コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月の33件の記事

2007年5月31日 (木)

クイーンズブレイド第7弾、「炎の使い手ニクス」のプレビュー

クイーンズブレイド第7弾、「炎の使い手ニクス」のプレビューが、ホビージャパンゲームblogで掲載されました。

早速これを読んでの感想です。

待っていました。ついに魔法使いキャラです。ポイントはこれまでの、というか元のLost Worldsでは魔法は魔法カードとして別に集める(基本的にはゲームブック買うとランダムで入っている)ということでしたが、今回、すごいことに魔法カードなし! なしでも魔法が使えるように本家フライングバッファローさんとホビージャパンさんとで改良されたのです。当然ですがその魔法カードなしの魔法使いとして初のキャラが彼女、ニクスです。

結局カードではなくゲームブックの限られたページで魔法を表現するので、彼女は炎専門です。なるほど、そうなるともう他の属性の魔法使いもどんどんラインナップされるということでしょうか、これまた楽しみです。

魔法は非常に強力なのでその代償は外したときに自分に跳ね返るのが通例ということなので、彼女の武器のフニクラがお仕置きをしてバランスを取る。単にクイーンズブレイドらしくする、ていうことじゃあなかったんですねぇsweat01

また、キャラクタの源泉として、アメコミの超人、というのが彼女。なんか彼女のクイーンズブレイド参戦へのストーリーから痛いキャラって書かれているのはわかりますが、アメコミの超人も通じているものがあったとはsweat01
物語的にも、そしてイラストに加えてゲームシステムでもわくわくするニクス、楽しみです。

ホビージャパンゲームblog クイーンズブレイド 第7シリーズプレビュー「炎の使い手ニクス」

クイーンズブレイド 炎の使い手 ニクス

今日2007/05/31現在、画像はないもののやっとAmazonに載った。予約するためにまたAmazonショッピングカードを買ってこないとshine

2007年5月28日 (月)

「惑星のさみだれ」3巻、騎士がぞろぞろ

「惑星のさみだれ」3巻です。
前の巻ではどう見ても(姫を除いて)最強っぽい東雲半月さんがお亡くなりになってしまいました。まさかこうあっさり死んでしまわれるとなると、他のキャラもどうなることか、俄然緊張感増してきて、この巻です。

はい、例の如く感想ですのでネタばれありです。





もう少しよくわからない騎士、それが今回はぞろぞろ出てきました。なんでこんなにあっさり、という感じで後半は毎回2,3人ずつ登場って感じで、逆にこの巻で終わる(うちきり?)のかと心配になりました。
しかもわかりやすく世界観を夕日がまとめてくれましたし、目下の敵の魔法使いアニムスも登場。一気にキャラがそろってしまっています。
騎士がどんどん出てくるのはちょっと慌てているようで気持ちよくなかったです。でも、よく考えてみればいろいろ勿体つけて出てくるよりも、こう道ですれ違うように(というか実際は自転車で追い抜かれた)出会うのが、この作品、作者の正道でした。
ただ、それにしても三日月の戦闘狂なトコが執拗に描かれていました。これって、なにか意味ありげだなぁ。兄を追っていくのは勘弁ですが。
今巻でなんだか結構すっきりしました。ただ、こうすっきりさせた以上、さらに混沌とした展開がありそうですがsweat01

惑星のさみだれ 3

基本的にみんな騎士は頭か肩に獣を乗っけていますが、カジキマグロの騎士、残念ながらもうおられません。うーん、海沿いにしかいなかったのでしょうか? それとも抱えていた? 気になるぅ。
あ、まだ幻獣の三騎士がいませんね。でも、そのうち正統派な幻獣なんているのでしょうか。ひねったのをつれていそうで、それがどうなるのかも期待です。

35度以上で猛暑日、40度以上の日も用意する日がくるのでしょうか

急に天気予報で「猛暑日」なんて言葉を聞き始めました。
昨今暑い日が多くなってきたから気象用語の改正でできたんですか・・・。
30度以上で「真夏日」、35度以上で「猛暑日」、うーん、40度以上は? まだないですか。「酷暑日」とかになるのでしょうか。む、35度以上で「酷暑日」にすべきではという提言もあったようですね。「酷」が否定的な言葉だから避けたようですが、どうせもう10年もしたら40度越えだしてくるんじゃないのかなぁ。

さて、「猛暑日」以外に気象庁の発表資料を見ていて気になったのは時間帯に関する用語の修正です。
深夜0時から3時が「午前3時頃まで」をやめて「未明」に修正。
朝6時から9時が「朝のうち」をやめて「朝」に修正。
そして夜6時から9時の「宵のうち」が「夜のはじめ頃」・・・。
「未明」っていう表現が登場したのは結構喜ばしいことですが、私は「未明」って夜明け前だと理解していたのですが・・・ニュースとかでも深夜0時から3時くらいのことらしい。
また、「宵のうち」廃止か。なんでも「宵のうち」でもっと遅い時間まで含むという地域なのか人々が一部いるから。 「宵の明星」って言葉からすぐに日の沈んだ直後からの浅い夜の部分だとか思う私は変なのかなぁ。いや、「宵」で夜の始まり頃だとわかって「の、うち」ってつくからその宵の内側は夜遅く? 「宵の口」ならよかったのかも。

気象庁の平成19年報道発表資料 予報用語の改正についてHP

2007年5月27日 (日)

「空調ベッド」今年は布団にも対応です

このところ健康のため日々通勤やらなんやらで結構歩いているのですが、暑いです。そろそろ夏のことを考えないと、・・・なにか暑さ対策で去年考えた挙句断念していたことが・・・アレだ、空調ベッド、と思い起こして早速調べました。

なんと去年は試作品扱いだったのですが、今年はちゃんとした製品で保証もあります。そしてなにより一番嬉しいのが、布団でも使用可能! やった、うちでも使えますよ!

ただ、製品は洗えないのでシーツを被せたりして汚れないようにしないといけない。また、よほど暑い時でない限り動かし続けると身体が冷え切ってしまうようです。タイマーがついてはいますが、温度センサーなどによる自動調整はないようです。

寝つきをよくするために1、2時間くらいのタイマーで寝ておくってのがいいのかな。
朝方、暑くならないのだろうか? それとも朝は基本的に冷えるから大丈夫? 買って使ってみないことにはわかりませんね、こればっかりは。

構造的に中空で寝ている下に空気の流れる空間があるのは涼しいって直感的にわかりますので、楽しみです。

・・・と、まだ注文していなかった。
6月には第3ロットも出ますし、数はありそうだけど時季的にそろそろ大手のネット記事とか新聞とかで取り上げられそうだから、そうなると一気に売り切れ・・・かも。
うーん、うちは梅雨明けからしか使う機会はないだろうからまだ早いんだけどなぁ。

【楽天BB】空調ベッド 風眠寝苦しい夜はもうありません

「おおきく振りかぶって」8巻、コミック出るまで間があり過ぎて、つらい

「おおきく振りかぶって」8巻です。
長かった桐青との試合もこの巻で決着です。・・・とは言え、これって連載で1年以上前の話なんですよねぇ。アニメ化あっらからそれに合わせてコミック出るのが調整されたのでしょうか。9巻はすぐにでも出そうですが、さすがにもうちょっと早めに出していってほしいです。

というわけで感想です。当然桐青との結果も書いてしまうのでネタばれします。呼んでいない方は気をつけてくださいませ。





うーん、ポイントはレンレンのストレートが試合終了までに攻略されるかどうか。その行き詰る駆け引きがこれでもかって調子で描かれています。
すごい理詰めで野球が進んでいきますが、それでもモチベーションっていうものは目に見えないようで、よく目に見えて影響を与えます。でも結局こういう気の持ちようってのもコントロールできる、できるようにする日々の練習や生活っていうシーンが地味にしつこく描かれていて、試合もおもしろかったけど、練習なんかの日常のほうもおもしろい。
結局、桐青にはぎりぎりで勝った。けれども出会い頭で偶然勢いに乗って勝ったというよりも、そういう日々のシーンを見ているので勝つべくして勝った。なんていうか試合終わったシーンでは安部くんのような感想を私も持った。次はぎりぎりじゃない試合で勝てる、もうちょいレンレンがびくつかなければ・・・sweat01 試合翌日でのお昼に阿部くんやら田島くんやらがレンレンとこに来ますが、レンレンがものすごく自分を卑下して考える人なんだと、いやこれまでもそこそこそう思っていたもののここまでとは・・・。やっぱり中学時代のトラウマはそうそう治らないものだったと知りました。彼のそこの克服がどの段階で出てくるのでしょうか。まだまだ先のことなんでしょうけど。

今巻の印象的なシーンはやっぱ試合翌日でのお昼、レンレンとこでのお昼(カレー+弁当)の直前。みんなが花井キャプテンを見て挨拶をせかすところ。はやくはやくって目がすごい。パブロフの犬をもう日々からしっかりやっていました。
しっかし、こう読んでしまうと、三橋家の鶏カレー、すげーうまそうでした。(影響されて鶏カレーつくって食べました、はいheart

おおきく振りかぶって Vol.8

恒例の書き下ろしは、まずカバー外した本体表紙にいつも描かれている番外というか説明コミック、今回は「ある夏の日のマネジ・2」です。
マネージャーの仕事がこれまた綿密地味に描かれています。
そしてさいごにあるおまけは今回も野球のルール、「リタッチとインフィールドフライ」・・・ううむ、「インフィールドフライ」、1塁だけなら発生しなかったのか。間違えて覚えていましたsweat01

2007年5月26日 (土)

「咲-Saki」2巻、タコス喰いたいじぇ・・・な気分

「咲-Saki」2巻は、県予選開始です。
遂に咲の強さが広く知れ渡るのか・・・いや、それにしても一気にたくさんキャラが登場してきて連載で読んでいた時はついていけなかった。コミックでじっくりキャラをわかろうとページ行ったり来たりして読みました。

それにしても麻雀人気がすごい世界なので、県予選だというだけでごっつい数の報道陣。・・・ああ、これは高校野球の夏の予選っぽい感じに捕らえておけばだいたいイメージは合うのかな。
咲は当然無名なのですが、さすがに全中覇者な和は注目の的。マークされまくっていますが、他の高校もなんだか強そうです。特に龍門渕の扱いがしっかり全員フルネームで登場だし、同じ高校なのになぜか制服が違うしで妙に際立っています。
とは言え今巻は後半は風越女子のキャプテンのストーリーでした。なんてお姉さんなキャラで強いんだ。特に常に片目瞑っているというのは特徴的すぎます。当然試合中にその目が開かれると強さ発揮、とわかりやすい。しかもなにげにオッドアイか?
今巻の前半では飛ばしまくっていたタコス娘な優希ですが、そっか「タコ」がつけばパワーが出るのか・・・。とりあえずタコス食べたくなるのです。

試合は4校ずつで1校勝ちぬけていくのでトーナメントは一気に進んでいきます。2日目でもう決勝。それにしても竹井部長の試合での打ち方が謎です。なんなんでしょう? 合宿のシーンではみんなと一緒に打っていたシーンもちらとあるけど、咲と和にはなにか真剣な試合のとこは見せないようにしています。当然読者にも見せないし・・・sweat01 最初イカサマ師なのかと思っていたけど、試合会場は選手のみで観戦はTVカメラ、当然無線なども入らないというしっかりした環境です。イカサマの余地がないとなると部長の謎はやはり、真剣な試合の時は二重人格で性格変わるとかかなぁ。

咲-Saki 2

この作品のキャラの強さは神がかったものなので、ポイントはそのキャラの験担ぎやジンクスなどのせめぎ合い、と割り切って読もう。この先、そんな展開が多くなりそう。
しっかし和、ラーメンを高校まで食べていなかったんだ・・・優希の真似してるとこがいつもと違ってかわいかった。
今巻は主人公の咲の活躍が少ないし、試合も打っているシーン出ていないしで、次巻以降での決勝での活躍のための飢餓状態です。早く圧倒的な強さを見たいです。

2007年5月25日 (金)

コミックリュウ2007年7月号、無難におもしろかった

「コミックリュウ」2007年7月号、表紙のガジェット感というにはこってりしすぎているリュウ、よかった。きっと変形してガンタイプになるんじゃないかな。

前回は「君がスキだと酒浸り」だったのですが、予定通り「青空にとおく酒浸り」にタイトルが戻りました。
寿司、回転しないすし屋にての一席です。このところしっかりはっきりMMというメイン(?)テーマな部分に関連して盛り上がってきておりましたが、うーん、小朝親父が登場したということで今回はどう絡む、やはり酒がらみかと思っていたのですが、・・・全然MM関係なし!
せっかく進化したしのさんのMMだったのに見せ場なかった。うーん、おもしろかったといえばおもしろかったけど、MM絡んでいなかったのが残念。

「ゆるユルにゃー!!」、うーん、なんかこの作品は周りの作品と連携を取っているのでしょうか? 「酒浸り」の寿司ネタに続いてこっちも寿司ネタが! 
とは言えメインはボス達一行がヨークの町を訪れ、みんなと親交を深める話。しかしボスもびっくりのミルの被り物。ずっと引っ張って使ってきた甲斐があったというものです。
たくさんのキャラの組み合わせで楽しませてもらえそうでしたが、なんとまたヨークは旅立ちます。ただ今度は不可抗力ではなくて自分の意思で。ニャンボに会いに行くのですが、行くのは長老、そして今度は後からついていくとミルが・・・。そう、たぶんまた・・・。
次号も楽しみですheart

「うさぎ装束」新鋭読みきりです。
なんかホラーでした。とりあえず窓の外から大きなうさぎ達がもりもり覗いてくるのは簡便です。これで口をもしゃもしゃしてたらラブリーかというと・・・いやいや、恐いですsweat01

「陽だまり少女紀行」、尾道編、後編です。さああ今回はどんな有名な場所が出てくるか・・・ちらちらと観たことあるよなトコ出てきますが、今回もキャラがメインで(当たり前)それほど背景メインな場面はなかったです。とは言え、今回はずっと外でのストーリー展開だったので、結構見所も多く、話もよかった。このキャラ達でもう1,2話お話欲しかった。

「RIVIVE!」、小此木さんはやっぱり栄転を受け入れるのか、それとも蹴ってしまうのか、という展開のままです。なにかもっとスパーンとくる止めの一撃がありそうですねぇとか前回思っていたら、来ました。ここに来て新キャラ、この「もりもと模型店」の常連の中学生、というのが彼の心に訴えかけるのか・・・いや直接的にこの店がつぶれるという危機が迫っておりました。
次号、彼の会社で盛り上がりそうです。

「ひなぎく純真女学園」、今回は樫宮さんの夢話は男子校との合併により、なぜかおにぎりにドロが塗られるというハード(?)なもの。
今回は木成さんと樫宮さんが急接近、木成さんのノーブラ禁止を訴えかけますが、樫宮さん取り乱しすぎです。とりあえず男子の目に留まらないようにしたいらしいsweat01
スナフキン先生という新キャラが登場しましたが、この人が男子校との合併推進のために送り込まれた刺客なのでしょうか。みんなころっと彼女に丸め込まれていますが、ムーミン、いやさ樫宮さん、スナフキン先生の化けの皮を暴くのです! でも、樫宮さんの夢の中だけで化けの皮が暴かれたりして。

「the NEWS about NEWS man」、読みきりです。この作者の坂木原レムさん、前回の読みきりではぴんとこなかったのですが、今回はおもしろかった。
透視して人の裸が見られるばかりでなく、遠くてもその人の離す声や、場合によっては壁や建物を透視して中を覗くような芸当までできる彼、が主人公です。
ただ、その能力は煙草を吸うと収まり、一般人と一緒なのです。
うん、ここがポイントだ、きっとヘビースモーカーでニコチン中毒で基本的にはその能力が使えない。でもヒロインピンチで能力フル稼働しようにも禁断症状との闘いで・・・とかいう展開を思っていましたが、かなり違った。
煙草吸うと収まるってことがどこで絡むのかと思ったら病院で、でした。それほどストーリーに綿密に絡む煙草制限でなく、そこが残念だったけど、なんていうか金沢弁なのでしょうか、いい感じです。

そして次回は予定通り「ネムルバカ」第4回が来ます。隔月登場になってきましたよ! こりゃあ連載になる日も遠からじ、です。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2007年 07月号

2007年5月24日 (木)

「パンプキン・シザーズ」7巻、少尉がふたり居ました

「パンプキン・シザーズ」7巻です。今回は少尉と伍長とふたりでおでかけ任務です。でも、少尉はふたり居ました・・・sweat01
というわけで読んだ感想です。
読んでいない方はネタばれありますのでお気をつけて。





前巻からさりげなく話が続き、3課は例の如くえらい目に遭っています。
これはこれで微妙におもしろいんですが、それよりもなによりもアリス少尉とオーランド伍長、そしてもうひとりヴィッター少尉とで辺境のカルッセルに調査。

なんていうか少尉が二人でややこしいというか同時に「少尉」て呼びかけに応えるのがラブリー・・・。
自分だけ「少尉」と呼ばせてオーランド伍長の「少尉」を独占したかに見えたアリス少尉でしたが、そこのところが堅いヴィッター少尉に見抜かれてしまいます。いや、アリス少尉自身気づいていなかった感情に気づかされたので、逆にこれでこの二人の間は進展しそうな予感です。

で、連載時にはないインターミッションな書き下ろしは、ちい姉のトコの進展があるやなしや。メイドさんが物理的に後押しするばかりでなく化学的(マムシの生き血)にも応援してくれるのですがぁ・・・sweat01 こっちもアリス少尉どうようなかなか進展しませんです。
他にも3課のストーリーに地味にかかわる活動など、基本的にインターミッションな書き下ろしは下世話な展開を多めに交えつつ、本編の重さを和らげています。

Pumpkin Scissors 7

過去話で登場のフランシア伍長、ヴィッター少尉との関係がどうだったのか気になりますが、それにしてもヴィッター少尉の最初の印象、「フランシア伍長はどっちだ?」って・・・sweat01 ま、軍用犬が相棒だったとしても彼なら問題なく任務(共和国へ夫婦として潜入)をこなしそうだけど・・・。

2007年5月23日 (水)

Amazonショッピングカードが買いにくくなって来たような気がします

このところ、Amaoznショッピングカードを買おうとローソンに行くと、連続して「うちでは取り扱っていない」という回答にでくわすようになりました。ファミリーマートの方が置いている店が多い。

まだ開始1年も経っていないし100枚に1枚の当たりがあるキャンペーンも継続していますが、かつて買ったことのあるローソン店舗でいつの間にか取り扱いを止めているところ、多数sweat01 売れていないのかなぁ、便利なのに。

先だって黒烏龍茶ペリエ レモン 缶を買ったりした際もそうだったし、弟も海洋堂のセイバーフィギュア買うってんでAmazonショッピングカードを買いに行った際、同じ憂き目に・・・。

しっかし、結構買っている割にはまだ1枚も当たりが出たことがない・・・とは言えまだ通算で20枚も買っていないから、こんなもんなんだろう。

取り敢えず弟が予約した凛々しいセイバーを観て、なんとなく和んでおこう。

MON-SIEUR BOME COLLECTION Vol.23 Fate/stay night セイバー(ノンスケールPVC塗装済み完成品)

2007年5月22日 (火)

「もやしもん」5巻、おまけ付きは限定版じゃなくって特装版でした

イブニングを読んでみたら、連載の欄外にでかでかと「もやしもん」5巻には「通常版」と「特装廉価版」があると告知されていました。
「特装版」=「おまけ付き」、しかも4巻「限定版」の4倍の量作っているということで、結局何が言いたいのだろうかとよく読むと、「限定版」は数量限定だけど、「特装版」は売れたらまた追加して発行されるということです。転売対策のようですね。
なんだか4巻の「限定版」は高値で転売されたらしいのですが、うーん、全然気にしていなかったからなぁ・・・。

なにはともあれ、これで予約しておいた5巻「おまけ付き」はほぼ確実に手に入るようなので、安心です。

でも、私は3巻「特装版」のような値段一緒で表紙が違うってのがリーズナブルでいいのです。

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード