コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月の40件の記事

2013年1月31日 (木)

「雪ミク2013」、遂にファミマグッズも公開、そしてスタンプラリーもなにげに難易度高いかも

「雪ミク2013」、ファミマの情報が入りました。
案の定、ぬいぐるみはファミマでした。はあ、これはどれだけ入るのかわかりませんが、現地入りする前に販売開始だから無理そう。ただ、アニメイトのラバーストラップも販売あるのでこれは買えそう。
ただ、まさかの全国展開するお菓子もあるので、出発前から地元で雪ミク気分に浸れます。

SNOW MIKU 2013

2013年01月31日“さっぽろ雪まつり”に合わせて“雪ミク いちご白無垢Ver.”をイメージしたスイーツ3種類を同時発売!|ニュースリリース|企業情報|FamilyMart

それにしても予想通りメイコさんのカップ酒があって嬉しい! でもルカさんワインはないのか・・・。

さらにスタンプラリー。7箇所巡る必要があります。新千歳で3箇所、札幌で4箇所ですが、アニメイト2箇所は買い物しないといけない(予約でもいいけど・・・)、そして雪ミク雪像近所のグッズ販売所でも購入する必要があります。まあ購入はなにかしら買うのを分散させればいいけど、やっぱり開店時間が問題。
サッポロファクトリーと新千歳内2箇所は17:00で終わってしまう。しかも16:30で入場制限かけるようだし。しかも新千歳内2箇所ってグッズ販売は9時からだけどスタンプラリーは10時から? 若干日中に巡る必要があるところが遠いので大変そう。

なおラリーと言えばファミマを前回のように巡る必要があるかないか、ラッピングシール5種類あるとのことなので5店舗巡る必要があるかもだけど、前回のような気合いが入ったものではなさそうなのでグッズ買うついでに会場近所で少し見て廻る程度でいいか? いや、もしかしての可能性でぬいぐるみをもとめて結果的に巡ることになる可能性のが高い・・・。ちなみに札幌中心地区では10箇所もファミマあります。

FamilyMart店舗検索|ファミマップ

それにしてもグッズがまた増えたので嬉しい悲鳴です。早く北海道、行きたい。

2013年1月29日 (火)

「雪ミク2013」、グッズもイベントもかなり確定、取り敢えずグッズリストを作ってによによする

「雪ミク2013」、グッズもイベントもかなり確定してきました。
早速グッズリストを作って、どれをいくつ買うかと楽しい算段中です。

ざっと、欲しいままに買うとミクパグッズをのぞいて50430円! ミクパグッズは高めなのでどれだけ買うかわかりませんがそっちもTシャツとか買い出すともう10万に手が届く。うん、自重してもっと買うものに優先順位をつけておこう。今回も新千歳が主な会場の一つですし、グッズの販売種類も一番多い。だから着いたらいきなり買い込む可能性があるので。(と言うか、空港限定で購入特典で塗り絵だとか、特製ショッピングバッグ、ステッカーと特典満載)
ただ、サッポロファクトリーとほぼ被っているからサッポロファクトリーで戦う必要はないかも・・・。

あとは、まだ2013/01/29現在載っていない
フィギュアメーカーGift -雪ミクぬいぐるみ いちご白無垢ver.-
です。
トップページのオフィシャルツアー横のバナーもまだ「coming soon!」です。でももうファミマしかないでしょう。去年もぬいぐるみはファミマの販売だったし。ととっても期待しています。
そうなるとファミマでも販売されるグッズ、いや恐らく食物系でしょう、ルカさんの生ワイン再販や、メイコさんのカップ酒もあればいいな。

SNOW MIKU 2013

2013年1月28日 (月)

「ちとせげっちゅ!!」9巻、みさきのパパっ子度が極まっていた

「ちとせげっちゅ!!」9巻です。アニメ化したのですが、本屋さんでの扱いはあまり変わっていない、残念。
カバー外した本体表紙のテーマは今回忍者。裏表紙の麻子先生がくノ一で素敵なんですが、あいかわらずイラスト小さいので残念。

本編では、いつものネタを展開しているようで、キャラまんべんなく出番があって同じネタ続きもなく、飽きずに楽しく読めた。でも最初に去年(2012年)のお正月ネタがあって、最後にもう今年のお正月ネタがあるなんて・・・1年に一冊ペースだった? でも、敢えて両方のお正月ネタが載っているとの考え方もある。つまり、前回のネタを踏まえてのネタがちゃんと仕込まれていましたから。

それにしてもみさきのパパっ子度が極まっていますね。これまで恥ずかしがるかわいいところを見せてなるべくパパっ子であることを隠していた彼女だったのですが、今巻では開き直っています。むしろ周りをパパっ子にさせようとする勢いすらあるアグレッシブな子に変わっていた。
おかげでちとせや雛子の暴走も抑え気味でこの3人でうまくネタが廻っていく世界に・・・。よかったというべきか、みさきが他二人の既に極まっていたキャラに追いついたと見るべきか。

そんな三人がけん制(?)している中、着々と柏原さんを攻略したい麻子先生ですが、全然ダメ。それよりも猫とじゃれ合う話でのおうちでのラフなポニーテール姿がかわいい。これを柏原さんに見せればいちころだと思う。

最後に楽しみな「あさこげっちゅ!!」、しのぶも遂に麻子の胸の良さに気付いてしまう百合的展開を感じた! いいところで終わってしまいましたね、もっと話数を増やしてほしいです。

ちとせげっちゅ!! (9) 【通常版】 (バンブーコミックス)
ちとせげっちゅ!! (9) 【通常版】

なお、特装版も出ています。表紙も違いますし、ついてくるアニメは「あさこげっちゅ!!」なのですが本編アニメを見た限りどういうものかわからないので様子見です。(・・・というか本屋さんに限定版なかったので取り敢えず通常版を買ってしまった私でした)

ちとせげっちゅ!! (9)【特装版】 (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)
ちとせげっちゅ!! (9)【特装版】

2013年1月27日 (日)

「たまこまーけっと」ぷち聖地巡礼してきた

「たまこまーけっと」始まっていますが、出町の商店街ですね、モデルが。
そして京都府文化博物館ではちょっとした実寸大の「たまや」が展示されています。2013/03/10に映画けいおん!の上映もあるので様子身がてら出町と一緒に行ってきました。

が、時間がない、ていうかこの時期に休日出勤で忙しいので出町は商店街というか「たまや」のお餅モデルの「出町ふたば」に行ってきただけ。
京都府文化博物館も展示を見てきたくらいなんですが、忙しいから逆にこういったことしたくなるのですよ。

そして、やっぱり豆餅を買わないと始まらない! 甘さ控えめでおいしかったです。豆が白いのもあって、節分の時期限定の金時餡の豆餅でした。

お知らせ | 京都文化博物館

はあ、やっぱ商店街の中が魅力的だったけど時間がなくって行けなかったのが残念。ま、近くだし休みができたら行こう。

「ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」コミックス第2巻、獣人系メイドがいい感じ、そしてボーゼスさんがいろいろゴージャス

「ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」コミックス第2巻、発売されました。

今巻の見どころはやっぱり自衛隊の絢爛たる攻撃です。この圧倒的な攻撃の様がいかに描かれるか、そしてそれに圧倒されるピニャさんがいかに焦燥するか、がポイントです。
うん、戦闘はやっぱりすごかった、それまでの昔ながらの特地の人々たちの泥臭くてエグい戦闘の後ですから、すかっとします。でも、どっちかというと作者はその泥臭い方を描くのが好きな人だからなぁ・・・実はそっちの描写の方がすごかったり。
そしてロゥリィさんと栗林さんも圧巻の戦いでした。そんでもってロゥリィさんが戦いの気に当てられてぞくぞくしている様もまた、やばく描かれていてよかったです。

また、やっと登場した獣人メイドたち、猫娘のペルシアが想像以上に猫、そしてメデューサ娘のアウレアが予想以上にかわいい。なお、兎娘のマミーナは思った通りだ。

最後にピニャさん配下の金髪縦ロールのボーゼスさん、やっちゃいました。まさかの和平案締結後に伊丹をいたぶりまくった・・・。そのバツとして彼を籠絡する役目を帯びてのネグリジェ姿が艶っぽく決まっていましたが、悲しいオチになってますます苦境に・・・。

早く次のコミックが読みたいですね。小説読んで、Web判のコミック読んで、そしてコミック単行本買ってと3回もおいしいこの作品。いやー、いい作品は何度も楽しめます。

ゲート 2―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)
ゲート 2―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり

また、本屋さんでこのコミックの隣には文庫版があるではないですか! しかもイラストレーターが変わっています。
お、イラストもありますが、文庫は結構変わっていますね。ただ、イラストがあるからと言ってそれだけでは買わないし、今後も外伝出ると思いますが当然最初の単行本で買います。ということで、非常に気になりますが文庫は内容の書き換えがあったとか知れたり、Web掲載時の辛口なバージョンも載っているとかだったら是非とも読みたいので情報はチェックしておきます。

ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈上〉 (アルファポリス文庫)
ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈上〉

ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈下〉 (アルファポリス文庫)
ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈下〉

2013年1月26日 (土)

『南Q阿伝』×『怪物王女』同時発売記念の全プレクリアファイル、到着

『南Q阿伝』×『怪物王女』同時発売記念の全プレクリアファイルが届きました。はい、完全に応募したこと忘れていました。

?だったクリアファイルのキャラは主要キャラ集合絵かなと思っていたのですが、ケルベロッテちゃんでした。ああそういやいた・・・。

なお、4月にはそれぞれ新刊が出るとの告知も入っていました。
ただ、2013/01/26現在Amazonにはラインナップはないですね。

そろそろクライマックスな怪物王女はいいとして、怪物王女終わるとスピンオフの南Q阿伝は大丈夫だろうか? なんかスピンオフを同時に連載していると本編が終わったらスピンオフが出なくなったりするから。
とはいえ、南Q阿伝はなんか大丈夫な感じがする。

怪物王女(19) (シリウスKC)怪物王女(19)

南Q阿伝(1) (シリウスKC)南Q阿伝(1)

「雪ミク2013」、グッズ情報一気に出てきました。やっぱりラバーストラップがあった

「雪ミク2013」、グッズ情報一気に出てきました。

しかも雪まつりの準公式グッズとして大通公園内の売店で売られる4種のグッズがほしくてたまりません。そう、やっぱりあったラバーストラップ。これは使うのと保存用と予備とで3つは欲しいし、クリアファイルやポストカードも外せません。メモ帳は若干どうするか悩みますが、見たら買うし。

SNOW MIKU 2013

ただ、発売が2013/02/04から始まってしまう上に限定数あり。品切れの予感がひしひしとするラバーストラップやクリアファイルは5000個ずつです。各日の販売上限を決めておいてもらわないと後半の一番混み合う9,10,11に残っていないことも考えられる。はあ、公式ツアー申し込んだけど、前回と違って雪ミクねんどろいど以外のグッズ購入権がないのが悲しい。せめて前回のようにラバーストラップとクリアファイルをつけておいてほしかった。

他にもミクパグッズも公式、コラボともに画像入りで紹介されました。こっちはあまり買う予定がないのですが、買うなら
初音ミク ライブパーティー 2013 in Sapporo 「ミクパ♪」 コラボグッズ コスパ ミクパ2013ストラップ
かな。

また、ちらっと
【SNOW MIKU 2013】新千歳空港の時刻表の表紙が・・・!? - ピアプロブログ
で紹介された新千歳空港での販売グッズがどれもこれもまたお手軽に買ってしまいそう・・・。うん、北の大地に着いてテンション高いまま全種買う自分が見える・・・。
パスポートケース、ピンズ、ステッカー、さらには北見ハッカとのコラボのメンタブ、札幌タイムズスクエアとのコラボのなにか・・・(お菓子屋さんだし、雪ミク2013はお菓子をイメージしてというテーマだったから絶対にデザインの見た目に近いもの、「札幌タイムズスクエア」系のものか「雪太郎」系か)。
商品案内:食品|株式会社北見ハッカ通商
札幌タイムズスクエアの菓か舎へようこそ

さあ買う予定リストや行動予定をどんどんと更新して準備万端にしておかないと。

2013年1月25日 (金)

「映画けいおん!」A3サイズ3Dポスター「Thank You!」が届いた

先だってのTBSishopでの澪誕生日のグッズ販売で購入したもののうち、まずは
TBSishop|【TBS限定・限定生産500枚】映画「けいおん!」/A3サイズ3Dポスター「Thank You!」(特製専用ショッパー&HTTロゴチャーム付き) | 商品詳細 - TBS通販・オンラインショッピングサイト
が届きました。

おお、こんなに3Dになるんですね。ちょいとくらくらしますが限定500だったしとっても嬉しい。また、専用というだけあって特製専用ショッパーにぴったり収ります。丸めずに平べったいまま送ってきたのも嬉しいです。

あとは、
TBSishop|映画「けいおん!」/マルチタペストリーのれん/唯&澪 | 商品詳細 - TBS通販・オンラインショッピングサイト
が届くと同時に「特製プレミアムメタルカード」も同梱されてきますので、これにシリアルNoが入るかどうかも気になるところ。

あ、また2013/03/10に京都府文化博物館で「映画けいおん!」上映が行われますね。
フィルムシアター | 京都府京都文化博物館
近所よく通るのでこれは行ってみたい。とはいえ、席が少ないので厳しいか。

ま、それはそれとして「たまこまーけっと」の「たまや」展示もしている(ただし2013/02/11まで予定、延びるかもしれないらしいけど)し、
お知らせ | 京都文化博物館
早めに一度チェックしておかないと。

2013年1月24日 (木)

「COMIC (コミック) リュウ 2013年3月号」、新連載の「放課後!ダンジョン高校」が楽しそう

「COMIC (コミック) リュウ 2013年3月号」、新連載2つ始まっています。

そのうち、「放課後!ダンジョン高校」がとってもいい雰囲気、ヒロインのシオが片足義足ということで目を引きます。巻頭はカラーで水着(ただし妄想)で始まっていますのでいきなり重くなってどうなることかと思いましたが、基本はにぎやかで明るい雰囲気で進む不思議空間なゲンゴロウ島。
そして身体が不自由そうに見えてものすごいポテンシャルを秘めたシオの活躍も見られたし、主人公もなにげに男らしいいい奴だしで、ジュブナイルな楽しい作品です。

「モンスター娘のいる日常」、いつもの娘たちがいないー。けど今回のモンスター娘たちもすごい。というかこっちの娘たちの方が仕事で自分の能力をきっちり使って活躍しているので、見ていてすっきりした。ああ、なんかハーレム話でなくってもよかったと気付くのです。

「アリスと蔵六」、休載。

「セントールの悩み」、今回は彼女達の進路についての悩み。世界観が少しずつわかっていますが、少し前までは種族による差別があった模様です。まあ毎回ぴりぴりとそう言った話が聞かれるので最近なぜか急に平等社会になったこの世界。このあたりの事情を聞きたいけど、まあそんな本筋じゃないことは描かれないか。

「ねこむすめ道草日記」、叶話の続き。というか彼女の友達の星野さんの話です。
久々に登場の七人ミサキ、彼らと会うことは人間にとっては死に至ることなのです。が、ラジオのリスナー仲間として是非ともコンタクトを取りたいという星野さん。叶や黒菜たちの監視とフォローでなんとかうまく甘酒を渡せたのですが、まあやばかった。絵的にも全然恐くない展開だった今回なのに、星野さんに見えた死の影。
黒菜に任せるとちょっと恐ろしい。
ただ、人間と妖怪が強力してフォローしあうのはなかなか楽しい展開でした。

「ちゃんと描いてますからっ!」、早くも強力しあおうにも意見の相違でぶつかり合うことになった歩未と先輩。まあわかってはいたけれども、歩未のほうがキャリア長いし、ここはがつんと言って先輩引っ張っていかないといけないか。
でも、これはこれでやっぱりダメでした。てのも星里作品らしくていいんだけど。

月刊COMICリュウ

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 03月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 03月号

2013年1月23日 (水)

「カブのイサキ」6巻、完結。世界の謎、シロさんの謎、そして最後の謎

「カブのイサキ」6巻、完結巻です。

イサキが富士山へ行った道中が盛り上がりましたので、今巻はいつも以上にまったりこの広大に広がった世界を堪能する話が多かった。うん、ヨコハマ買い出し紀行みたいでなんかほっとした。

だから最後の方でシロさんが思わせぶりにイサキを不思議な空間に連れて行ったり謎な問いかけをしたり、え、このなんだか知らないけど10倍に広がった世界の謎が解かれるの? なんて思わせぶりな展開にどきどきしました。シロさんがイサキを近くに寄せて言う「45秒後待ってる」が実は恐かった。
よくある気がつけば交通事故なんかの直前に一気に見た夢の世界がこの物語だった、とかで気がついたら事故まで45秒とかだったらどうしよう、なんて。
・・・でもま、謎はよくわからないまま終わった。それはそれでよかったけど、あれ? イサキってこの世界の住人じゃなかったの?

どっちかというとそんなことはどうでもよくって、まったり空中散歩を見せてくれるだけでといのですけど。

最後でイサキがカブ=バイクである世界に戻ってきている。正直、カブ=飛行機の世界が気持ちよかったので現実に戻されたようでショックです。
とは言え、イサキがしっかり進むことでまた、そっちの世界に行ける未来があるんじゃないかと、そう淡い期待を抱いています。

多分45秒後って、こっちの世界ではもっともっと長い時間なんでしょう。45秒後の後日譚が読みたい。

カブのイサキ(6) (アフタヌーンKC)
カブのイサキ(6)

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード