちの物語。
というか単に作者のかかしさんのファンなので、作者買いで買いましたが、おもしろかった。いや、
暴れん坊少納言1 (ガムコミックスプラス)暴れん坊少納言1
が実在の人物をいい具合に創作を加えてキャラ付けしていた人ですから、これもまたおもしろくないわけがない。

逆に音楽家たちの物語、私ははっきり言って名前くらいしか知らない人達ですので創作がどこなのか全然わかりません。だから単純に一創作として楽しむつもりです。

後半からはライバルキャラとしてメンデルスゾーンが登場して演奏対決しますが、史実なのかどうなのか全く気にせずエンタテインメントとして楽しめました。

それにしてもクララがこれまでのかかしさんのキャラと描き方が変わっているのか、えらく清楚な美人さんだった。それがまたいい。これがまたなんだかあっさりシューマンと仲良くなっていますね。
でもその二人の連弾の様がまた、素敵なんです。シューマンの膝の上にクララが座って片手ずつを担当する様が本来の連弾とは違うけど、絵になっています。

ムジカ (1) (バーズコミックス)
ムジカ (1)

「デイドリームネイション」5巻、最終巻、ずっと文化祭が続けばいいのに

「デイドリームネイション」5巻、最終巻でした。
遂に文化祭開始、いや、その前夜から盛り上がりました。白景さんがいることで集まってくる魑魅魍魎を退治、じゃなく山での酒宴に案内するという平和的な賑やかさ。
これまでもまったりしつつもいつもお祭り的な印象の強い作品でしたが、やはり文化祭となるとこれまで以上に盛り上がってずっと続けばいいのに。なんて思います。
もしや古典的にループするのか、と思わせた先輩の一言などもあっさり却下するほど知春や夏穂はへとへとでしたが。

そんな賑やかな中、知春の議員だという堅物の父親が参観に訪れてまさかの重い展開。この作品でそんなシリアス要らないと思ったらさすが白景さんでした。しかも幕間での帰宅後の父の娘の展示への観察眼。いい親さんでしたよ。

とほっこりしたのもつかの間、この盛り上がりのさなかに白景さんが消え、一気にみなの記憶から消えていく。帯から最終巻ってわかっていますので、この展開にそのまま一気に何十年も時が流れるなどの厳しい展開を考えてしまったりしたり。
直前の若干のシリアス展開もあってまさかまさかの幕切れか。
ただ、そんな中、これまで疎ましくも思っていたふうもある白景さんへの知春の思いも知れて、よかったです。

デイドリームネイション 5 (アライブコミックス)
デイドリームネイション 5

2013年4月23日 (火)

京都国際マンガミュージアムで「ほむら生八ッ橋」をチェックし、寺田カツカレーを食べる

今週末、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」×聖護院八ツ橋の第3弾、遂にまどかからほむらにチェンジで味も黒ごま味の生八ッ橋になります。

京都で仕事しているので仕事帰りに残業さえなければアニメイトで買えたりするのですが、実は昼休みだって京都国際マンガミュージアムに行って買うことができるという好立地な職場。

今日はまだ早いのですが見本とか発売告知のちらしとかないかなーっと様子身でお昼休みに行ってきました。

が、特になにもなくこれまでのまどか生八ッ橋サンプルに売り切れというシールが貼ってあるだけでした。残念。

そのまま帰ろうかと歩くと、妙に気になるカツカレーのイラストが。京都国際マンガミュージアム内の「カフェ | 京都国際マンガミュージアム - えむえむ」で限定販売のカツカレー。
寺田克也 ココ10年展 | 京都国際マンガミュージアム - えむえむに合わせてのものです。
これは食べておかないと、とお昼はこれに確定しました。一般メニューのチーズカレーが800円でこの寺田カツカレーは900円、100円だけ高いだけでなかなかボリュームあるカツが載ってきます。さらにマット紙はこの寺田カツカレーイラストを使ったものになっておりました。なお、このマット紙もいただけるので結構お得だ。

そして例の如く壁面一面の作家のキャラとサインを堪能しておきました。久方ぶりに訪れたので増えています。この間サイン会のあった蒼樹うめさんのゆのっちや、江草天仁さんのびんちょうタンやら間近に見られて嬉しかった(けどもう空きが少ないので上の方なんです)。なお、ガイナックス流アニメ作法の時の井上麻里奈さんのイラストやサインもあるはずだけど、座った位置が悪かったのか発見できず。次回は逆に座って探そう。

というか今週末は土曜日からのほむら着物バージョンの生八ッ橋は期間限定の桜花びらイラスト入りだから早めに買いにきます。ほむら好きだからここでも買ってメイトでも買っておこう。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ×京まふ』老舗生八ツ橋「着物ほむらバージョン」の販売開始について | 京都国際マンガ・アニメフェア2012

2013年4月22日 (月)

「PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z」、購入してひと月使用後の感想

「PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z」、買ってしまいました。
私はこれまでずっとコミックを中心に電子書籍化していたので、これまでは定番の
プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106
を愛用していましたし、今のところ200DXの隣に置いています。併用しているというよりも他に置き場所がないので・・・。
なお、電子書籍化のドキュメントスキャナは
FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
を使い続けています。最新の
FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500
はまだまだ様子見中。

PK-513Lから200DXへの変更動機:
PK-513Lでは替刃も買って、さらにはもう3度も研ぎに出すくらい使い込んでいます。が、このところ切れ味が鈍ってきた。ここでまた研ぎに出すのはいいとして、刃を交換する作業が慣れたとは言え、非常に面倒くさいし汚れるし刃物なので慎重を期す必要があり、研ぎ代も送料など入れて10000円程度かかるので、それなら新しいものを買おうか、と。
この新しい200DXも同じPFUの製品ですし、改良が加わって軽くなっているし、切れる本の厚みが15mmから18mmに大きくなり、これまで跳ね上げたままだったレバーを倒して収納できる。さらに面倒な刃交換も本体ごと奧ってのメンテとなり、楽(?)かも、ということで購入です。

梱包から取り出す際:
送られてきた箱がそのままメンテを頼む際に送り返す箱になるので捨てられません。これだけが気になるところ。ハンドルは以前なら箱から出す際に注意しないといきなり跳ね上がってきたのですが、今回は収納体制になっているのでそんなことはなく安全に取り出せます。
また、重さも軽くなってもそんなに変わらないでしょ? って思っていましたが全然違う。これは移動しやすい。でもどっしりしていないので裁断時はどうでしょうか。それは後ほどの感想で。

設置する際:
収納体制時に下になる部分にゴムパッドがあります。が、裁断時の足になる四隅はゴムパッドではなく球状のプラスチックなもの。これって机にそのままだと凹むかも。
細かいところで、当木がPK-513Lの木からプラスチックになり、入れる位置も右から左側へと変更です。そんなに頻度高く当木の抜き差しは要りませんが、これまでPK-513Lを使っていて右明けていたので設置位置を変えないといけなくなりました。

裁断時:
本体色が黒になったのは特に気になりません。が、ガイドランプの赤線が濃く光る中心部分を目安にすればいいのですが、黒い本体のせいでなんか暗めに感じる。また、PK-513Lと較べて若干刃との相対位置が違うようにも思います。のでこれまでの裁断位置の感覚がひと月使ってもまだ残っていて結構間違えて裁断量が少なく裁断して糊が残って切り直し、なんてことを繰り返しています。まあ裁断大きすぎたらやり直しもできませんので、少ない分にはいいか、とも思いますが。
また、裁断前に安全レバーを解除する必要があるのはこれまでどおりですが、その位置が左から右に変わりました。さらにPK-513Lなら一度外すとハンドルに触れていなくても解除状態が継続したのですが、今度の200DXではより安全になってしまってハンドルを下げつつレバー解除しないといけません。レバー解除した後手をハンドルから離すと解除状態ではなくなります。だから、これが一番面倒、これまでは左手でレバー解除し、そして両手でハンドルを押さえて裁断していたので。今回からは左手でハンドルを持ち、右手でレバー解除しつつ左手でハンドルを軽く下げたまま右手も持ってきて両手でハンドルを下げて裁断、となります。
なお、私はかつてPK-513L購入直後に片手でハンドル下げて裁断しまくったせいで、接骨院行って治してもらわねばならないほど肩を痛めてしまいました。よって絶対にハンドルは両手で、左右均等に力をかけていくことを肝に命じています。
さらに、この裁断時ですが、足がゴムでないので滑ります。軽いこともあるので仕方ないのですが、机などにはゴムマットをひいてその上に裁断機を設置する必要があると思います。
なお、裁断時の切れ味はよい印象です。というのもPK-513Lが切れ味重くなった後にこれ使っていますから単に切れ味が新品でよいだけかもしれません。

裁断厚について:
15mmから18mmに広がったのはたった3mmですが世界が変わったようです。500円サイズのコミックでもこのところ厚いものが多かったので半分にカッターでわける必要があるものが多くあったのですが、今回はいまのところ全くない。1000円サイズのコミックは残念ながらあまり裁断していませんが、これもいまのところ二つにわけたものがないので、この3mmは大きいです。
ただ、若干このせいで裁断時の滑りも大きくなり、切り始めの本来の裁断厚に対して切り終わりの厚みが大きくなりがちです。とはいえ、PK-513Lからあった問題ですので、これは各自工夫するしかないのでしょう。

終わりに:
これまで通り、ちょっと裁断時のハンドル操作が手間ですが、分割する本が出てこないのがいい。いい買い物をしました。後はまだ試していないメンテがどうなるのかですね。

PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z
PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z
PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z
PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z
PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z
PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z
PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z
PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z
PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z
PFU 断裁機 Durodex 200DX PZ-200DX-Z

2013年4月21日 (日)

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 06月号、石黒正数新作読み切りは続編も期待です

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 06月号、久々に石黒正数さんの新作読み切りが掲載です。
そんでもって表紙も石黒さんですが、今のところこの表紙キャラは全然今回の新作とは関係ないようです。が、この作者のことですのでやっぱりなにかの伏線か、あるいはどのキャラからのもうひとつの顔なのでしょう。

さてその「限りなく透明に近い塩」、先月予告から塩ラーメンの話だということはわかっていたのですが、本当に塩ラーメンだったのか。はい、少なくとも話の中心に塩ラーメンは登場していました。が、その塩ラーメンを巡っての人間模様が濃い。
特に主人公の黒髪ロングメガネの見田さんがこれでもかというくらいにいろいろ属性持っています。最初の見た目のものからさらに年上好きだったり、ドジっ子だったり。でも、最後に本編ではなく柱の編集の説明でもっと驚きの属性が示されてもう一度最初から読み直しました。それにしてもポテンシャルは高いけど運も含めていろいろ残念な子です。
とは言え、本当においしい塩ラーメンは・・・っという命題、かつては「虹色ラーメン 18 (少年チャンピオン・コミックス)虹色ラーメン 18」でもありましたが、結局は今回のタイトルどおり、突き詰めたところに向かうのでしょうか。
見田さんの泥臭いというかなんか鈍くさい生き様と対比されるようです。
さて、さらに続編もあるかもしれないらしいですが、是非とも続編を期待して見田さんの別の一面も含めていろいろ見せてほしいです。

「ちゃんと描いてますからっ!」最終巻、大団円でした。けど、親子としてのそれは大団円だけど、歩未がマンガ家としてもうちょっと芽をだしてほしかったので残念。父を超えてほしかった。

「セントールの悩み」2本立て、もう週刊連載でも大丈夫かという勢いの作者です。今回は初心に返っての女の子の思春期ネタです。でも、やっぱりなんだか生々しいことをさらっと載せてくるのでこの手の話は苦手。公認百合な二人がいることも始めて知ったけど、ええっと、嘗めているのですか・・・ってだからそういうところまで描くのがこの作者の作風だけど。やっぱり清楚で品のある委員長とは今のところ無縁でよかった。挨拶のキス程度の関係がかわいくっていいんです。

「アリスと蔵六」、アリスの秘密も一気に解き明かされていきますが、それによりアリスがどれだけ特殊でどれだけ危険な存在かわかりました。さらに言うとアリス自身も危機状態、この彼女を救うべくあるのは当然蔵六さんだけど、どうやって彼女を助けるか。なんて思っていたらなんでもありなアリス、彼を一瞬で手元に呼び寄せた。まさか偽者を構築したのかとも思いたくもないですが、そう見てもあの迫力とあのセリフ、ご本人です。しかも非常に怒っているので次号は胸のすく活躍が見られそう。そんでもってアリスが彼にどう接するのかが気になります。

「放課後!ダンジョン高校」、みんないい奴だ。ユミ、いやおっぱい先輩の強がりと、ほっとしてからの大泣きとでますますいいキャラになっていく。ただ、シオが足のこともあってみんなに大事に気遣われてしまうのが、わかってはいるけど淋しいもの。今回はおっぱい先輩がヒロインだったとは言うものの、シオ淋しすぎる展開が始まってしまったかも。しかもヨウイチが怪しげなアイテムを発見して使いこなしている。キーマンなのか、それとも誰でも使えるアイテムだっただけなのか。ただ、シオを助けたいって思うヨウイチに武器ができたわけで、早くシオの前での活躍も見たいです。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 06月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 06月号

2013春期情報処理技術者試験、受験してきましたが勉強不足を痛感

2013春期情報処理技術者試験、プロジェクトマネージャを受験してきました。
寒かったです、京都なのでさすがに雪はなかったのですが、晴れていても風は冬の風のように寒かった。教室内は暖かいものの、廊下などは寒くいつもは試験の合間は外でぼーっとしているのですが、寒くてとっとと室内に戻っていました。

さて、ざっくり感想ですが、午前1は前回システムアーキテクトに合格しているので免除。
午前2からです。
案外午前2から受験している人が多い。
高度の試験はいつも実受験者が少ない印象ですが、今回私の受けた教室では8割以上入っていた。また、途中からいなくなる人もよくあるのですが、午後2まで特に人が減った印象はなかったです。

さて午前2、案外簡単だったという印象で時間に余裕を持って完了しました。計算問題も特に大きな引っかかりもなく、知識問題が相変わらずわからないのものは全然わからないのですが、結構知っていると感じて答えたものが多かったのでそんな印象でした。
が、これが先ほど発表された正解を確認すると・・・
情報処理推進機構:情報処理技術者試験:問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2013、平成25年)
16/25=64%、60%で合格なのでほんとぎりぎりでした。それなのにできた気でいたってのが問題すぎます。しかもケアレスミスでEVMの回答間違えていますし、PMP関係もすっかり記憶が飛んでいます。こりゃあ秋に向けてしっかりを午前対策を行っていかないとえらいことになる。
ところで解答用紙上に答案番号っていう6桁の番号がありました。これはこれまでありましたでしょうか?他の人の回答用紙を見ていないのでよくわかりませんが、一意に振られているような番号にも思う。これが一意になっているならもう受験番号をそのまま入れてもらって、マークシートの受験番号と生年月日塗りをやめてほしいですね。私はこれがいつも遅いので、周りが問題用紙をめくり出すのにまだ半分くらいしか書けずに毎回焦ります。

そして午後1、これは問1と4を回答しました。あ、わからんって一読して感じた問3以外から選びました。
問1は簡単に答えられそうですし計算する回答もあったので選択。部分点が狙えないかもだけど基本敵に計算問題あるのは簡単だと私は思います。
そして残りから問4を選んだのは全然やったことのないモバイルアプリ開発というジャンル、だからそういうのに触れたいので敢えて選びました。結果、問4最後の問題とか全然答えが思いつけずに適当に書いてしまった。
とはいうものの、これはもしかして通過できるかもって手応えもあります。・・・まあ手応え合って実際いい点採れたことが少ないのでなんとも嫌な感じです。
それにしても時間が余ります。3問回答時代は短すぎて困っていましたが。

午後2、前回始めて論文試験に受かったのでなにか変なコツでも掴んだのでしょうか。情報セキュリティの確保の問1を選択し、アの設問に毎度難儀しつつもイはたくさん書き、言いたいこと書けた。そしてウもなんとか600字を超えた。そんでもって16時を過ぎていましたがまだ退出可能時間帯だったので終了しました。

さて、受かっていたら嬉しいけど、まあ期待してはいけません。次回秋期はなにを受けるか、もうあと残っているのはITストラテジスト試験とITサービスマネージャ試験です。旧システム管理時代から受かっていないITサービスマネージャを受けるのがいいかもなと思いますが、全然受かっていないのでもうちょっと検討しましょう。

その後、当初の予定通りつけ麺マンで「アホほど濃厚つけ麺」を小盛りで食べてお腹いっぱいになりました。
もう濃厚すぎるつけだれでしたので、麺食べ終わったらスープ割りできるようなつけだれが残っていないという具合です。なにはともあれ濃厚大好きですので、とってもよかった。けど小盛りでも充分過ぎる麺の量だったので次回いつ行くかは検討中。
さらにその足で出町ふたばに行き、豆餅を買う。これがまた情報処理試験受験後に買いに来る人が他にもいたり、日曜夕方で10人以上の列になっていたりとさすがの名店です。
そんでもって最後にT-joy京都に向かい、「劇場版花咲くいろは」鑑賞。第2弾入場者特典のクリアファイルもらって帰りました。

ふう、充実した一日でした。が、とにかく勉強不足実感。地道に午前対策をしないといけませんです。

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード