コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月の37件の記事

2011年1月31日 (月)

2011年春期情報処理技術者試験は「プロジェクトマネージャ」を受験します

2011年春期情報処理技術者試験は「プロジェクトマネージャ」を受験することにしました。

早速、
プロジェクトマネージャ 午後II 最速の論文対策 (TACの情報処理技術者試験対策シリーズ)プロジェクトマネージャ 午後II 最速の論文対策
と、
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2011年版情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2011年版
を買って勉強開始。

PMP持ちとは言え、情報処理では初めて受験する区分です、そして論文のある試験は未だに合格したことないのです。うん、午前2や午後1も気になるところだけどやっぱり論文対策はってことで、一夜漬けで合格!なんて表紙に書かれている上記の「プロジェクトマネージャ 午後II 最速の論文対策」がポイントです。
なるほど薄い、これなら一夜漬けはどうかと思うけど、少なめの対策時間でがんばれそうです。

2011年1月30日 (日)

「とんぬらさん」4巻、表紙は誰かと思いきや、柴子でした

「とんぬらさん」4巻です。
3巻の終わりはとんぬらさんに皆がすべて敵対するかのようなピンチな終わり方で、やっぱしゃべる猫ってことで特殊な事情があったのだろう。いよいよ恐ろしいバイオテロ的ななにかが始まるのかと期待していたのですがsweat01

・・・予防接種でした。
そうきましたか、でも、これで久々にとんぬらさんが汗するという場面が見られて貴重でした。やっぱり注射嫌いなんですねぇsweat01 でも、それでもはったり効かせて動じないところを見せて皆に感心されますからやっぱりこのとんぬらさん、大物ですよ。

でも、そんなとんぬらさんよりも今巻で一番はじけて目立っていたのが表紙誰?状態なあの柴子です。市乃の同級生でいつもゲームしているとんぬらさんにも動じない眼鏡っこ。その彼女のゲーム以外の意外な面に触れ、それに圧倒される市乃sweat01 いや意外というかコスプレ趣味ってそれなりにあっているか。
でもでも市乃ってやっぱり、とんぬらさんに対してのツンデレな面を見せるヒロインです。根はいい子なので友達な柴子の趣味にもつきあいます。ほんと、いい子。
しかも、柴子はもとよりだし市乃も見られることの快感にひたり始めましたheart むうとんぬらさんが皆をもふもふでむらむらさせる筈なのに、これじゃあ彼の存在の意味がsweat01 ということで登場?
いや、逆に市乃のために働くとんぬらさんです。当然、市乃は家族にはコスプレを秘密にしたいところなのに、なぜかコスプレ会場で出会いそうになっています。だからここでピンチになればなるほどきっちりいい仕事してくれる彼。無事市乃の名誉(?)が守られたかに見えましたが、落ちもついていますsweat01 ちょっと残念ですけど、市乃はヒロイン。おいしいところは彼女のものだ。

その柴子にいいように遊ばれている柴子弟がひょうんなことから市乃に親切にされて憧れの存在になります。この姉弟の関係もおもしろいけど、その弟の前にはなぜかまたとんぬらさんの妹とおぼしきしゃべる猫登場。気になるところでまた、以下次巻。

とんぬらさん 4巻 (IDコミックス REXコミックス)
とんぬらさん 4巻

2011年1月29日 (土)

「ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」1,2,3巻一気読み、よかった、3巻完結じゃなかったんだ

「ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」を読みました。
ずっと気になっていたのですが、値段が高いのと本自体が大きいので買ったあと主に通勤時に読む私としては荷物になるなぁなんてことで様子を見ていたのです。

が、そうです電子書籍化を自分でしているので、それをすればいいかと。あとはこの結構高めのお値段にいかにふんぎりつけるかだけでしたが、1巻と2巻をまずネットで買って届いたらそのまま裁断して取り込み、PDFにしてiPadに放り込む。
イラストは表紙カバー部分しかないので本文はグレーでなく、白黒で電子化すると各巻500ページ程度ですがサイズが小さい。そしてもともとおっきい字ですのでiPadでは横長見開きにして読むことも無理がない。

・・・と、そんな電子化のことよりも内容、とってもおもしろかったです。なぜずっと悩んでいたのかその時間がもったいない感じです。もう通勤時間以外に家帰ってからもそのまま睡眠時間とトレードオフして一気読み、1日1冊読んで三日目は本屋さんで探して買ってそのまま電子化するのもおっくうだとばかりに読みふけりました。

はあ、ここまでおもしろかったのは
星界の紋章〈1〉帝国の王女 (ハヤカワ文庫JA)星界の紋章〈1〉帝国の王女シリーズや
月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハートシリーズの時以来だ。
ということでこのあたりがおもしろかった方は十二分に楽しめると思うのです。

やっぱり異世界ファンタジーと現代世界とかつながる話って好きですねぇ。
いかにもテンプレートな美少女たちと、すっごくリアルに描かれる自衛隊の面々との対比、自衛隊部分がリアルだからファンタジーなところが浮くかというとこっちもしっかり描かれていますので、実際の武器描写とか面倒だと思ってもこれもまたファンタジー的に受け入れて読めばいいし。

そしてよかったのは3巻で完結じゃなかったのです。2巻に3巻の予告がちらっと載っていたのですがその予定と変わったようで、ますます混迷を深める展開ですが、適度に埋め込まれている伏線の回収を期待して、次巻を待ちます。

なお、大好きなキャラは・・・ロゥリィかなぁ。この圧倒的な強さと口調とのミスマッチが大好きですheart

ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編
ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編

ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編
ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編

ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈3〉動乱編
ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈3〉動乱編

2011年1月28日 (金)

Nintendo3DS、ようやく実機を体験したけれども・・・

今日は京都ヨドバシに帰りに寄ってきたのですが、Nintedo3DSの体験プレイが出来たので早速体験してきました。

体験したのは「nintendogs+cats」でした。

ああ、あるほど中に空間があるように3Dでした。
でも、ちょっと角度が変わったり距離がずれると二重になる、こっちに寄ってきて画面に足つけてくる様はかわいかったけど、その最も寄った状態はどう工夫してもずれて見えてしまって、なんか欲求不満sweat01

ただ、解像度が高いので3Dを切って遊ぶのもいいかと思った次第です・・・。

(ま、予約しそびれたのでなるべくネガティブに見て、発売と同時に手を出せない自分を慰めているだけかもしれませんsweat01

ニンテンドー3DS コスモブラックニンテンドー3DS コスモブラック

nintendogs + cats 柴 & Newフレンズnintendogs + cats 柴 & Newフレンズ

2011年1月27日 (木)

「コミックリュウ」2011年3月号、「妖精消失」完結しました

「コミックリュウ」2011年3月号です。

「妖精消失」、読み切りで妖精への思いの丈を作中人物が吐露するようなお話、という印象で結構好きな作品ですが、遂に完結しました。
これまでの登場した人はもう過去の人、お亡くなりなっていますが、でも妖精の世界の時の流れは遅く、やっぱりこの時の流れの差が哀れを感じさせます。妖精が長命というのではないのですね。
それよりもこれでどうやら妖精界との縁も切れてしまったのが完結編とはいえ、いやだった。もっと可能性あれば続編を読みたいし、夢ない終わりっぽいし。
いや、タイトルどおりなんですけどsweat01

「ねこむすめ道草日記」、今回は妖ラジオ、こうやってちらちらと人間と妖怪の交流のある話が大好きです。ほぼ、ラジオのお便り紹介で進む展開でしたが、こういったまったりした本当に深夜にラジオを聞いているような世界もよかったです。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2011年 03月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2011年 03月号

2011年1月25日 (火)

「高杉さん家のおべんとう」3巻、お弁当がまいどおいしそうでしたが、まさかのヘボ入り弁当が

「高杉さん家のおべんとう」3巻、今巻は販促ペーパーが入っていてちょっと嬉しい。
くるりんのうさぎ着ぐるみ姿がそこには描かれていました。うん、かわいいheart いや、くるりがそんな表情しないのはわかるけど、妄想だからいいよねheart

今巻もちょっとずつハルさんとくるりの仲が家族、になっていく過程が見られます。だけど、やっぱり注目は学会? なんかお弁当話もいいものの、こういった学会や巡検の話はいいなぁ。私も地理やってたから、おんなじような学会も巡検もひととおり体験したぞsweat01 だから妙に懐かしかったり。

いやいやその学会もおもしろかったけど、やっぱりヘボ、蜂の子を食べる話。
ま、これは巡検としてのおもしろ話でよかったけど、これをお弁当として話の落ちに使ってくるとはsweat01 そう、まさかのくるりお気に入りに。
マグロで顔真っ赤にするほど興奮しているのもかわいかったけどheart

そしてラストに「小坂家の人々」、小坂さんとこの家族全員のマイペースさにやられまくる丸宮兄、本編だと結構ハルさんやりこめていたりするんですけど、まだまだかsweat01

高杉さん家のおべんとう 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
高杉さん家のおべんとう 3

2011年1月24日 (月)

エコポイントで交換した「桂花ラーメン」、久々に食べておいしかった

エコポイントで交換した「桂花」のラーメンが届きました。
京都駅ビルの拉麺小路でおいしく食べていたかつての記憶がどうだったか、較べてみました。
うん、やっぱりおいしい。しかしお店よりもスープはこってりな感じ、逆に麺はお店で食べたよりも軟らかめ。いや、麺は敢えて軟らかめにしてみました。
そう、お店って半生かって感じに堅いのが特徴でしたので、これをいつかもっと炊いた麺で食べてみたかったからです。

さて、軟らかい麺での感想、うまかった。でも、やっぱりあのお店でのなんていうか「喰っている」感のある麺もなつかしいのでレシピ通りの時間で炊いてみたものの、お店のようなあの食感にはならない。これはこれでおいしいんだけど。

家電エコポイント交換商品情報 | 交換商品一覧 | グリーン家電普及促進事業 エコポイント

熊本 桂花ラーメン(16食入)

2011年1月23日 (日)

「コイネコ」9巻、もうひとりのナオがまたすらっとかわいい

「コイネコ」9巻です。
物語的に重要なキャラ、もうひとりのナオが登場しています。そして猫になってしまったシンタとの交流。

やっぱりかつてのナオ達を救った、いやちょっと支援したのはシンタなのか、このコイネコ達は基本的に年取らないのでこれがかつてのシンタなのかそれともずっと昔のシンタっぽい人なのかsweat01 とか気になりますが、もうひとりのナオのやっぱりヒロインのナオのような世間知らずなところが久々に楽しい。しかもヒロインナオのようなちっこいキャラじゃなく、すらっとスタイルいいのでヒロインナオと比較してお姉さん(?)なところもいいです。

しっかもワカバとの出会いがまたワカバの猫キラーというか猫ジゴロというかのテクニックが恐ろしいsweat01 そのワカバも重要なキャラだけどやっぱり三角関係というよりは、最近はシンタとナオの応援に入っているからつまらなく思っていました。
が、ようやくミカヅキとの展開が始まりそう。やっぱりこっちの小さいときの出会いは確定なのかも。もう、今回人間化してしかも発情期入っているミカヅキがワカバに迫るいいところで終わっています。さあワカバがどうでるか、そして冷静に人間を見つめているミカヅキがどう動くか、見物です。とはいえ、発情期雌猫に迫られても無視するような達観した彼です、こりゃあけっきょくたまたまころんだ(?)だけで、あっさり終わりそうなもやもや展開かも。

コイネコ 9 (サンデーGXコミックス)
コイネコ 9

「メテオさんストライクです!」2巻、愛の試練が悪い意味にすごすぎて涙するしかない

「メテオさんストライクです!」2巻、今巻も主人公ヒロはヒーローです。
ひたすらメテオさんの謎電波受信によるところのセクハラ的行動が試練、この試練を乗り越えていく様がもう涙なくしては見られませんsweat01

でも、小鳩の彼への印象が悪くならないのは、どうやら彼女もまたかつてUFOにさらわれた経験があるらしいこと。つまり選ばれしふたり、ですね。でも小鳩にはもっと意外な面があった、急に本格麻雀マンガになってしまったけど、麻雀知らなくても雰囲気で盛り上がれました。・・・って麻雀マンガ好きなのですが、違和感なく今後麻雀マンガになるのかと思ってしまったほどこの麻雀勝負もおもしろかった。ついでにカバー外した本体裏表紙でのメテオドンジャラの役も、その点数がいかにもメテオさんが考えたインフレ具合でにやりとしました。

今巻は麻雀勝負以外にも見所たくさん、やっぱりスーパー銭湯編、お約束の展開でした。いや、いつもならこののぞく行為をメテオさんが試練として認定して失敗すれば地球滅亡となってしまう展開でしたが、ただ純粋にそこにあるエロを求めたsweat01 そしてエロ仲間だった赤井も実は彼を見守る宇宙人だったとかsweat01 うーん、どうなるこの先彼が敵か味方がわからないけど、どっちにせよヒーローっぷりが半端でないヒロのこれからの試練がきつくなるのは確かでしょう。

メテオさんストライクです!(2) (KCデラックス)
メテオさんストライクです!(2)

2011年1月22日 (土)

「碧海のAiON」7巻、一時的にこんなかわいい子だった星音、過去編はいいものでした

「碧海のAiON」7巻、昏睡状態の星音を救うために彼女の過去、そう一番幸せだった頃に戻っている彼女を夢に見ているその中に潜る巻。過去編です。これでこれまでずっとずっと気になっていた星音と人魚との因縁、また星音が慕うシモンとは誰なのかがすごくはっきりわかりました。

あ、そして一応魔女の双子についても若干わかりました。けど考えてみればこの二人が元凶なのか。いや、人魚や魔の者が元凶、一応魔女は人間側に立っているけれどもシモンや星音をこの戦いの日々に巻き込んだのはこの二人だ。だから星音が二人を嫌うのもわからないでもない・・・って出会いが最悪だっただけかもsweat01 なんせ小さい星音はすんごくかわいいんです。影崎さんの描く過去編のちっこい状態の主人公って、かりんの時もそうだったけど、基本鼻水垂らすこと多いけどそれすらかわいさに織り込んでいますからさすがです。

そう、かりんと言えば、今巻はせりふの中で魂をプシュケーと読んでみたり、魔の者に吸血鬼も含んでいるところを見ると、かりんの吸血鬼達も基本的にこの世界観の中にいるようです。両作品でコラボや連携があればおもしろいと思うものの、取り敢えず吸血鬼達が弱まっているのも今回の説明でうまくいっているのか。

最後に、現実に戻って学園生活がいきなり文化祭として再開。達哉のメイドコスプレが超絶かわいい、あとがきだと最初から予定通りの展開かと思いきやまたも例の元担当に元凶があったとはsweat01 そうか、男の娘ブームもあってのそれか。
でも、渚の興奮の具合がやっぱりそういう子なんですねと思ったり、星音まで吹き出したりでなんとも幸せな展開でしたけど、ああ、でも、でもでも最後は星音の乱闘が・・・どうしても今の世界の幸せは認めないのでしょうか。

碧海のAiON 7 (ドラゴンコミックスエイジ か 1-1-7)
碧海のAiON 7

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード