コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 明日は情報処理技術者試験、とっとと寝ます | メイン | コミックフラッパー2012年5月号、裏表紙の久留里が高校生! »

2012年4月15日 (日)

平成24年度春期情報処理技術者試験、プロジェクトマネージャ試験を受験してきました

平成24年度春期情報処理技術者試験、本日開催、無事なんとか受験してきました。受けてきた方、お疲れさまです。
私はプロジェクトマネージャ試験を昨年に引き続き2度目の受験、場所は京都大学の吉田キャンパス。

ただ、このところ3月からずっと休むことなく仕事が厳しい状況。昨日も休日出勤だし、勉強している暇がなかった・・・はい、いいわけ。でも、必死になんとか受けてきました。せめて前回よりも進んでほしい、前回は午後1で華麗に散っています。だから、せめて論文の評価を見たい。

今回も午前1は免除、午前2からの受験でゆっくりと会場入り。出町柳駅付近はもう桜が満開で春の行楽シーズンまっただ中。うーん、ま、春の試験はこんな感じが好きと言えば好き。例年だと桜も散り終えた時期になることが多かったので今年はなんか嬉しい。
でも、京大の売店、今回は日曜にお店が開いていなかった・・・。あてにしていたので慌てて開始30分前に会場入りしたのに、また東大路まで戻ってコンビニでお昼のパンを買ってきた。幸先が良くない・・・。

午前2、やっぱり勉強していないので全然知らない知識を問う問題がある。しかも計算問題もあるけどなにか釈然としない、半分くらいしかわかっていない感じで60%の正解を取れるかどうかといった実感。うーん、もう終わったのか?

午後1、やっぱり4問から2問選択は厳しい。わかりやすそうなものを選ぶべきだけど、回答中にだんだんと正体が見えてくるから間違ったら違う問題に替えるかどうかの逡巡が発生します。幸い、今回は見た瞬間に切った第4問、これは組み込み系だからその手の業務やっていない。PMだから関係なさそうだけど細かいところで理解不能なことがありそうだし。
よって残りから2問選択。問3はEVMでこれはPMPのPMBOKで散々やったから選ぶとして、後は外部設計の問1か、プロジェクト立て直しの問2か。
外部設計かな? と思ったものの、問2の立て直しのストーリーがあまりに切なくってこっちにした。はい、だって最初の若手の有望なPMが要件定義に手こずって体調不良になって退場、その後をベテランのPMが立て直すというもの。ちなみに退場後の若手PMがどうなったかは全く触れられていない・・・。
はあ、私も体調不良で退場したいなぁ今のリアルな仕事。
などと思って回答、うーん、これまたできたという実感がない。回答欄を埋めはしたけど、一般的なことばかり書きすぎてもっと問題内容よりにできないものかと思いつつもうまく言葉にならなかった。
はい、またもここらで終わりそうな予感。

午後2、論文はまだまだだと思うけど、昨年の学習経験を活かして必死に記入。ここのところ書く量だけはしっかり書ける。選択は問1、要件定義のマネジメント。ひらすら設問通りに章立てて回答。アで800、イで1000、ウも1000としっかり書きまくってまだ時間があった。なんだかイを書いている途中に盛り上がってしまって1600まで書いてしまいたいと思ったくらい。まあ、変なPM物語を書いてもしかたないので収拾を付けて回答終了。
なんだか、妙に手応えはばっちり。だけどこれまで論文で手応えばっちりの時は午後1で落ちていますけど・・・。

その後は出町柳で行きにちらしもらった「つけ麺マン」で濃厚つけ麺を食べました。うん、またいつか食べに来よう。京大で試験の帰りはここだ、なんて決めてしまうくらい、私好みの魚介系こってりつけ麺だった・・・。

さて、帰ってくると公式の解答例が午前に関しては出ていました。早速どきどきしながら採点。う・・・最初の十問で早くも半分くらい間違えている。こりゃあ午前で終了? いや、いやいやいや、なんとか残りは持ち直して最終的に19/25、正答率76%というまずまずというかこれまでと大して変わらない正答率です。やっぱりPMPのPDU取得で多少なりともPMに関する勉強していたからかな。
さああとは午後の結果次第だ。

ということで秋はシステムアーキテクトをまたまた受験、そろそろこっちもなんとかしたいです。

情報処理推進機構:情報処理技術者試験

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード