コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

2011年5月の36件の記事

2011年5月31日 (火)

マクドナルドLLセットのキャンペーン、第2弾の色になっていたけど今回も同じ色が続いています

マクドナルド、LLセットでCokeグラスがもらえるキャンペーン、いつの間にか第2弾の色に変わっていました。
早速購入、昨日、今日・・・あれ、またも今回も同じ色。クリア2回続き・・・。明日も頑張るけど、2度あることは3度ある。第1弾の時もそうだったし・・・。

もらえるCoke® glass | メニュー情報 | McDonald's Japan

「強制ヒーロー」2巻、ライバルヒーローも出てきたものの、どろどろしすぎ

「強制ヒーロー」2巻、民間人を強制的に警察業務につかせて警察業務を軽減させることを目的とした(?)懲生令が施行され、警察+司法(犯人捕まえたらその場で多数決で有罪無罪を決定)までも兼ねた大変な仕事をしている青田さん始め5人のヒーロー。

その正義の執行の様が1巻から引き続きぐだぐだのどろどろで描かれています。そう、全然ヒーローじゃない。ヒーロースーツを着ることでちょっと強くしてもらっていますけど、いかしきれていない。

今巻でも正義とは何か、犯人が悪で被害者が正なのか。そもそも被害者のほうが悪人じゃないの? なんて考えさせられる味わい深い・・・というかまあ辛気くさい話が多かったです。ああ、すっきりしなさすぎる、いかにもな5人でのヒーローものをすかっと見せてほしい。

そもそもこの民間人ヒーロー5人を統括する本間さん、やる気がないけど時々Sでやっかいな案件ばかりを引っ張ってきます。ただ、これも実は思惑があったのこと、今巻後半で遂にライバルヒーロー登場! ・・・隣の警察署でも青田さんたちと同様にテストチームがいたのです。そちらのやり口は正義というにはおこがましい犯罪を誘って捕まえるという手口で検挙数を上げるというもの。
これは正義の名の下に悪を行う、いかにもな偽ヒーローです。遂に青田さんたちのヒーローがすかっと大暴れして偽ヒーローを成敗するか! ・・・なんて期待したのですが、まあ世知辛い世の中です。ああ、今巻もなんかすかっとしない、正義ってなんだ!
とまあ悩まされますが、取り敢えず次の巻が気になることも確か。だけどそろそろもうちょっと色気ある話をしてほしい、ホスト狂いのピンクだとかは幻滅だった・・・。

おまけまんがで描かれる「ジ・アーミレンジャー」のブルーのチキンな戦い方、このチキンな戦い方ですらちゃんと悪を成敗しているというのに・・・。しかも、実はおまけが一番すかっとオチついておもしろいってのも・・・。

強制ヒーロー 2

「とめはねっ! 鈴里高校書道部」8巻、癖の強い新入生女子2名追加でますます大江くんの肩身が狭い

「とめはねっ! 鈴里高校書道部」8巻、かなの書編がひと段落つきます。そして年度が進み、昨年のように書道部のパフォーマンスと待望の新入生が入ってきます。

かなの書編では大江君がおばあちゃんの血かどうかわかりませんが、一気に化けました。
素人じゃない何十人かいる大学の書道コースを目指す高校生たちの中で、上位5人の中に入ってきました。ま、部長の双子の姉のよしみさんを差し置いての4位、本人もみんなも驚きますが、やっぱりいつも一方的にライバル視するヒロイン望月さんの顔面蒼白で白目むく様が怖かった。コマの端で横顔だけだというのにものすごい存在感。大江君が頑張れば頑張るほど、望月さんからのライバル視線は強くなるのです。
でも、だからこの強く強く引っ張られる思いは一気にコロッと裏返る時がきますので、それまでの辛抱ですよ大江君。

また、お高くとまって鼻持ちならない高飛車な京都の大槻さんですが、望月さんに一条君が来ていることを律儀に教えようと奔走してくれました。部長のひろみさんもライバルというにはかなり差があるものの、大槻さんとさわやかな競争関係を築けてよかった。これがよしみさんだとなんかとってもえげつないことを言い合いそうだけど。最後は丸く収まったので今度の登場が楽しみです。

そして望月さんの幼馴染の一条君、彼もまた望月さんを狙って虎視眈眈ですがやっぱりここでもピースが邪魔に入ってきます。大江君以外を認めないピースの思いはなにかきっかけがあるのか? いや、たぶん最後の最後でなぜピースが大江君を認めたかの予想外の種明かしがあるものと信じて、ピースを応援しよう? でも、望月さんはピースが入ってこなくてもきっとひたすら一条君もライバル視し続けると思うんだけどなぁ・・・。

後半は年度が進み、望月さんと大江君の息のあったパフォーマンス書道、大江君を望月さんが投げてそのまま大江君を筆にして書く!(言葉にすると恐ろしいが見ていてもやっぱ恐ろしい書です)いや息があっているというよりかは、望月さんは心配顔しつつもやっぱり問答無用、そして大江君はひたすら辛抱強い。このコンビでないと無理だからこその偉業です。
とは言え、このパフォーマンスはあまり新入部員の獲得には関係なかった・・・。

入ってきたのはふたり。ひとりは望月さんを慕って柔道部に入り、そして書道部にも入ってきた天才肌の羽生さんがちょっとちっこくって元気でかわいい。どことなく望月さんを喰ってしまいそうなキャラです。もしかして作中で柔道では日本一になってしまうかも、な匂いがします。
もうひとりの島さんは前衛書の人です。さあ難しい書の講座が始まります。・・・そういえば私も高校時代の芸術選択での書道の先生は前衛書の人だった・・・1年間ずっと私「山」だけ書き続けて単位もらったりした。ということで案外簡単でおもしろい前衛書だと思うのですが、これから島さん以外にだれか手を出すのでしょうか?

なお、この新入生二人とも妙に大江君に突っかかってきたりと相変わらず災難な彼です。その上ここにきて望月さんもいつの間にか書道の腕がすごく上達していたこともわかり、うかうかしていられません。もう、蕎麦屋のメニュー書いている場合じゃ・・・あ、宮田さんとはその後どうなっているんでしょ? それは次巻、かな。宮田さん出てきての望月さんの反応がどうなっているのか、楽しみ楽しみ。

とめはねっ! 鈴里高校書道部 8

2011年5月29日 (日)

「セレスティアルクローズ」2巻、グン姉さんが凛々しくかっこいい

「セレスティアルクローズ」2巻、北欧神話をモチーフにしたファンタジーです。
塩野作品としてはこちらはシリアス系・・・いや、いつもの「ブロッケンブラッド7 (ヤングキングコミックス)ブロッケンブラッド7」シリーズと較べたらどれもシリアス。
だからひたすらシリアスじゃなく、時々シリアスで主に・・・ギャグ、気楽に読めます。
と言うものの北欧神話で戦乙女達がメインの作品です、やっぱり死者の魂を集める彼女たちが集結する旺宿の街は不穏なざわめきを見せています。

今作の特徴である戦乙女の鎧や武器になる役目を果たすこの旺宿の人々、町の成立の起源である神話の影響でみんな武道に熱心ですのでなにかあると、さらっと凛々しい姿に身なりを整えるのも魅力です。優しい眼鏡の神城先生も薙刀使いですので、普段とは打って変わって袴姿が凛々しいんです。さ、となると戦乙女が彼女を狙う?
そう、主人公の優とラーズグリーズのコンビ以外に、アルヴィトと四ノ宮先生というコンビがこれまで登場しています。今巻ではほんわか優しいグン姉さんが神城先生とコンビ結成(一時的かもだけど)です。当然武器は薙刀風、鎧はいつもの骸骨風ですが、とにかくグン姉さんも雰囲気ががらっと変わって大人なかっこよさを見せました。

だから1巻から目立っている剣術の家系の神戸くんや、今巻神戸くんに「恥ずかしい、人として」とかひたすら言い放つ柔術の神林このはさん、この二人が早く戦乙女と組んで鎧に武器になるのが楽しみです。でもこのはさん、柔術だから武器っぽいものはなしでしょうか。案外戦斧とかのごっつい鈍器系かなぁ・・・。

セレスティアルクローズ(2) (シリウスコミックス)
セレスティアルクローズ(2)

2011年5月28日 (土)

「ハルとナツ」2巻、真面目だった春菜こそ、かなり高度な変態さんだったのです

「ハルとナツ」2巻です。
今巻は裏表紙で「オビを外してパンツを見よう!」キャンペーンが繰り広げられています。夏実の縞パンが最高! ・・・とかブログで叫ぶキャンペーンです。みなさん叫びましょう。なお、本編は春菜のほうが大活躍です。

今巻では清楚で真面目だった春菜が読み進むにつれどんどんと変態に・・・いや、その本性が暴かれてきました。
だからもちろん今巻は春菜の巻でした。1巻ではヤンデレ的素養を見せていたもののエッチなことは非常に毛嫌いしていた彼女でした。が、今巻では木村君のパンツの匂いを嗅ぎ、そして履く行為を夏実に見つかってしまってから、あれよあれよと欲望に忠実になる彼女。真っ赤に恥ずかしがりながらも木村君にきっぱりパンツ交換(!)を求めてくる春菜にくらくらしてしまいました。

また春菜のコスプレ(?)も豊富、今巻は妙に体操着というかブルマ着ている春菜のシーンが多め、特にうちでの体操着着ての体育の勉強って勉強じゃない・・・その後レオタードに変更してのストレッチ、他にはミニチャイナ着ての料理、柔道着もあったか・・・。うーん、巻頭カラーでレオタード姿が披露されていたのでもっとレオタードネタがあるかと思ったけどすぐ破けていたのがちょっと不満です。
それと夏実は巻頭カラーでチアリーダーの衣装だったけど、本編ではなかったのも残念。

そんな衣装にこだわる(・・・夏実がこだわって着せているだけか)春菜ですが、木村くんの体操着が欲しいとか、もっこりを見るために段ボールに入ってスネークするとか、三人野球拳ではひたすら木村君の服を狙ってくるとか・・・いつの間にか随分と高度な変態になってきましたよ。ただ、いちいち恥ずかしがる仕草がかわいいので、なんか許してしまいます。

ハルとナツ 2 (ジェッツコミックス)
ハルとナツ 2

2011年5月27日 (金)

「ブロッケンブラッド」第7シーズン、AKW47の今後に期待だ!

「ブロッケンブラッド」第7シーズンです。そう言えば、7巻じゃあないんですよね・・・。
とにかく、いつしか確立したカッシュマッシュの3人組の表紙が今巻もあでやかです。

このところ落ち着いてきたKGB48の出番も減り、今巻はSND10(サナダ10遊士)、AKW47(アコウ47)、将軍シリーズといい時代劇ネタはお手の物なんでしょうか? 細かいネタの取ってきかたといい、使いどころといい、この作品のために時代劇に詳しくならねばと思うのです。でもSND10は読んでいるこっちまで恥ずかしかった・・・。
でも、AKW47はグループ内ユニット「松の廊下斬りかかり隊」「江戸☆急進派」とかもなかなかくすっときますし(きちゃいかんか・・・)、着流し風セーラー服(?)もかわいいので今後ももうちょっと絡んできて欲しいです。いや、もう桜子達も移籍しちゃえば?

なお、今巻では遂に明日香も鼻血キャラどころか目からビームキャラになりました。さすか血族、でもよく見てみればどこから怪光線が発しているかは不明です。恐らく、よくて口、結局やっぱり案の定鼻からの発射の予想をここに置いておきます・・・。

さて、今巻と同時発売の「セレスティアルクローズ(2) (シリウスコミックス)セレスティアルクローズ(2)」とのコラボ企画の塩野干支郎次祭り2011、うーん、いつしかコラボ相手が変わってしまった。いつかは3作でのお祭りも期待します。

ブロッケンブラッド7 (ヤングキングコミックス)
ブロッケンブラッド7

2011年5月26日 (木)

森永製菓「ドーリードッツ<濃厚レアチーズケーキ味>」、おいしいし安いし食いでがあるのでお気に入りです

森永製菓「ドーリードッツ<濃厚レアチーズケーキ味>」、新発売です。

濃厚レアチーズケーキのアイス、以前からもスティック状のチーズケーキは大好きですが、果たしてこれはどうか。

早速買ってきて食べようとすると、小わけできるように6個に分かれています。いちいちそれを外して食べるのですが、この際からもう濃厚さが手に伝わってきます。そして口に入れるともうアイスとは思えません、よく冷えたレアチーズケーキ、のまんまです。ああ、これは一緒にホットコーヒーを飲むと合いそうです。

1個は小さいですがこってりしていますし、手間かけて開けるので食べ甲斐があります。食べ終わった後の満足感がいいですねぇ。カロリーも23Kカロリー×6個ですのでこのこってり濃厚感のわりには低カロリーです。

じっくり今年はこれを食べ続けたいです。

ドーリードッツ<濃厚レアチーズケーキ味>│新商品情報詳細|森永製菓

2011年5月25日 (水)

「日常」6巻オリジナルアニメDVD付き限定版、アニメは本調子前? だけどコミック本編は絶好調

「日常」6巻オリジナルアニメDVD付き限定版、ようやく読みました。
限定版のDVDだけはとっとと見ていたのですが、これがなんというかまあ微妙だった。でもTV放送中のものはおもしろい・・・見返すとまた変わるのか、とか思いつつようやくコミックを読む。

だんだんキャラが増えてきた、というのが第一印象。そして誰だっけ? な感じで読むもののやっぱりどのキャラも日常のキャラなのでその特徴的な癖でああ、このキャラは! と思い出すのを繰り返しています。
しかし、放送中のアニメのほうの印象で、これまでうざかったはかせがかわいい? いや、やっぱコミックのはかせはうざいキャラだ・・・。でもうざかわくらいにはなったかも。
だからやっぱりもうちょっと出番を多くして、今回の麻衣との絡みのような東雲研究所キャラとそれ以外のところのキャラの不思議なコラボを見てみたいです。

でも、フェイ王国編・・・いかに絡ませるか・・・。いや、絡んでほしいわけでもないけど、フェイ王国編はあっさり死ぬのではかせやなのの秘密兵器の真の威力がわかるかもしれないし。

そして遂に、レギュラーネタとして徐々にその比重を増してきた囲碁サッカー部、遂に実戦が見られました。しかもなかなか高レベルな戦いだったようです。特に対戦者ばかりか観客までもが熱く試合に絡むなんて・・・なんて魅力的なものなんでしょう。この一体感がすばらしい。でも、当の部長がなにもしらないままなんて・・・。うーん、実は試合なんてないままに部室ラブコメかと思っていたんですけど。

ラブコメと言えば、「ぬかしおる!」で有名な笹原先輩、こちらに進展が。いつものツン爆発な立花さんが彼の眼鏡を壊したことから始まる甘いけど爆笑な展開です。しかも笹原先輩に片思いなみおちゃんがその一見ラブラブっぽい状態を見てしまい、一本別のストーリーも始まりました。・・・この躍動感、みおちゃんのフェイ王国編はゆっこの夢の筈だけど・・・まさか。

日常6巻オリジナルアニメDVD付き限定版 (角川コミックス・エース)
日常6巻オリジナルアニメDVD付き限定版

「日常」6巻オリジナルアニメDVD付き限定版、アニメは本調子前? だけどコミック本編は絶好調

「日常」6巻オリジナルアニメDVD付き限定版、ようやく読みました。
限定版のDVDだけはとっとと見ていたのですが、これがなんというかまあ微妙だった。でもTV放送中のものはおもしろい・・・見返すとまた変わるのか、とか思いつつようやくコミックを読む。

だんだんキャラが増えてきた、というのが第一印象。そして誰だっけ? な感じで読むもののやっぱりどのキャラも日常のキャラなのでその特徴的な癖でああ、このキャラは! と思い出すのを繰り返しています。
しかし、放送中のアニメのほうの印象で、これまでうざかったはかせがかわいい? いや、やっぱコミックのはかせはうざいキャラだ・・・。でもうざかわくらいにはなったかも。
だからやっぱりもうちょっと出番を多くして、今回の麻衣との絡みのような東雲研究所キャラとそれ以外のところのキャラの不思議なコラボを見てみたいです。

でも、フェイ王国編・・・いかに絡ませるか・・・。いや、絡んでほしいわけでもないけど、フェイ王国編はあっさり死ぬのではかせやなのの秘密兵器の真の威力がわかるかもしれないし。

そして遂に、レギュラーネタとして徐々にその比重を増してきた囲碁サッカー部、遂に実戦が見られました。しかもなかなか高レベルな戦いだったようです。特に対戦者ばかりか観客までもが熱く試合に絡むなんて・・・なんて魅力的なものなんでしょう。この一体感がすばらしい。でも、当の部長がなにもしらないままなんて・・・。うーん、実は試合なんてないままに部室ラブコメかと思っていたんですけど。

ラブコメと言えば、「ぬかしおる!」で有名な笹原先輩、こちらに進展が。いつものツン爆発な立花さんが彼の眼鏡を壊したことから始まる甘いけど爆笑な展開です。しかも笹原先輩に片思いなみおちゃんがその一見ラブラブっぽい状態を見てしまい、一本別のストーリーも始まりました。・・・この躍動感、みおちゃんのフェイ王国編はゆっこの夢の筈だけど・・・まさか。

日常6巻オリジナルアニメDVD付き限定版 (角川コミックス・エース)
日常6巻オリジナルアニメDVD付き限定版

2011年5月24日 (火)

「私のおウチはHON屋さん」3巻、みゆ(幼児)は無敵でした

「私のおウチはHON屋さん」3巻、小学生のみゆがケナゲに大人向けな本屋さんで頑張るお話。
今巻ではかつてみゆ(幼児)が参考にした伝説のヌードモデルのサオリンが、登場。当時からほぼ成長していないままっぽい容姿で学校の先生、みゆの担任として登場です。

なるほど、みゆ(小学生)ではなくサオリン先生(大人)によってきわどいネタをクリアするのか! と思っていたのですが、逆に不健全な図書を取り締まる急先鋒になっておりました。でも、それでもまたみゆはいつものように必死に、本屋の常連が聞いたら自爆してしまいそうなことを感動的に、熱く擁護して、丸く収めました。ああ、酸いも甘いもかみ分けた年季というものを感じるみゆでした。

でも、そんなみゆ(小学生)もかつてのみゆ(幼児)時代は違いました。サオリン先生が大活躍していた本(ヌードグラビア)を学習しての一挙手一投足が反則的にかわいい。常連さんが華麗に振り回され、父はそんな彼女に天賦の才を感じ、今の彼女へと導いたんでしょうねぇ。
あれ、なんかいっつもしみじみしてしまう作品です・・・。

私のおウチはHON屋さん(3) (ガンガンコミックスJOKER)
私のおウチはHON屋さん(3) (ガンガンコミックスJOKER)
私のおウチはHON屋さん(3) (ガンガンコミックスJOKER)
私のおウチはHON屋さん(3) (ガンガンコミックスJOKER)
私のおウチはHON屋さん(3)

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード