コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 定額給付金セットな焼き肉を食べてきた | メイン | 「薬師アルジャン」9巻、「愛の治療団」って名前があれですけど、凄腕揃い »

2009年3月24日 (火)

「月詠」16巻、遂に完結、月刊でこの巻数だから長かったように思えるもなにげに短いような気もした

「月詠」16巻、終わりました。
一応ネタバレ含んで感想です。



マリオの過去ネタがもっと前回して1巻くらい話あると期待していましたが、なんだかあっさりしていてちょっとショック。ひっぱりひっぱりきたからこれは残念だったけれども、物語の締めは納得。よかった。
イレイザー全開になって超強くなって制御不能で悲惨な結末かと実は思っていたのでsweat01
でも、耕平の最後の開き直りは気持ちよかったし、これまでの彼の押さえ押さえの性格からの開き直りだから、ここまですごくてもいいもんだと思ってしまった。
最後はまたのほほんと葉月と一緒に暮らすのかと思っていたのに、イレイザー能力を失うことでの吸血鬼能力無効化も切れるだろうからの、急な別れ。そして耕平は葉月を追う旅に出る、と。
おまけも後書きもなーんもない終わり方だったけどいつの日かの再会がきっとあるように思えてもくるし、そのシーンの賑やかさとかまで思い浮かぶようで不思議と寂しさを感じない、しかもそうやって追う耕平がなんだか楽しそうだ。・・・って、最後の旅立ちは追っているんですよね? まさか単に仕事に行ったとかではなくsweat01

月詠 (16) (GUM COMICS) (GUM COMICS)
月詠 (16)

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード