コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 「イレブンソウル」13巻、たけちーが変わった、よくも悪くも頼もしいけどやっぱ恐い | メイン | 「初音ミク×Happyくじ」、F賞引いたらなかったので後日発送となった »

2012年8月21日 (火)

「凍牌~人柱篇~」3巻、Kの両親のくずっぷりがまあ後味悪い、が、Kは強くなった

「凍牌~人柱篇~」3巻、遂にはK自身が吊らされることで衝撃の展開だった2巻、タイムリミットライムリミットとうるさくせかされつつ、高津の判断はやはり非情。

でもそんな高津のドライな様よりもKの両親のくずっぷりがこの巻でもまだまだわかって、つらかった。だけどKがどうしてそこまで非情に彼らを切っていったのかも、わかって少し救われた。
問題はひたすらKが守ろうとしていた優。最終的に二人して入院したけど結局後遺症も残るK、そして精神にきてしまった優。なんか今巻は麻雀がどうだとかイカサマの答え合わせがどうだとかよりも、Kの自らの命まで賭けて戦う様にすべてもっていかれた。結果、勝ったには勝ったけど代償が大きいなぁ。

そんな重くて後味の悪かった前半に引き続き、後半は次の展開。堂嶋さんがようやく元気になって復帰です。いつもの波に乗る戦い方を見せてくれると同時に、小気味よい啖呵の数々で元気づけてくれます。
うん、もう「牌王伝説 ライオン 3 (バンブーコミックス)牌王伝説 ライオン 3」の方でしかこんな様を見せてくれないかと思っていたので、100時間麻雀話とかも織り交ぜて両作品読んでいる読者には楽しい展開でした。

そして病み上がりのKまであっさり登場、堂嶋さんが場をあっためすぎてレートが異常なことになったところでKに引き継ぐ模様です。凍りのKがこの熱い場にどんな反応を見せてくれるのか、楽しみ。

人柱編の人柱は結局Kのことでもう彼には立ち止まることも出来ずに突き進むのみのようですが、その分、前作のような気弱い描写もなくなって恐ろしいまでに冷えた彼の瞳が、いいです。

凍牌~人柱篇~ 3 (ヤングチャンピオンコミックス)
凍牌~人柱篇~ 3

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード