コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月の31件の記事

2008年8月31日 (日)

「ゲロルシュタイナー」プレゼントに応募・・・当たった・・・タオルだけど

「ゲロルシュタイナー」の今回のプレゼントキャンペーン、今風(?)にWebでポイントを加算していってゲームにチャレンジ、当たればプレゼントというものです。
このWebでのポイント積算とそれによるゲームでプレゼントに挑戦するタイプのものは2,3年前まで何度かあったサントリーのiPodプレゼントのものがありましたが・・・ほんともう烏龍茶三昧な日々を過ごして、結果全くだめsweat01
だから今回のこっちのキャンペーンもそれほど期待せず、ゲロルシュタイナーが好きだから買った分でたまたまたまったポイントで応募です。
むろんもう無謀な自転車なぞは狙いません。一番当たりやすいタオルsweat01 前回のゲロルシュタイナーのプレゼント(これは郵便で応募)でもタオル狙いだったしsweat01
それにしてもこのゲロルシュタイナーのプレゼントサイトでもポイント入力画面はいいですね、一気に5本分のポイントを登録できます。
これで適当にポイントを投入して、(なんせ3ポイントでGEROLSTEINER特大オリジナルタオル(なにげにドイツ製!)に挑戦できます)、早速ゲーム開始。ゴーーーーール! ・・・? あれ、あれれこれってなに? 当たったの?
というわけでいきなり当たりましたsweat01
嬉しいというか無心な時は当たるものなんでしょうか?

GEROLSTEINER パナソニック自転車プレゼント!

残りのポイントはなんか妙に控えめになり、そのままなにもしていませんsweat01 さあ、まだキャンペーンはひと月あります(2008年9月30日24時まで)から、応募してみてはいかがでしょうか?

テンキーレスキーボード、「ダイヤテック Majestouch Tenkeyless FKBN91M/JB」を買って使い始めにまずこのブログを書く

GatewayのPCを買いましたが付属のキーボードの入力がどうにも私の打鍵ではうまく認識されないキーが中央部にあるようでしたので、キーボードを買ってきました。
テンキーは使わないし、机も胃ちょい狭いので、これまで常々一般的なデスクトップのキーボードからテンキー部分がないものがほしかったので、そういったものを探してみると、まあ少ない。東プレのか、Majestouchかといった具合です。ノートPC用の配列でこじんまりとまとまっているテンキーレスキーボードはたっくさんあるんですけど、あれは窮屈ですしDELETEとBackSpaceが独立してないとか、カーソルキーが妙な位置だとかEndがHomeがInsertが・・・ってまあその右側のキーをよく使うので不満が尽きないのです。一度試しに買ってみてしばらく使って慣れてみようとしたものの、無理でしたsweat01
だからこのテンキー部分だけどけたタイプを望んでいたのです。

ただ、東プレもMajestouchも高いのでお店で触った上で決めました。値段が倍なだけあってさすがに東プレの方が静かで打ち心地もいいけど・・・、うーん、Majestouchのl茶軸も軽くて打ちやすい、かちゃかちゃうるさいのが少し気になるもののsweat01

ということで、
ダイヤテック Majestouch Tenkeyless Nキーロールオーバー・茶軸・かなあり FKBN91M/JB
ダイヤテック Majestouch Tenkeyless Nキーロールオーバー・茶軸・かなあり FKBN91M/JB
ダイヤテック Majestouch Tenkeyless Nキーロールオーバー・茶軸・かなあり FKBN91M/JB
ダイヤテック Majestouch Tenkeyless Nキーロールオーバー・茶軸・かなあり FKBN91M/JB

を購入。かなありにしたのはローマ字入力だけれども半角/全角キーとかのキーの日本語に慣れているし、うちのPCなので私以外にも使用者がいるし・・・。

早速うちに帰ってこのブログを打ってみながら使用感を試しています。やっぱ打ちやすいですねぇ。入力速度も断然速くなりました。キーボード自体も重いのでしっかり安定していますし、キーボードの上に指置いての触り心地がいいので、ついつい撫でてしまうsweat01
ただ、やはりちょいうるさめなのと、真ん中あたりの打鍵もそれなりに認識していますが、やっぱりまだたまに漏らしている。もっと軽く入るものでこのタイプのテンキーレスとなると・・・東プレのOEMでゲーミングキーボードな
DHARMAPOINT DharmaTacticalKeyboard DRTCKB91UBKDHARMAPOINT DharmaTacticalKeyboard DRTCKB91UBK
が残されていますがぁ・・・高いねぇsweat01
今回買ったものも決してキーボードとしては安くない部類なので今一瞬の感想だけではなくもう少し使って慣れてみるよう努力します。

2008年8月30日 (土)

「宗像教授異考録」8巻、遂に宗像教授専門分野の「鉄」が、あの「鉄」とも結びついた

「宗像教授異考録」8巻です。
この巻でも宗像教授専門の「鉄」に関する話でまとまっていました。いや、いつもよりも多めでしょうか。
しかし鉄道の方の「鉄」ともつながるとは・・・ってまあ結局は専門から離れたけれどもsweat01
その鉄道ものが短編としてあり、後は中編2本、縄文から続くと言われる家系の謎に迫るものと、海底に沈んだ島の物語。

縄文から続く家の物語は石油の話題、ここに一つ目の入道が絡んできます。だから宗像教授が呼ばれ、こういった時にはある意味ヒロインの忌部さんですねsweat01 どうせならもっと宗像教授と絡んで色っぽい展開でもいいのに・・・宗像教授はそういった方面はうぶだから進まないけど、それがおもしろいのに。
内容としてはもっとかつての伝奇考の時のようなぶっ飛んだ展開になってほしかったです。黒入道が実在して大暴れとかでも最後炎上落ちならそれでもよかったのでは?

日本のアトランティス、海に沈んだ瓜生島のお話では、これこそ宗像教授の独壇場でした。前巻登場の犬丸こと石丸くんも意味ありげに登場しました。死亡フラグ? どうにも時折あっさり死人が出るので気を抜けません。なんたってなかなか敵が多い宗像教授の心強い教え子ですからねぇ。
と思って見ていたらピンチは宗像さんのほうでしたsweat01

宗像教授異考録 8 (8) (ビッグコミックススペシャル)宗像教授異考録 8

「戦国妖狐」1巻、鈍器系な攻撃がすてき

「戦国妖狐」1巻、水上さんの作品としては順当(?)な印象の戦国ものです。
いや戦国ファンタジーですね、でもってあまり戦国時代の検証もなし・・・だけどファンタジーだからこのアバウトなところは気にしません。

いつもどおりのキャラ配置です。威勢のいいしっかりした想いを持つヒロインのたま、でもって主人公(?)。いや主人公は彼女に巻き込まれるまだ自分の先行きを見いだせない兵頭さん? いやいややっぱりたまの力を持って妖狐化するんだからタイトルどおり迅火? でもってこっちも明確な意志を持っているし。
でもやはり読む方としては一般人な兵頭さん側に立って見てしまう。
だからこそたまと迅火の二人の潔さが眩しく見えて、憧れますね。

そしてなんと言っても戦闘、霊力改造人間の灼岩のぶん殴る攻撃が爽快です。また、迅火も杖術系なのでそれなりに叩きます、後は泰山の拳! ああこれが水上作品だ・・・思いもかけないものが思いもかけないことをしてきます。

とにもかくにも世直し姉弟と武芸者+霊力改造人間の思いもかけない旅、楽しみです。ただ、武芸者(兵頭さんsweat01)が飛び抜けて弱そうなので・・・危険が多いな。

戦国妖狐(1) (BLADE COMICS)戦国妖狐(1)

2008年8月29日 (金)

「コミックフラッパー リニューアル記念オリジナルグッズプレゼント」に当たった!

「コミックフラッパー リニューアル記念オリジナルグッズプレゼント」が今年の春頃の3号連続キャンペーンでありました。
雑誌を毎号きちんと買っているんだし、せっかくだからと期待薄で応募したのです。
すっかり忘れていた8月下旬の過日、届きましたよプレゼントが!

ミナ姫かわいいですねぇ。

忘れていたからこその期待以上のうれしさです。

コミックフラッパー プレゼント ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド時計1

コミックフラッパー プレゼント ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド時計2

でも実はその頃ちょうど連載が終了していた「アトリ抄」のグッズがなかったから悲しかったので敢えて忘れていたというほうが正しいのかもsweat01

いや、そんなことはない! なんと言ってもこの大きさ、各辺15cmという大きさは正直期待以上に大きかったし、プレゼントで当たったグッズは市販のグッズと違ってなにか輝いてみえますもの!

2008年8月28日 (木)

「クイーンズブレイド カース・オブ・デビルリング」フィオの正体が判明、でも本人自覚なし

「クイーンズブレイド カース・オブ・デビルリング」です。
小説買ってからなぜか読む気分になれずに放っておいたのですが、ついに読むと決意。読み出すとあっと言う間で、読み止めるのがつらいくらい先が気になってしまうのに、なぜ最初の読み始めるとっかかりがきついのでしょうね?

さて、今回のメインゲストはエルフのアレインさん、ゲームブックの方が出たばっかりだというのに、小説で思いっきり暴れて(?)います。でも、ゲームブックから受けた印象と違いはありません、堅い性格からくるノワへの建前と本音の板挟みが痛いほど伝わってきました。それとフィオの治療行為のそれ、結局彼女はフィオに気があるとも思えないので純粋に恥ずかしかったんだろうなぁ。
フィオはだいたい想像通りの正体でしたが、エルフの長老が語るのみで本人がまだ覚醒したわけではないようです。レイナを助けた一瞬にちらと覚醒があったようですけど、いや封印が解かれたと本人が言っているから、まだ封印が解かれていないといったところでしょうか。
しっかし、レイナはフィオのつがい? でも覚醒したときにはレイナを主と言っていたし、ユニコーンってどういった夫婦(?)形態なのでしょうねぇ。

今巻ではフィオががんばったというかアレインさんががんばったというかですが、どうもフィオの治療にはまだかかりますから次巻以降ではレイナがあの治療を施すことになるのですね・・・。恥じらいはあったものの、アレインさんは割り切っていたけれども、レイナはどうでしょうねぇ。結局フィオが意識を失わないことにはしないでしょうけどってこれはアレインさんも一緒か。

あ、レイナも主役ですからがんばっていますと補足、なんたってフロストドラゴンとの一戦はすごかった、でもソード・オブ・ユニコーンからまとうあの鎧はなんだかいただけないsweat01 メローナ七変化でのエリナに化けたメローナへ笑いながらの脳天一撃って姉妹仲を感じさせますねぇ。

クイーンズブレイド カース・オブ・デビルリング (HJ文庫 お 3-1-5)
クイーンズブレイド カース・オブ・デビルリング

「ATOK」体験版を体験中

「ATOK定額制サービス」も9月から始まりますので、このところのIMEに不満があった私は、せこくひと月無償な「ATOK体験版」をダウンロードして、様子をうかがっています・・・いや、もう9月から定額制を始めることはきめていましたけどsweat01

いやはや、変換が安定していていいですね。IMEはなぜか直前に変換したものが次の候補に回ってしまうということが多く、いらいらしっぱなしでしたが、ATOKにしてからはそれはないです。
ほかにも携帯で使用していて便利だったこれまでの変換内容から単語じゃなくってもっと長い文面を一括して入力できる機能は、まだ入力内容が少ないのか、それともキーボード打つ方が早いからか、活用できていない。いやもう少し手になじむようにショートカットの整理をしていないからでしょうか。

ATOK.com - 日本語入力システム「ATOK(エイトック)」や日本語に関する情報のサイト

とりあえず日本語変換の問題はクリア、ただ、変換以前にキーボードの問題がsweat01 もうこのGatewayのキーボード、高さが合わないのか、中央部のキーの入力圧がこれまでよりも必要なのか、打鍵したのに入力が認識されていない。むー、「N」とか「B」とかがどうにもうまく入らないことが多い。
次はキーボードを換える算段です。

2008年8月26日 (火)

「PMP」有効期間がちょっと長くなりました

この8月下旬からPMPの有効期限が取得日からの3年間ということになりました。
早速ログインしてチェックしてみると、確かに私の取得した日から3年、いや今回は移行期間ということで4年が有効期間となっていました。
私は10月の頭に取得していたので実質10ヶ月期間が延長したので結構嬉しいです。
なんたってPDU集めるのも大変だし、更新料もかかりますからね。

PMI東京支部のPMP資格に関するFAQ

2008年8月24日 (日)

「REVIVE!」4巻、終わりました

「REVIVE!」4巻、連載での最終回に遅れること1日、最終4巻の発売です。

当然、最終回まで入っております。おまけページも今度もありましたが、この作品についてのそれではなく、3DポリゴンCGの話題です。
結局のところ、なんだったのか。やっぱりサラリーマンをリストラされても戻るべきはサラリーマンだったところが、悲哀ですね。というか今はそれ(正社員)こそもなかなか戻れないでしょうから、ある意味理想的すぎる終わり方。こんなでもなぜか夢物語に見えるから、それこそそういう感想を抱く自分に涙しますsweat01

REVIVE! (4)

なお、表紙にある文言の、「その時妻は・・・?」って、別にあおっただけでなにもなかったなぁ。あの女医さんのこととか、もっといろいろ展開が予感していたのに、ねぇ。

この作品は、もう読み返さないだろうから・・・ドナドナかな。

2008年8月23日 (土)

「もっけ」8巻、静流と瑞生が離れていてもつながっていてちょっと嬉しかった

「もっけ」8巻、です。
家族と離れて生活している静流の方はなかなか人間関係が難しいことになっています。でも、それは家族と一緒な瑞生も一緒ですね。
とはいえ、二人の性格のせいか、全然その雰囲気が違う。
静流は重く重く深く深くというますますこれはきついでしょ? って悩み方ですが、瑞生はどんどん行動起こして結果静流よりもやばい展開が多いのですが、その行動になぜか妙な安心感がある。
かつてはこんなことも?的におじいさんの持たせたお札とかが出てくるのですけど、ここのところおじいさんの行動がそれなりにゆっくり、ぎりぎりで登場で結果、瑞生の頭ごちんで終わり。
瑞生が頼もしくなってきたところで、静流の方にもなんと救いの手。結果的にだけどsweat01

いやあでも瑞生にも弟分ができたことが彼女のお姉さん的な頼もしさを作ったのでしょうけど、静流にまでどっちが姉がわからないなんて言わせるまでの成長とは・・・。もうすっかり水着やお風呂やパンツやらと、ヒロインですよsweat01 いや・・・もっと静流をヒロインっぽくしてください。

静流は見鬼という性質があってそっちばかり見てしまうからでしょう、人の持つ心の内面を見抜くのがむつかしいのでしょうねぇ、このところの重い展開もそのための訓練なんだと信じて、そろそろ楽しい話にならないものでしょうか。
瑞生は、非常に元気ですね。でもそれほどこっちも愉快は話でもないからこの巻は重かった。いやこのところ重いばかりなので巻末の豆もっけの三毛さんの話、それとなんと言っても久々の静流の水着なイラストが、久々の息抜きでした。
・・・ああ、ここの感想そのままそのラストのイラストの瑞生と静流の会話で現わされていたsweat01

もっけ(勿怪) 8 (8) (アフタヌーンKC)
もっけ(勿怪) 8

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード