コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月の28件の記事

2009年1月30日 (金)

「日常」4巻、囲碁サッカー部ってネーミングで既にもう非日常だ

「日常」4巻、シュールな表紙から始まります。
実はこの表紙のたくさんの細々したものが、本編のネタなのです。本編読んでから表紙見直すと、たっくさんこんなとこまでって細かいネタがちりばめられていて、二度おいしいのです。

わたしは、なのとはかせと阪本の日常、が一番好きですが、今巻ではもう少しはじけていなかったsweat01 3巻でのとりもちネタが強烈だったから、このレベルを期待してしまうsweat01

今巻の中心はやっぱり先生たちかな、理科のマッドサイエンティストだいぶ手前な中村先生の非道ぶりや、桜井先生が好きな高崎先生の教師としての自分と、一男性としての自分との葛藤が(というとかっこいいけど実際はそこでその葛藤をするべきじゃあないsweat01)テンパリすぎて滑稽です。イナフ!
そして謎の競技、囲碁サッカー、サッカーボールと白石黒石ひとつずつが必要で、なぜか練習はひとりでリフティングしているところしかありませんが、高崎先生が経験者だし、桜井先生弟もできるほうです。このゲームのルールの詳細を次回の本体裏表紙あたりでやってほしいなぁsweat01

日常 (4) (角川コミックス・エース 181-4)
日常 (4)

なお、一応主役級なゆっことみお、互いが互いにいい具合に迷惑かけまくっていますが、でもそれでも仲良しでいられる二人はさすがだと思います。

2009年1月29日 (木)

「とらドラ!」コミック2巻、頬を赤らめる大河がたまらなくかわいい

「とらドラ!」コミック2巻です。小説は読んでいませんし、アニメは放送していないsweat01
ということでまったくコミック1巻から、先の展開知らずのこの2巻です。それにしても特装版が通常版よりひと月早いって・・・商売上手ですねぇsweat01 そう、2009/01/29の今日この感想を書いていますから・・・。

1巻からもう大河と竜児との間の微妙な関係は、いいわけいっぱいなものの、一緒にいたい関係です。今巻はそんな関係を大河が好きな北村と、竜児が好きな櫛枝がふたりして応援してくれましたsweat01 が、一応大河と竜児はつきあいたいわけでなく、それぞれ好きな北村と櫛枝にそんなひどい誤解をされて悩む。その悩み方も結局ふたり一緒で悩む・・・sweat01 かわいいふたりだ。
また、絶叫さん描く大河のかわいさは最高ですね、特に真っ白になった大河の記号のような顔や、竜虎は一緒にいなくっちゃとの理屈で竜児が大河を呼び捨てにする宣言したあたりの泣き顔から赤面・怒り・にやにやーの下唇突き出し、を経てのラストの嬉しさと照れとが満面に相打った表情、よかったです。
なお、表紙の帯で大河の顔の下半分が隠れるのは、買ってどういう表情しているか見てみろってことで、これまた商売上手ですねぇ、大河がちっこいのがこの表紙だけでよくわかるのもいい、うん。

とらドラ!2 小冊子付き特装版 (電撃コミックス)
とらドラ!2 小冊子付き特装版

それにしてもこうなったらもう大河と竜児で仲良しさんでもう展開ないかと思ったら、ほれぼれするほどひどい性格の亜美が登場。大河がその本質を初対面で見抜くところからビンタまでいってくれたので、爽快感この上なし、です。が、この亜美は今後どのように絡んでくるのでしょう? 大河の凶暴さが今後も発動されまくるって予定なのかな。

2009年1月28日 (水)

クイーンズブレイド、キミが考えた美闘士アイデアコンテスト、7作による投票開始です

クイーンズブレイドの「キミが考えた美闘士アイデア」候補作が当初よりも多い7作となって紹介、そして人気投票が開始されています。
もっとも人気のあった1作がゲームブック化です。

むう、デザインは投稿者のそれではなくってHJのスタッフによって平等に同程度のイラストになっていますが、私は「マンドレイク」に投票しました、やっぱり植物系がいなかったこともあって毛色の違うキャラがいい。
で次点で「蛸ブラ海賊」、見た目のインパクトが好きsweat01 でも触手系ならもうクイーンズブレイド 炎の使い手 ニクス (対戦型ビジュアルブックロストワールド)クイーンズブレイド 炎の使い手 ニクスがいますしね。
また、どうせなら原案どおりの錨だったらこっちを推したいけど、まあ今度のクイーンズゲイトに参戦予定のディズィーさん出自のギルティギアのメイさんと思いっきりかぶるからねぇsweat01

クイーンズブレイド公式ホームページ キミが考えた美闘士アイデア

2009年1月26日 (月)

天下一品の細麺、うまかったー

天下一品で細麺が始まっていました。
以前の縮れ麺もそれなりによかったのですが、やはりあの太さが気になっていました。
確かにこのこってりスープでは細い麺ではスープだらけで食べるの大変、いや味が濃くなりすぎるようにも思えます。
が、天下一品のスープは飲むものじゃあなくって食べるものなので、麺と渾然一体と絡んでもいいんじゃない、いやむしろそうあるべきだと思っていましたので、この細麺は嬉しかった。

しかも太麺の微妙に柔らかい食感じゃなく、このこってり麺につかってもふやけていない食感ありの麺です。

おいしかった。最近ダイエット気味であまり食べていなかったのですが、毎週食べに行きたい気分です。

天下一品 -こってりラーメンでヘルシーにスタミナ補充!-

2009年1月25日 (日)

「バンブーブレード」10巻、榊ウラのワールドに浸食されています

「バンブーブレード」10巻です。表紙はサヤコです。
で、案の定サヤコ&キリノの上級生コンビは出番が少ない。
この巻は、榊ウラの巻でしたsweat01 突然3回に渡って冒頭の半分くらいを特撮変身ヒーローものに浸食されたのは、すべてウラのせいでしたsweat01 彼女の正体を表現するためにはこれくらい必要だったのでしょう、なんとも恐ろしいコですsweat01
でも、この3回+1回のタイトルには「寺本となんとか」ってついていますことからわかりますように、ウラのブラックに病んでいるところに打ちのめされる剣道部顧問の寺本先生が主役sweat01(ついでにウラのお父さんもsweat01) 前巻もコジロー先生と石橋先生という顧問達が主役だったし・・・このところ顧問のおっさんマンガだsweat01
でもようやくTV番組「バニッシュ学園」で剣道少女の紹介ということで本来(?)の剣道少女ものでタマちゃんの強さとかわいさを愛でる作品になるのだと、信じたいsweat01 (ただ、後書きでもさらに追い打ちをかけるようにおっさん中心のような今後の予告がsweat01
それにしてもレイミといいウラといい、強烈なサブキャラが取りそろえられているなぁ。対照的にミヤミヤが普通の美少女に見えるsweat01
でもそんな病んでいるウラでも、立ち姿の凛々しさが私を惑わします・・・なんだかんだで剣道しなさそうだけどsweat01 してほしい。

レギュラー5人は先輩二人はほんと出番が少ないものの、キリノはコジロー先生を一番わかっているよく出来たコです。なんでこんなにいい人なんだろう、キャプテンとしてはちょいと怖さがないように見えるけどリーダーとして充分な気配りと人を見る目。うー、もっと出番を増やしてsweat01 そしてオレンジタルトほしいsweat01
で、ミヤミヤはサトリンに全然かなわないからと悔しがるのも素直にかわいいです。レイミという天敵が出てきてからの弱さを見せる彼女は、ちょいとずるいくらいにいい人に見えるんだ。
サトリンは最近ようやく不幸キャラから(?)おもしろキャラになってきた、でもってタマちゃんに次ぐ部内での強さが素敵。ビデオ持ってくるトコでゲームギア持ってくるって思っていたのにsweat01 芳一状態な腕でさらなるおもしろさに昇華させていました、やはり見逃せないキャラです。
でもってタマちゃん、今回は剣道してるとこ少ないsweat01 バニ学知らないってとこはまあお約束ですが、テスト勉強でのサトリンと一緒にユージくんにおずおず勉強教えてもらおうと臨むところは、お約束を通り越して愛おしいくらいの控えめさ。ユージくんの前向きというか空気読まなさすぎなところの無神経さはなんとかならんのかsweat01
・・・あ、サヤコ、彼女は表紙に出たことで本編の影薄さをカバーってとこか?

BAMBOO BLADE 10 (ヤングガンガンコミックス)
BAMBOO BLADE 10

さて、今巻のおまけマンガ劇場。サヤコ、サトリン、タマちゃん親父、そして寺本先生。サトリンってぐるぐるマークがこのところよく浮かんでいるけど、やっぱセガサターン引きずりおでこれがドリームキャストマークに見えてしょうがないsweat01
そしてなんだか次巻でも出番が多そうな寺本先生、ここの教え子も特徴的なデュアルツインテールのコとか、そろそろ名前を教えてください。

「乱飛乱外」6巻、ええー!? 海賊王女との別れ方があんまりすぎる

「乱飛乱外」6巻、海賊王女のつなみさんへの逆玉作戦は成功だと、私は思った。
くやしいくらいにいい感じな敵前での敵をも無視してのアレはもうどう見たって勘違いじゃあないでしょう? 雷蔵の鈍感さが極まって少々引いてしまいした・・・。

でも、ここで丸く収まっちゃー星眼との戦いは今後どうなる、いやいやそもそもかがりがヒロインなんだしね、こうなるのはいつものことか・・・sweat01

でもって次の姫へのアタックを思いもかけずに調子よく進めてしまう雷蔵、彼の秘めた才能ですよね、姫の心わしづかみまでいけるのに、なにかが足りない・・・。そろそろかがり達への気持ちで逆玉作戦に疑問を持ってきてもいいんじゃないかな。
やっっぱりもう少しはかがりへの愛が欲しい。最近のかがりのけなげさがかわいそうになってきていますから。

とかかがりかわいそな見方ですけど、神体合(半)とか窮地なのに笑わせるところもさすがです。ただ、今巻も出番が少ないなぁ。

さて、次なる姫はあんじょなエズミさん。しっかしどこから西洋人系の姫である彼女の情報を仕入れてくるのか、忍の情報網はすごいものの、果たして彼女のトコに逆玉してお家復興になるのか先がよくわからない。・・・いや、もうちょうどいい頃合いの姫って減ってきたのかもsweat01
つなみさんが素敵だと思っていたのに、このエズミさんの天然なトコと恋煩いもわからないウブなところがツボにはまっています。
毎回、いいゲストキャラが続くなぁ。

乱飛乱外 6 (6) (シリウスコミックス)
乱飛乱外 6

2009年1月24日 (土)

「ちぇんじ123」9巻、なんだかんだで番長が一番印象に残った

「ちぇんじ123」9巻です。
むう、忘れていましたね、素子の父親としての3人ばっかり印象的で事故で亡くなった母親について。ここで遂に母親の職業がやっぱり戦闘エクスパート的なものだったことがわかります。
たしかに、育ての父親が3人ともすごかろうがやはりそれを吸収できるだけの土台がないと。でも、こうなるとやっぱりこの育ての3人のうちの一人に血のつながりがあるのかというと・・・不明ですが、この展開だと血のつながりのある父も別にいるのではないでしょうか、そうしてその男性が最終的な敵となるという展開。
・・・とありがちに想像しておいてこれを思いっきり裏切られて驚くのが楽しみです。

最近は相沢、いや番長がだんだんといい奴になっていく、しかも今巻ラストの文化祭での上段見開きでバーンと自ら「番長だ」って名乗るシーンでもう今巻MVPです。
日野さんに弟子入りして神妙に教えを受けている彼がほほえましいです。

ちぇんじ123 9 (9) (チャンピオンREDコミックス)ちぇんじ123 9

ひふみ達は今巻ではみきりのゼロとの融合がありました。残すはコスケガーに素子よりもぞっこんなひびきのゼロとの融合ですが、「添の一族」のそらとか菫とか出てきていますから、次号でとっととひびきの方でも問題が起こりそうだ。まいどのことながらコスケガーはピンチsweat01

2009年1月23日 (金)

「凍牌」6巻、表紙も青に戻ってきたけどあまりクールじゃないKだった

「凍牌」6巻です。
Kはなんとかアミナとの絆を保って、平穏な日常に戻るためにまだまだ危険な橋を渡っています。
その平穏な日常側にいた同級生で幼馴染みの優は、なんとかその日常にとどまって欲しいといろいろ画策していますが、組んだ相手(上野)が悪かったですね、逆効果です。
優がかわいそうと思えるかというと、こうやってKから縁を切ったんだからこれ以上追いかけないほうがいい。でも追いかけるんでしょうね。

しかし、Kの日常って家族もアミナが入院してしまっているからなんとも淋しい、いや人間的でない日常、氷のKなんだからそれでもいいけど逆に麻雀打っているときのほうがいきいきしています。
これだからでしょうか、麻雀での氷のKがこのところなかなか登場しない。今巻後半から始まったアイ編ですが、彼女レベルの強豪でもヘタレずに氷のKのままであってほしかったなぁ。せめて表情くらい。ああ、そもそも同級生の上野との時だってこれは手の内に載せての勝負だったからの演技にせよ、表情変わりすぎ。もっと淡々と打ってほしいなぁ。

なお、Kの両親との確執、過去の問題がフラッシュバックしてきて、彼の性格が構成された一端を知ることができます。アイ編ではそれも絡めてもっとたくさん明かされるのか・・・って次巻予告でそのもの確信ついたこと描いていますよsweat01 明かすの早すぎ!

凍牌 6 (6) (ヤングチャンピオンコミックス)凍牌 6

「クイーンズゲイト」第4弾はディズィーの予定ですか、格闘ゲームキャラが続くなぁ

「クイーンズゲイト」第4弾はギルティギアからディズィーだということです。

【コラム・ネタ・お知らせ】 クイーンズゲイト「いろは~QG ver~」、「ディズィー」と新企画 - アキバBlog

これまたSNKとのコラボと同様に制作元のアークシステムワークス自らしっかと監修。

格闘ゲームが続くので、クイーンズゲイト 魔法少女 虹原いんく (対戦型ビジュアルブックロストワールド)クイーンズゲイト 魔法少女 虹原いんくのような変化球がそろそろ欲しかったのですが・・・いや、どうせならミリアがよかったとか思ってもいるけどsweat01

予定では2009年4月末頃なので、リベリオンの第2弾は梅雨時でしょうか。

2009年1月22日 (木)

「クイーンズブレイドリベリオン」公式HPでキャラ情報「超振動戦乙女 ミリム」が更新です

「クイーンズブレイドリベリオン」、公式HPのキャラ情報が更新されました。

『クイーンズブレイドリベリオン』イラストストーリー第6話
も更新されています。
このイラストストーリーでなんども登場のクローデット側のユーミルやミリルの情報が掲載されました。
まっさか単なるこのイラストストーリーのちょっとしたゲストキャラだと思っていた村娘のミリルが美闘士になるとは、さすがですユーミルさん! しかもユーミルの説明読むと以前よりもかなり冷静な性格になっているそうです・・・ん? やっぱり彼女も沼地の魔女の呪いに当てられたのでしょうか? ただ、この落ち着きようは結構好みなんですけどねぇ、でもユーミルが好きなものとしてレイナって? そして蛇が嫌いでなくなっているということはますますなんだか操られ系に感じます。
なお、今回のイラストストーリーでは、ますますエリナの性質がかわいそうになってきている。むう、レイナはいずこ?

でもってもう一度ミリルに戻りますが、「超振動戦乙女 ミリム」です。彼女の職業の日雇い労働とか、好きなもの故郷で嫌いなのは都会の人ごみって・・・泣かせる設定です、ユーミルは親切で救ったとかいうのではないようで、ユーミルもちょいとマッド気味か・・・悲しいsweat01
なお、ミリルのその呼び名にある通り、冠は戦乙女のそれですが、武器は電動ノコギリのような超振動剣"インフィニット・スラッシャー"。 やっぱ雷属性か? なおミリムの絵師は蔓木鋼音さんです。

クイーンズブレイド公式ホームページ

はやくゲームブックにならないかなぁ。
まあ、まずは
クイーンズブレイド美闘士列伝「流浪の戦士冒険記」クイーンズブレイド美闘士列伝「流浪の戦士冒険記」
が発売になってからですね。

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード