コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 「外天楼」、石黒的推理もの、明るくってギャグっぽいのにちょっとほの暗いところがいいです | メイン | 「三代目は梅くくり!」2巻、安津刑事がかわいいけどそのツインテールはどうよ、と思いつつギャップもえです »

2011年10月25日 (火)

「主将!!地院家若美」11巻、最終巻、まさかのシリアス展開・・・

「主将!!地院家若美」11巻、最終巻です。
いつもどおりに若美が超人的な変態さん、そしてそれにめげずになぜか(というか退部させてもらえないから仕方なく)ついて行く部員たちとの熱いギャグがおもしろかったこの作品も最終巻。
ずっとずっと意味深に語られた若美と老醜の天地合、当然ですが最終巻、これがどういったもので本当にどちらかが死んでしまうのか、それとも起死回生の展開でもあるのか、いやいやギャグでうやむやに?

でもまずは白人の物語をまとめに入りました。なぜにそこまで若美にべったり、だけどどこか一歩引いて醒めているのか、さらには若美クラスの実力を秘めた彼の生い立ちにまで、しっかりと語られました。でも、どちらかというと全然浮いた話がなかったキャラだったので久美とのいい話も期待したのですが、セリア先生・・・いいところで心を読んで邪魔しないでくださいよ。

でも、これで白人の覚悟もわかり、こうなるとますます気になる天地合、どう見ても悪い方向にしかいかない。ただ常々若美も諦観めいた瞳をしていました。若美、負けるつもりなんだろうけど、果たしてそれでいいのか。やっぱり彼が鍛えた若鳥や美柑が助けるのか、ただ老醜や老骸って強いどころじゃないし、うーん、結末が見えない。
・・・だけどいざ天地合では老醜までもが負けるつもりだったこともわかり、この作品で胸がここまで熱くなる展開があったなんて。

というシリアスもあった。・・・うん、あった。最後は気付けばいつもの終わりだった・・・。でもここまでこの日常が戻って嬉しいとは思わなかったです。
できればもうちょっと最後の最後で活躍できなかった若鳥くんにスポットを・・・。

主将!!地院家若美(11)<完> (少年マガジンコミックス)
主将!!地院家若美(11)<完>

いや、いつもどおりカーリヤさんがエロかったし、いいか。ということで次回作もこんな調子でお願いします。

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード