コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 「アルカナハート」、「FULL!」も含んでPS2に移植ですね | メイン | 「無敵看板娘N」5巻、最終巻です »

2007年7月 8日 (日)

PMP資格維持のためにeラーニングをした

昨年秋にPMPに合格しております。

しかし、PMPは合格後もその資格を維持しておくための活動をPMI本部に報告していかないと3年で失効してしまうのです。
PMP試験受験する際に必要だったPDUという単位で60単位を3年のうちに取得しておかねばなりません。ちなみに試験受ける際には35PDUです。
これはPMPの最新を理解しておいて時代遅れなPMになってしまわないようにする意味もあります。わたしはPMBOK2005で合格していますので今のところPMBOKの変更はないのですけど。

基本的にはPMI認定の講座を受講するとか(これは去年試験受けるための35PDUでした)、通信教育とか、逆に自分が講師になってPMPの学習講座や勉強会をするとか(これはこういう活動をしたとPMIに報告して認められたらだけど、基本的に社内での勉強会ではだめなので結構難しい)して取得します。
やはりPMI認定の講座を受講するのが安心確実です。
でも当然ですがその講座の間時間を拘束されますし、こういうのはお値段も高いです。
故に今回は会社が指定するPMP学習の通信教育を受講することにしました。会社指定でのPMP資格維持なので費用も会社持ちですし、ほぼ選択の余地なしですsweat01

受けたのは「ネットラーニング」の「PMI(R)公式認定ITプロジェクトマネジメント(35PDU取得)」です。
これは試験を受けるための35PDUにもできるので、受験を考える方も検討してみる価値はあるかも知れません。
内容は当然ですが最新PMBOKに基づいたものとなります。試験対策講座とは違い、PMPの学習講座ですのでこれをやっとくだけでPMP試験に赴けるものではないですが、PMPの体系を学習するにはもってこいでした。
特にIT系PMを念頭においた内容になっており、それとPMPとを結びつけております。SE経験があると非常にわかりやすいです。昨年受けたPMP講座は一般的なものでしたからPMBOKの考え方がわかりにくい部分もありましたが、この通信教育からPMBOKに入ると案外すんなりいけたかな、と思いました。

なお、eラーニングでの通信教育ですからWebで読むだけでなく、確認テストを行う必要があります。これで悪い点取っても受講は問題なく終了になるとは思いますが、PMIへのPDU申請時にはこの講座の結果を登録しないといけません。(出来具合を5段階くらいで評価です)また、PMIから受講講座の法にも問い合わせが入るので、あまりに低い点だとPMIが認めてくれないかもしれないですので頑張りましょう。
確認テストは4択式もあれば記述式もあります。チューターの方がついており、その方の採点があり、必要に応じて質疑応答も掲示板形式で可能です。

最期に、やはり35PDU分、PMBOKをひととおりするのでWebでの文章量はかなりのものがあります。Flushを使った動画形式の説明もあり、一気に一日でやる、とか無茶は考えずにじっくりやりましょう。

ネットラーニングHP

これが申請どおりに認められたら後は25PDU、多分この講座をまた受けてもダメなんでしょう。
PMBOKが更新されると、当然同じ講座でも最新を知るためということでOKなんでしょうけど、今のところ更新されていないし。
来年になったら年変わったからOKにならないかな? とか思いつつ、今年のPDU稼ぎはこれくらいにしておきましょうか。

ちなみに、自宅学習で35PDU取るためには
Project Management Professional 試験対策講座 1 基礎編 PMBOK (R) 第3版概要 CD-ROM(6枚組)

Project Management Professional 試験対策講座2 実践編 PMBOK (R) 第3版概要 CD-ROM(5枚組)
という手もあります。

ただ、この「ネットラーニング」のeラーニングの方が教育期間(半年)内のみですが質問し放題ですし、恐らくリーズナブルです。
半年の受講期間後もさらに半年は閲覧ができるのでPMP試験受ける人でこの期間内で受かるつもりならこっちのがいいかと思います。
だから、単にPDU稼ぐだけならなおのこと、「ネットラーニング」のeラーニングですね。

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード