コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2006年11月 | メイン | 2007年1月 »

2006年12月の41件の記事

2006年12月31日 (日)

クイーンズブレイド第6弾、今度は天使と子連れ武器屋、ところでユーミルは・・・

「クイーンズブレイド」第6弾のキャラが今回は一気に二人とも判明です。

アキバblogのホビージャパン商品企画課の土産物屋ハンスさんのブログによりますと、ひとりは「光明の天使ナナエル」、絵師は空中幼彩さん。うーむ、知らない。とにかくイメージを見るとまさに天使。
武器は短剣でしょうか。ただ、自称エリート天使というところからしてなにか事情がありそうですね。そもそもなぜこの戦いに参加しなくてはいけないのか。
戦う上での特徴はどうも地上の武器は彼女に効かないということです。これってどうするの? しかも天使なので飛びまわるということで、これは不死系の攻撃しか効かないのでしょうか? ・・・ただ、弱点があるそうです。腰に下げた聖乳がなくなると天界に帰還です。飲ませる? いや単にこぼすだけでOKです・・・彼女に攻撃してもダメージは与えられないけれども、揺らしてその聖乳をこぼしてしまえばいいんですね。なんか設定が苦しげですが、絵的にはダメージシーンでは聖乳がこぼれているってことで、HP=聖乳残量ってことか。

もうひとりは「武器屋カトレア」、失踪した夫を捜す妻です。元冒険者で現在武器屋さん、子供も一緒に戦いに参加してしまいそうです。
絵師は金子ひらくさん、「流浪の戦士レイナ」の本編を描いておられた方です。おおう、なんか期待できそうだ。
それでもってさすがに元冒険者で武器屋さんってことでガッツばりのごっつい大剣です。こういう武器が来るのを待っていましたよ!
で、子供がまとわりついたまま戦うのですが、ノワのおサルと違って自分がかばっていかないといけないので、どういった戦い方になるんでしょう。ただでさえ大剣で動きに制約ありそうなのに・・・sweat01 でも一撃必殺が楽しめそうなキャラです。

で、武器屋と言えば鍛冶屋さん・・・そう、ドワーフのユーミル姫はどうなっているのですか! なんでもお色直しだそうですsweat01

私はきっと第6弾はユーミル+旧キャラ3Dかと思っていたのになぁ。

結局今年も仲間由紀恵カレンダーを買う

2007年はARIAカレンダーだけかとなりかけていましたが、やっぱしもうひとつは欲しい。
本屋さんのカレンダーコーナーで残されたものからサンプルみてよさげなものを捜す・・・。
2006は仲間さんカレンダーだったので、続くのもなんだと思っていましたが、見てみて買うことにしました。

2006よりも私の好きな仲間由紀恵、つまりコミカルな感じのものがあったから、というわけですね。
2006はなんとなく私の思い描く像とは違う感じだったのですが、2007のは毎月(いや毎2か月)いいのがそろっています。
特に早速の1月2月の振袖は楽しそうでいい。

仲間由紀恵 2007年 カレンダー

ただこのイメージってば昨年と一緒、当然このイメージはカレンダーにないです。表紙にしてほしかった。楽天で検索かけてもどこも一緒か・・・こりゃあこういう取り決めなんだろうなぁ。

PMP、大晦日に合格証書届く!

2度も送付に失敗していたPMPの合格キットですが、3度目の正直、送り先を会社から自宅に変更したところ、遂に到着。
大掃除して年賀状を今頃印刷しているさなか、届きました。
合格したのが10月上旬だったから合格して大体3ヶ月かかって届いた。

開けると全く持って日本語がないsweat01 PMI東京のFAQだと一端PMIアジアパシフィックサービスセンターに届いてから日本にくるのでその際になにか日本語化されるものとかあるかと思ったのですが、封筒の宛名からして全部アフファベットだった。

そして中はよさそうな紙の合格証書は私の名前が確かにありました。よかった、ちゃんと私のんだ。

さてさて、他になにか目だったものがあるかというと、PMPバッチがあります。あと2枚ほど書類。

年明けは会社に届いたって報告だ、報奨金ももらえるみたいだし、いやはや長かったけど、よかった。

でもこの資格は維持するの大変なんだよなぁ、会社のほうでそこんとこもケアしていくようですが、時間が結構かかるからこれからも頑張ろう。

2006年12月30日 (土)

「虫姫さま」と「ヴァンパイア ダークストーカーズ コレクション」の廉価版を買う

「虫姫さま」と「ヴァンパイア ダークストーカーズ コレクション」、両方とも廉価版で購入です。
中古で買うのはメーカーに還元されないし、かと言って多分ちょっと遊んですぐ次に言ってしまいそうなのってなかなか新品には手を出せません。
「ヴァンパイア」が廉価で出たのでお店に行ったら半年ほど前の廉価版が出ていたものの買い逃していた「虫姫さま」も廉価版があったので買いました。

「虫姫さま」はアーケードでもなんとなく手を出して結構できたので気分がよかった思いがあるのです。当たり判定ちっこいのでうまくなった気分(でも次の「虫姫さまふたり」はまだやってないsweat01)。
さて、早速アーケードモードの難易度を一番簡単なので始めます。簡単です。でも物足りない・・・というか画面に美しさがない。やっぱあの弾幕が簡単なのだと薄いからですね。とは言え難易度上げるとストレス溜まりそうだ。うーむ、じゃあアレンジモードをやってみよう。これは自動ボムもあるからなんとなくうまくなった気分でできそう。
うーむ、でもアレンジは二人同時プレーとかコンティニューができないのが辛い。

「ヴァンパイア ダークストーカーズ コレクション」、ヴァンパイアは初代とハンターはアーケードでやりこんだ。セイバー以降は家庭用でやり込んだけど対戦は駄目だったなぁ。
これはこれまでの集大成で全部入っているというのもあるし、なによりネオジオROM好きの私が気に入るポイント、格闘ゲームでHDDに対応。これです。ロード時間ないのって対戦格闘では必須だと思うのですがねぇ。SNKの移植もHDD対応にならんもんでしょうかねぇ。
・・・ゲームの内容はなんというかやりこんだままなので言うこともなく、楽しい。これは末永く遊べそうです。PS3のHDD対応ソフトにこれは含まれているといいなぁ。

虫姫さま TAITO BEST

ヴァンパイア ダークストーカーズ コレクション

2006年12月29日 (金)

「咲-saki」1巻、こんな麻雀コミックもありなんだ

「咲-saki」1巻です。ヤングガンガンなので知っているかというと、この手の絵柄はちょっと苦手なので実際全然知りませんでした。
先だって「凍牌」を買った際にAmazonでチェックすると例のこれを買った人は・・・でこの作品のタイトルが上がっておりました。
むう、なんだろう、とヤングガンガンのHPを見ると、私の行動をまるでわかったのように期間限定(2007/01/18)でコミックの1話から3話までが読めてしまったのです。
やるなぁ、さくっと3話読んでしまいました。おもしろかった。これはもう買うしか! と嵌められたかのようにコミック1巻を発売日に買ってしまいましたとさ。
感想です。読んでいない方は注意を。



主人公の咲は麻雀が自分は知らなかったものの相当強い。家族麻雀しかしていないから強さを知らなかったようですが、その強さの源泉ってやっぱその環境なんでしょうか。
ただ、なぜにか超人的なパワーを持っています。嶺上でツモって勝つことができるのですが、どうも話の中で山の牌がなにかわかっているようです。積み込みしているのか、超人的な記憶力なのか、それともまさに超人的なのか・・・。なにか平然と当然のように次のツモをカンしてとか思っているのでふと読むほうも当然のように流してしまいそうですが、うーん。
でも実際はこういうとこに突っ込むよりもこの世界、麻雀が世界的人気競技でそれで高校でも全国大会が大きく行われている、というとこ。でもこの大きな土台を置いたことで、あとはひたすら麻雀を中心の高校生活でも問題なし! プロっていうのはもしかしてプロスポーツ選手なみの認知度や人気があるのでしょうか。もっとこのコミックの世界での麻雀のおかれた状況を説明してほしいです。
でもでもまあそんなこともいいのか。メイド雀荘・・・これか? いやそれともタコス好きの優希、およびその口調か! いやいや私としては和の性格も気になるもののやっぱし生徒会長(学生議会長)で麻雀部部長竹井さんの麻雀の力量です。なんか全然麻雀していないで見ているばかりです。案外実践では弱いかも(というか弱いほうがおもしろい)sweat01 でも咲の力量も見抜くし結構強いンだろうか。

ヤングガンガン公式HP

咲-saki 1

そうそう、ヤングガンガンのHPのだと多分連載時のカラーページはそのままカラーなのですが、単行本だとそうじゃない。単行本でしか読んでいない人も見といて損はない、かな。ちょっと解像度は低めだけれども。

「バンブーブレード」4巻、今巻はおまけページ多くてお得

「バンブーブレード」4巻、表紙はサヤ。
絶対3巻で表紙にくるかと思っていたのですが、都よりもやっぱちょっと地味なんでしょうか。私はサヤの性格って好きだけどなぁ。
というわけで感想です。
まだ読んでいない方は注意してくださいね。



で、表紙のサヤはこの巻ではもう少し活躍していない。というか目立っていない。都がある意味目だっていたような・・・。
帯にもあるとおり遂に剣道部5人目になるかもしれないキャラが登場なのですが、実際彼女のことよりも都の因縁キャラの登場の方が気になったのでした。・・・で、その彼女、レイミの母がコジローと因縁まであったとは。ところで、巻末のほうでは一応主人公と書かれていますコジローさん、やっぱどうみても主人公に思えないsweat01

とは言え、やっぱり5人目候補の東さんも、剣道の強さ云々よりもそのドジっ子なとこが・・・すがすがしい。折り畳み傘じゃなくっておじいちゃんの収納ステッキで少し歩いてしまうシーンは・・・シュールで感動的でした。

さて、私としてはやっぱ主人公だと思うタマちゃん、この巻ではおとなしめ。バイトでとっても疲れているのでした・・・。剣道しているシーン、試合で強いってシーンがなんか記号のように一瞬でしたし。
ただ、お母さんが強かったことや、お母さんと一緒に居たときが彼女にとっての幸せな時期だったこと、がわかります。
現在家ではお母さんは居ませんが、これはいずれ物語にお母さんがかかわってきた時のタマちゃんのキャラがどうなるのか、興味深いです。

BAMBOO BLADE 4

こん巻は本編以外に読むところたくさんあってコミック買った甲斐がとてもありました。
まず帯、裏で5人目はどっちってことでまじめに答えようとしているタマちゃん、いいです。
表紙はサヤですが、帯の見返しの部分でこれに触れています。サヤの性格現れるセリフ。ちゃんと表裏でオチもついているし・・・サヤだ。3巻の都と竹刀の位置とか身体の向きが似ているけど、派手といえば派手なポーズ。
本編以外の幕間にはキリノ部長のほえほえQ&A道場、オチはやっぱしサヤってことでsweat01 ただ、タマちゃんは好き嫌いない人だとわかりました・・・ただ、私も思うなぜに大福が好きだというイメージが・・・。マメ大福かってに喰らっていたのはダンだったしぃ。
オマケまんが劇場も大量にページがあります。おもしろかったネタは人斬りの目のタマちゃんのと、町戸も出せ!なの。
町戸高校はしっかりキャラが出来ていたのですから、また出てきて欲しいなぁ。西やんの活躍が欲しい!
次巻予告カット、これには本物っぽい嘘がひとつ入っているそうです。前の巻でもそうだったようです。さて、なにかなぁ。連載読んでいるので大体わかるけど。しっかし表紙は誰でしょうね。剣道部5人目に東さんがなったら彼女が即表紙?

Amazonショッピングカードをまた買ったものの・・・

三国志大戦DS」を予約しました。
Amazonショッピングカードをまた買ってきて使ったのですが、やっぱりサプライズにならない。
1/100の当たりのカードって当たりそうでやっぱ当たらないなぁ・・・。
最近弟も「イース オリジン」買うのにAmazonショッピングカードを買って使っていましたが、それでも当たらず。
・・・まだ10枚程度しか使っていないので、確率からしてそれでもまだ10%の確率ですから、冷静に考えるとやっぱし当たらないで当然。

2006年12月28日 (木)

「バブミルキー」、バニラの香りはいい感じ

花王のバブミルキー「バニラの香り」です。
これはなにげにいいですね。バニラエッセンスを直接かいだようなこってり甘い香りではなく、ほんのり甘い感じ。
なにか知ったような匂いです・・・。
あ、外国製の柔軟仕上げ材のきっついあの香りをおとなしくした感じだ。
きっついあの香りはちょっと・・・なのですが、これくらいなら気持ちいいです。お風呂に入っている間に慣れてしまいますが。実は上がってからの香りの持続がいいです。先に家族がお風呂から上がっているその香りがよかった。

花王のバブHP

花王 バブ ミルキーカフェ 4種×5錠 (0414-0207)

2006年12月26日 (火)

「Oracle Master Bronze DBA 10g」合格

今日は会社の近所のいつも受けに行く試験センターの年内最後の営業日です。
この間(つい2週間ほど前)から勉強を開始していた「Oracle Master Bronze DBA 10g」を受けました。
これまではバージョンフリーな資格を取得してSilver Fellow持っているだけでした。
ただ、業務では10g使って開発をしていますし、管理もしているのでやっぱ10g資格も取っておきたい。いや使っているからこそ勉強期間少なくても合格できそう。

勉強は
徹底攻略ORACLE MASTER Bronze DBA 10g問題集
のみで、しかも通勤時間をその勉強時間としました。

さて、冬休みでもありますし、年内最後の日でもあるので試験センターは賑やかでした。なんだか慌しいまま受付からの待ち時間もちょっとしか学習本の最後の読み返しもできず、気がつけばPCの前。
そして始まる問題・・・うーん、なんか難しい。やっぱし最終的にこれだと確信持てぬ解答ばかりを積み重ね、それらにチェックつけて後で見直そうとしつつも、結局取り敢えず解答はしたものの全部見直すことなく時間切れsweat01
もしかしらた駄目かも・・・とどきどきのままでしたがなんとか7割程度正答でき、無事合格でした。

学習本のおかげでもありますが、この本は結構難しい。実務で、しかも10g発表直後に導入してえらい苦労した経験がなんとか合格へと結びつかせたようです。結局この本はよかったものの実務である程度わかっていたから読めたとも言えます。この本+OTNからトライアルDBをダウンロードしてインストールするとかした方がいいでしょう。

2006年12月25日 (月)

「クイーンズブレイド」第5弾、届きました

クイーンズブレイドの第5弾、今回はAmazonで予約しました。届いたのは昨日です。
いつもの平べったいダンボール張り合わせでなく、ごっついダンボールの箱に入っていました。開けてみると妙に無駄な空間が多かった・・・けどおかげて綺麗なまま。

さて、まずは「冥土へ誘うものアイリ」です。
カバー裏を一通り読んで、そしておもむろにいつものごとくカバーを外します。最近は2Pカラーってことになっているのでどうかなぁ・・・おおう金髪で白系の衣装。そうか1Pはダーク系だからこうなるか。ちなみにポースや武器に変化はなし。
そして早速ページを進めると・・・なんか全部背景が暗い。薄めの灰色から濃い灰色までありますが、これまでのほかのキャラのように背景白ってのがない。これは対戦するとき相手は妙なプレッシャーを感じるかも。
攻撃は鎌をひっかけるという動きがおもしろそう。盾を引っ掛けたりできるのか。
そして気になる体力を吸う攻撃、これはなにがあっても絶対1回で2ポイントしか吸わない。当然失敗もあるのでこれは体力初期が8しかない彼女ではピンチになってから慌てて吸いに行くのは危険すぎる。幸い体力上限はないので最初のうちにどんどん吸っていければ・・・。でも時々出てくる体力を1ポイントマイナスするか逃げるかっていう選択肢・・・この世にいるのに体力使うんですね・・・辛いなぁ。
しかも彼女の動作の選択肢も少ない。もっとオリジナリティあふれる動作を追加して欲しかった。
なお、透明になって体力を初期値に戻せるのが救いといえば救いですが、あ、ここでまず服が先に透けるのですね・・・sweat01
また、背後に彼女が廻りこんだ時、剣に映る彼女の姿は鏡に本性が映されるということですね・・・よかった骸骨とかゾンビとかでなくて。
最後の裏表紙見返しにはキャラ問答集新バージョンがあります。アイリ絡みが多いです。

「高貴なる戦士レイナ3D」、レイナのちょい若いときですね。CGモデルだから微妙に人形っぽいのかなと思っていたのですが、なんだか肌の色合いとかリアルですごいですね。生々しいですね、いい意味で。
カバー外しての表紙では2Pカラーですが、今回初めての快挙が成し遂げられており、感動しました。単にポース同じの色変えか、ちょっと小物が変わる程度だったこれまでのクイーンズブレイドでした。が、この高貴なレイナは色も違うし、そしてポーズも違う! この2Pのレイナの方がいい! こっちをカバーの方の表紙にした方が流浪のレイナとポーズ変わって別ものだとよくわかっていいのに・・・とか思ったです。
あ、でも本編のイラストの方はほぼ同じ構図をCGで実現ってことです。うーん、流浪のレイナの方はデフォルメ効いていたのがこっちだとやっぱ3Dモデルありだから微妙に迫力に欠けるのが残念。
ただ、これまたこれまでは同じイラストを拡縮していた近距離と遠距離とでの避ける動作が別のポーズになっており、CGってやっぱいいなって思ったり。でもどうせなら同じポースじゃなくってもっと違うポーズ・・・いやいやもっと技を変えて欲しかったなぁ。大概同じなのです。流浪と高貴、並べて見ていくのはおもしろいのですけど。
でも、買ってヤッパ満足です。今後ももっと3DCGキャラが出てきて欲しいです。


クイーンズブレイド 高貴なる戦士レイナ3D



クイーンズブレイド 冥土へ誘うものアイリ


さ、次は第6弾・・・て気が早い。いやそう言えばホビージャパンゲームblogでのトーナメント、そろそろ進んでくださいsweat01

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード