コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 「JコミFANディング」、とっても期待しております。がぁさんの作品、買いたい・・・けど激戦だろうな | メイン | 「JコミFANディング - がぁさん作品×8本PDFセット」、予約完了、支援できました! »

2012年9月15日 (土)

「パンプキン・シザーズ」16巻、カウプランの闇が明かされた・・・ランデルさんやばい

「パンプキン・シザーズ」16巻、いよいよカウプランという謎の重要人物についていろいろと明かされました。
連載だと辛気くさくなってしまう説明を新規書き下ろしも交えて大量に入れています。これでよくわかりました。
特に、ランデルさんの901ATTという兵器だか人体実験だかわからない研究の意味。メモ帳の落書き程度の実験にすぎないとは言え、カウプランが目指していた狂気をよく現している研究でした。

・・・これはランデル・オーランド、あなたはやばい状況だ。そんな脳内までいじられて殺人欲求を強いられている彼がいつしか殺人鬼になるかもしれないなんて、なんて悲しい。しかも現カウプランなミュゼさんの観察だとランデルさんはランタン点けることで起こるその殺人要望を、わかっていて、むしろ望んでランタンのせいにしているらしいし・・・。
とはいえ、これまでの経緯だとどうしても救いたい状況で仕方なくやったこと。スプリューウェルも彼を救ってくれたし、弱小マスコミとは言え味方が増えるのは3課にとっても心強い。

しっかしカウプランという超人はどうしてそこまで天才なのでしょうね。この世界の科学技術だとまだ19世紀末程度のレベルですが、どう見ても100年先いっています。だからミュゼさんに施した術によって彼女の中に生きるカウプランって、最初彼女の妄想だと思っていたけど・・・もしかして多少はなにか本当にカウプランその人が入っているのかも。
他にも合同会議側での盛り上がりや電信を用いた戦場の俯瞰などカウプランが絡んでいることが多い多い。こんな重要な位置づけだとは思わなかった。

また、ステッキンさんの特殊能力が華開いています。統合見解者ですか・・・、彼女の能力がいかに生きるか楽しみですが、難しい説明がまた次巻であるのか?
さらに他の3課の面々、オレルドもケルビム中佐に啖呵切って認めさせるし、将来的に3課のリーダー予定。かっこよかったけど彼の今回の作戦名「オレルド准尉のおかげで・・・」はそのまま採用になるのでしょうか・・・。なーんか、なってしまう未来が見えそう・・・。

さて、最後にアリス少尉、出番が・・・最後の最後。実用性と見た目の華やかさも備えた鎧「白薔薇」を纏って遂に出陣です、くー、あの儀礼用の長髪のカツラもきっちりあって、お祭り部隊として敢えて派手に行く予定なんですね。凛々しくってそして覚悟が決まっています。

Pumpkin Scissors(16) (KCデラックス)
Pumpkin Scissors(16)

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード