コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2007年6月 | メイン | 2007年8月 »

2007年7月の28件の記事

2007年7月31日 (火)

「ナチュン」2巻、ヒロイン(名前まだ不明)と件の数学者とが出会っているし

「ナチュン」2巻です。
この巻でも引き続き沖縄の小さな島での日常がたんたんと進んでいきます。
この巻現在、まだ謎だらけのヒロインです。そうそう、名前もまだ不明ですね。主人公によってドル子(仮名)が名づけられましたが、これはまあさすがに・・・いや、なんかこのままでもいいか? それよりも彼女自身の周りに謎がたくさんです。まさか泥女が本名なわけ・・・ないとは思うけどsweat01
特にこの巻では1巻冒頭、この作品の端緒となるイルカ映像論文作成の数学者が再登場。でも出会ったのはドル子、ある意味正解だけど。
きっとこの二人の間で想像を越える交流があったに違いないと思いたいです。この出会いが今後の伏線になると信じて覚えておこう。

とにかく主人公テルちゃんがのほほん過ぎる、流されまくりですねぇ。ただ、ゲンさんが案外いい人だったようで、なんとかこれまでやれてきましたが、またなにやら不穏な空気が流れ始めてもいます。それにしても、テルちゃんって案外その手の研究者(?)では有名人?
さあこれからスペクタクルなSFロマンになるのかなぁ・・・せめて海洋ロマンくらいにはなってほしい。いやもう海洋ロマンと言えば言えなくもないか、イルカも出てきているし(それは間違い)sweat01

ナチュン 2

ナチュン(2)

「Oracle Master Silver DBA 10g」合格

「Oracle Master Silver DBA 10g」の試験を受けてきました。
結果は89%の正答で合格でした。

とにかく受験の申し込みする際に7月初め頃だったのですが、連続3枠空いていないと受験できない時間のかかる試験でした。
ただ、PMP試験の4時間の試験を受けている身としてはたいしたことない、とか思ったのですがぁ・・・受けるよりも受験予約が大変でした。
これまでアールプロメトリックの試験って思い立って申し込みサイトから申し込むと1週間くらい先なら受けやすい時間でいつもの受験場所でOKだったのですが、今回はもう空いていないsweat01 連続3枠空いていないというところでもうずずずいっとほぼ全滅。土曜日とか空いてはいるものの、休日出勤扱いで受けることになってしまうので平日、そして7月に受験する予定って会社に申請しているということもあり・・・ぎりぎり、そしてしかもいつもの受験場所でない上に時間も朝一からでした。
試験までの最後の踏ん張りの時間があまりないことが不安でした。

さて、試験は結局問題集や黒本の問題部分を集中的にやり、合格ノートを作って対策をしており、最後の踏ん張りは作った合格ノートを読み返すことで対応。黒本にチェックシートがあったけれどもそれは使わなかったです。
試験内容についてはなんとも言えないのですが、黒本などにも書いてあるとおり、質問の癖、というか日本語化における癖に慣れておかないといけません。なにを訊いているのか、なにを答えさせたいのか、なんとなくでいいので方針をもって試験に挑みましょう。
うーん、方針というか方向は、結局問題集などの問題をたくさんやっておくしかない、ですね。

オラクルマスター教科書 Silver Oracle Database 10g DBA 10g

徹底攻略 ORACLE MASTER Silver DBA10g 問題集

ただ、勉強していて思ったのですが、どこかで聞いた用語とかどんどん出てきます。なぜ知っているんだ? なぞと最初不思議でしたがそりゃあそうでした、Bronzeの勉強していて知っていることを更に掘り下げているのですから。
まさにこれの前段階にあたるBronzeDBAの後につながっています。
できることならBronze受けてそのままSilverの勉強を行ったほうが効率のよい勉強ができると思います。

2007年7月29日 (日)

「Udon's Art of Capcom」の表紙、屋台の春麗さんのでなくなった

「Udon's Art of Capcom」、邦題は「ウドンのカプコン画集」ですが、Amazonの表紙画像、いつのまにやら(2007/07/29現在)豪鬼のやつに統一されていました。
うーむ、E.本田屋台のやつは春麗さんがでかくてよかったのにぃ・・・。せめてそのイラストが画集内に収まっていますように。

Udon's Art of Capcom

KIRIN「NUDAグレープフルーツ&ホップ」、甘くないとこがいい

KIRINのNUDAに新味、「NUDAグレープフルーツ&ホップ」が登場です。
これまでのNUDAは炭酸が効いているけれども微妙に甘いような感じがしていました。炭酸効いているうちにはいいのですが最後の方、飲み終わりの炭酸抜けてきた段階ではなんだかもうちょっと残念な味になっていました。
でも、今回のグレープフルーツ&ホップ、名前からわかるとおりの柑橘系の味、いや多分にフレーバーがよく効いています。最初の一口目からドライな印象。爽やかに最後まで飲みきれます。またホップによる微妙な苦味もアクセントとしていいですね。
炭酸系のゼロカロリーならここのところ「ゲロルシュタイナー」、ないなら諦めて硬度高めのミネラルウォータかお茶か飲んでいたのですが、ここに来て強力な商品が出てきたので、いろいろ安心だ。なんたって「ゲロルシュタイナー」は限られたコンビニしかないですから。でもNUDAグレープフルーツ&ホップ」は自販機でも案外入っているので、この夏は飲む機会が多くなりそうですshine

KIRIN「NUDA」公式HP

ひろがる香り。ほのかな苦味。甘くない。【送料無料】キリン NUDA ヌューダグレープフルーツ&ホップ 500ml×48本

2007年7月28日 (土)

「コミック発売スケジュール」、作品タイトルをすっきりしてみる

「コミック発売スケジュール」「文庫発売スケジュール」、なんだかAmazonでの各作品のタイトルが長くなってきていますね。
これまではタイトルと巻数(ただしなぜか()つきでダブっていたりもする)だけでした。
そこが昨今徐々にその後にレーベル名(***コミックス、***文庫、とかです)がつくようになりました。うーん、なんだろう、これってカテゴリに入っているべきものじゃないのかなぁ。
最初はレーベルもわかってわかりやすいと思っていたのですが、これでスケジュールにずらーっと並べて表示すると、もう賑やかすぎて逆に見辛いsweat01

・・・はい、というわけで取りました。もともと巻数のダブリも省くようにしていたのですが想定外のレーベル表示が入ってそれも取れない状態でしたから、取ってみたらとってもすっきりですheart
でも、シリーズ名以外のカッコ表記が付いていたりする作品タイトル、また、なぜかシリーズ名が2回ダブってついていたりする作品もあったりと、微妙に取りきれていなかったり、逆に取れすぎていたり・・・。
ま、そこはそれ、商品プレビュー機能が実装されておりますのでタイトル上にマウスを置いてプレビューを見ていただくということでよろしくです。
ぼちぼち直していきます。

コミック発売スケジュール

文庫発売スケジュール

2007年7月26日 (木)

「宙のまにまに」3巻、近江鉄道とタイアップ?

「宙のまにまに」3巻です。カバー外した本体の表紙裏表紙は予定通りに秋の星座です。いつの季節もそうですが、南の方の星座ってまともに見た記憶がないです。プラネタリウムで南半球のプログラムを見るとものすごい違和感が! ・・・いつか南半球に行かなくては!

さてカバー表紙はフーミンが目立っていますねぇ。前巻では大活躍だったからこの巻も文化祭で大いに登場してくれそうです。
で、感想です。読んでいない方は気をつけて。





がーん、あんまりフーミンの出番がない! 後半高天ネットの展開になるともう出番が・・・て、まあいいや姫ちゃん大活躍だし。と言いつつもちゃんといいところで出てきているフーミンだったりもする。・・・あと、なんかだんだん巨乳度も上がっているような気もするなぁsweat01

文化祭はその開催中のごちゃごちゃ度とかそれまでの準備の忙しさとか、とにかく一番おもしろいとこが余すとこなく描かれていてとっても満足。ロッテンマイヤー喫茶、これはこれでそのシーンがあればもっとよかった? いやさこれは想像で補った方がおもしろいか。

後半の高天ネットでは数々の星猛者が登場するかと思ったのですがなんのことはない、美星や部長も充分猛者だったことがわかって嬉し!!
姫ちゃんは今回文化祭準備でいいところ見せました。なんていうかいつもの空回り気味な感じでなくしっかりなにかを築いたと思うのですが、報われていないのかなぁsweat01

宙のまにまに 3

さて、高天ネットというか野木城高校の面々の名前の由来が近江鉄道だと、さらっと後書きに書かれてそれ以上の追求がないのですが・・・作者は出身も住まいも関東のほうだし、どういう関連が? は、もしやなにかタイアップでもしているの、と近江鉄道のサイトをチェック!
特段なにもない・・・いや、「近江鉄道 星」で検索をかけるとなにやらある・・・って「近江ビアトレイン星空生ビール号」・・・ビアホール列車でしたsweat01
なんかその他有名な天体観測施設が沿線にあったかなぁとか粘るもののよくわからず。
謎だ、なぜ近江鉄道だったのだろう?
近江鉄道グループ公式HP

これがきっかけでなにかイベントしてほしいなぁ。

2007年7月24日 (火)

「コミックリュウ」2007年9月号、こちニャンは実在するか・・・?

「コミックリュウ」2007年9月号、表紙は白亜右月さん、リュウというかなんと言うかカブトムシ(?)のような感じにも見えるキャラです。

「ゆるユルにゃー!!」、前回の最期で恐ろしげに出てきて終わったシザーズハンドのキャラ・・・。覆面を取ると優しそうなお姉さんでした。が、ヨーク以外の二人はなにげに危険を感じております。行ってみると3姉妹らしいのですが現在ふたりだけ、もう一人のキャラは登場しないままですが、この二人、怪しい? なんたってミルが振り回されるくらいですからね。ああ、そう言えばこの二人、登場シーンは被り物だ! ミルとキャラ被っているよ、これは危険だ。
結局ニャンボにはまだ合えないままです。
でもってボスがまた登場できない、でも子分二人は出てきました。間もなく名前も決定です。

「RIVIVE!」、小此木さん、遂に決定的な展開です。でも、なんか微妙に勢いで辞めてしまったようですが、あんまり格好よくもなく、とは言っても嵌められたわけでもなく、ただただ泣けますねぇ。ただ、もうこれはどう見てももりもと模型店にかかわれっていうことなんでしょう。とは言え、仕事もない状況でそんな簡単に手伝いにいけるわけでもないし・・・? そういえば田安さんと同じ位置に並んだ小此木さん、か。田安さんは飄々としているのだけれども、彼もそろそろなんとかしないといけないのでは、とか変なこと思います。ただ、この田安さんのみファンタジーsweat01な感じもするから無視しといて小此木さんに注目しておかないと。

「晴晴劇場」、龍神賞で銅龍賞を取った作品です。絵のタッチは好きですが、4コマとしては・・・。キャラは主人公のなまりがほのぼのしているのですけれどもなんかありがち。4コマよりもストーリーマンガでこのキャラ達を活躍させてほしかった。
次回はストーリーもので読みたいです。

「陽だまり少女紀行」、高知編、前編。そして夏、夏です。やはりこの作品は夏が似合います。そしてある意味今回この雑誌で一番いろいろ調べてしまったsweat01
夏の高知紀行って感じに珍しく有名どころをバックにキャラが居ます。いつも最初とか最後のシーンとかでその地方を感じさせるシーンくらいでしたが、どうしたんでしょう。ただ、普通にはそこに住むキャラによるものですから観光地とか有名どころなとこには逆に行かないからねぇ・・・。
あ、調べたのはなにかというと、「こちニャン」です。「今やヒコにゃんをしのぐ」なんてキャラが言っていますからもしかしてホントにそんなのつくったのかと調べたけれども・・・どうも実在はしないようですね。うーん。だけど「ひこにゃん」は有名だとしてもそれ以外に「しまさこにゃん」とか「しばにゃん」「やちにゃん」「いしだみつにゃん」とかファミリーが形成されているのですねぇ・・・sweat01

「青空にとおく酒浸り」、今回も引き続きMM全開、そしてMMのジンさんの名前の由来、いやMM自体の秘密も一気に明かされていきます。なんていうかSFっぽくないとこがまたこの作品の魅力な種明かし? しっかし志の高さで優劣が決まるというとことか、なんか元ネタあるんでしょうねぇ・・・。
今回は小朝がジンさんにほぼ身体の全権を委任していたのでその表情がいつもと全然違います。シノさんよりもサディスティックなその表情、満喫しました。

「ひなぎく純真女学園」、前号では休載でしたが、今回はいつもどおりに始まります。ああ、また樫宮さんの夢で始まったかと思ったら、夢でない。彼女自身まで夢じゃないかと疑ったのですが夢ではありませんでした。
でも内容は図書室での怪談話というもしかして今回は最後の最後で夢オチじゃあないのかと思わせる展開です。夏ですねぇ。
樫宮さんのパニックもあいかわらずラブリーでした。が、スナ先生ってもっとなんか裏のあるキャラを予定しているのですが、彼女も今のところほのぼのキャラになってきた。
ま、それはそれでよいか。

「お茶づけ係さん」、たべものがたりの2です。
さあ、前号での1は淫靡なオチだったので、今度もまたどういう婀娜が見せてくれるのでしょうか。気になります。
が、今回はなんていうかかわいい作品、いやそれは前回もそうだったけど最後のオチがすごかったので、今度もそうかというと全くそんなことなく、逆にやられてしまいました。
お茶づけ係さんとはお茶づけの精なのでしょうか? こんなお茶づけ食べたいです。
この作品、次回も登場です。次はどんな食べ物できますか、楽しみですheart


月刊 COMIC (コミック) リュウ 2007年 09月号


ただ、巻頭の「女王様ナナカ」、うーん、微妙すぎるというか創刊1年経ちますが、未だに方向性の模索が続くのでしょうか。
とにかく、「ネムルバカ」を連載化してください。次号は・・・ないのか。しかし最終回が2作品、多いな・・・え、「つばめ」も終わりなの? なんか、「ありがとう」という字も印象的で、イヤな予感が・・・。
電撃的に休刊? だけは避けてくださいsweat01

「神羅万送デリバリア」1巻、暴走系が二人も居るけど大丈夫か?

「神羅万送デリバリア」1巻です。こやま基夫さんの作品ですので、本屋さんでコミックが並んでいるのが初見でしたが迷わず買いました。
やはりおもしろいですね、主人公周辺のメインキャラは主人公、父、祖父、そして父のかつての同僚の女性とか、主人公のガールフレンド。
でも親子3世代が中心です。母親とか祖母とかは今のところよく把握できていませんが、こやま作品なので放っておくわけもなく、今後重要なところで絡んでくるのでしょう。
しっかしWebコミックでやっているわりには、この作品内容ってもうWebは偶然出来た自己増殖ウイルスによる魔の巣窟でまともに使えたもんじゃないって状況です。でもネットワークは使わないことには成り立たないから、汚染されないよう気をつけながら使う、という状態。
「わりと無難な未来」と作中にありましたが、そういえばそうなのかもしれませんね。
でも、話の中心はそういうサイバーな部分での展開ではなく、あくまで運送屋さんのお話。そのサイバーなとこはまあ取り敢えず置いておいて、主人公と祖父の暴走っぷりを楽しんでいればそのうちに頭脳派の父側からなにか展開が始まることでしょう。
私としては気になるのは宅配ロボ、1台だけ汚染されずに主人公のいる運送会社のKIDに残りました。忘れた頃、結構重要どころで再登場するんでしょうねぇ。

神羅万送デリバリア 1巻

「つぶらら」2巻、「つぶらら」結成!

「つぶらら」2巻です。
遂に、このタイトルの意味がわかる時が来ました。
というわけでネタばれですので読んでいない人は気を付けてください。





主人公のつぶら、というか鈴置さんって言ったほうがしっくりくる感じにみなに畏敬を受けつつも、ただただ彼女はひたすらに「キャラエン」のファンであり続けていただけの1巻では、迫り来る困難を乗り越えるべく結果として応援団長になったのでした。
それにしてもただひたすらファンなだけでどう今後の展開があるのでしょう、いずれはキャラエンにも逢えるような素敵な展開があってほしいけど、こんなんじゃあコンサート行くくらいしかない。でもそこですごい偶然なんてあってもご都合主義過ぎるし、ここは敢えてキャラエンは遠い遠い存在として、ひたすらにファンであり続けるつぶらの生き様を見せてもらえるのでしょう、と変な期待をしていたらです、はい。
なんといきなりのアイドルスカウト! こんなん無茶なご都合主義・・・と泣きつつ読んでいるとsweat01段々わかってきました、この「つぶらら」、そんなに甘くはやはりなかった、ほっとしました。
ローカルアイドルで、しかもよりよってキャラエンの番組の裏の枠に生出演・・・HDDレコーダを買ってもらえたもののそれでは家族は自分の出ている番組を録ってしまうし(ある意味当然だ)、とこれまで以上にキャラエンが遠ざかる。
また、相方(?)のつららに引っ張られつつもやはりそこはつぶらですね、あのキャラエンを想うがあまりの頓着のない様がTVでもやはりクールな魅力となっています。
このなんともいえない誤解な魅力は彼女をどこまで上り詰めさせてくれるのか、楽しみです。

つぶらら 2

あ、あと取材で出会った高校野球の高柳くんは、これから絡んでくるのでしょうか。つぶらと性格似ているのでもうちょい登場してほしいですね。

2007年7月22日 (日)

「英國戀物語エマ 第二幕」1、レンタルして観ました

「英國戀物語エマ 第二幕」、ようやくDVDも発売です。
さて、取り敢えず買うかもしれないけれどまずはレンタルで借りて観てみました。
ついでにPS3のアップコンバートがどんなもんか気になるのでそれも気にしつつPS3のアップコンバートしたハイビジョンで観ました。ま、このアップコンバートの入と切との違いはこの作品では言うほど劇的なものがなかったのですけどsweat01

さて、この第二幕は原作には居ないオリジナルの新キャラが居ます、ナネットさん。第1話はまさに彼女中心に進んでいくのでこのままエマといいつつも全く違う作品になったしまうのかどきどきしたのですが、第2話ではもうナネットの存在がほぼ空気のようです。普通にエマ、になりました。よかった。でも第1話であんなに印象的に出てきているのだからまたストーリーに絡んでくるのかなぁ。
あ、こんなこと言っていますので第二幕の情報は敢えてあまり入れていません。DVD買うか買わないか悩んでいるとこなのであまりネタばれてしまうと淋しい。かと言って買っておもしろくなかったらそれはそれで淋しいです。

ぱっと見OPやEDは第一幕のアレンジでまさに第二幕って印象がいいのですが、逆に物足りないものもある。
キャラの顔、というか目が妙にでかい。幼くなった印象かなぁ。メイド服も多少華やいだものに変わったこともあり、エマ絶対若くなっているように見えます。それにしてももっと原作な顔になってほしかった・・・。
ただ、メルダース家では使用人勢ぞろいのシーンが多く、圧巻です。ずらっと並んで出てくるとことかいいですねぇ。
ストーリーはナネットについては第1話でなんか決着? エマの性格もちょっと変わってしっかりはっきりしたものになっていますね。後のストーリーにもなにか変わりがあるのかもしれませんね。とは言え罪被らされてもその時は黙っているから変わりないのかな。
そして気になるのは展開の早さ、これは第二幕はメルダース編じゃなく、一気に完結まで行ってしまうのでしょうか。それだと12話で完結なんだ・・・ナネットの件も気になりつつ見ていくとあっと言う間に終わってしまいそうです。慌しいのはいやだけれど・・・sweat01
そんな中、ハンスはもう印象的にエマと絡んでいますね。原作よりもしっかり彼の周辺が書かれていっています。第二幕の重要キャラですね。彼の活躍、いやエマへの積極的なアプローチがよりはっきり描かれるとおもしろいんですけど。

英国戀物語エマ第二期公式サイト

英國戀物語エマ 第二幕 1

さてPS3のアップコンバートですが、止め絵だとタイトルのエマのメガネのフレームが入になると滑らかな曲線となります。でも切だとちょっとジャギーが気になります。そこら辺は髪の毛の曲線もそう。
とは言え動画の部分では全然見分けがつかないくらいの微妙なもの。最近の作品ですからDVD化での映像も悪くないってことですねぇ。

さて、早いトコ買うか買わないか、決めないと初回限定版なくなってしまうし・・・考えよう。とは言え、セルでも2話ずつだしレンタルと同時だと思うとぉ・・・sweat01 買わない方向に傾きつつある私。

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード