コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 冬の中辛、大辛、激辛 カレー味 | メイン | お風呂、温泉風なお湯が! »

2006年10月31日 (火)

光興業の液晶フィルタ SD8W-240SLZ/bを買う

DELLの液晶ディスプレイ2407WFPを買ってから、ビデオボードを換えてDVI接続にしてみたり、フィルタを買っては貼ってみたりといろいろと対策を続けていました。
結局上記の設定と輝度調整(ま、ほぼ0にしていたのだけれども)をすることでなんとか見られるようにはなっていました。
でも最近ちょっとプログラミングしてみたりするともう格段の目の疲れ、特にディスプレイに白を表示させるとどんなに暗くしても粒子状のぎらつきが目立ちます。
結局フィルタをもっとよいものにするか、ディスプレイ換えるかです。

色々と高そうなものから検討に入りますが、少し調べてわかりました。24ワイドって選択肢がないってことにsweat01

光興業の液晶フィルタのSUPER DESK8の24型のもの。ハイグレードとエコノミー、大きく2種あります。エコノミーでも結構なお値段ですが、こういう時ってもういいのにした方がいいでしょう。いくとこまで行ってしまえば駄目でも諦めがつくってもの。
透過率は70%のものもありますが眩しいのをなんとかしたいんですからそんな緩いことは言いません、ノーマルに50%のままで。
後はDELLのディスプレイに合わせて色は黒(他にシルバーがある)にします。

これでAmazonから注文です。うん、例のショッピングカード買い集めの9割がたはこれ購入に使いました。
Amazon注文すると在庫がないので取り寄せになるようで、ひと月以上先に納入予定となっています・・・。うーん、もうちょっと早くしてほしいと思いつつ待つ。
すると注文から10日弱、突然発送しましたメールです。案外早く入った、ラッキー。

翌日に届きました。・・・しかし入ってくるダンボールがでかい! フィルタ本体をふたまわりくらい大きい本来のパッケージ、それをさらにみまわりよまわり大きくAmazonダンボール。これだけ厳重ですから当然フィルタに傷もない。

ディスプレイへの取り付け方は平べったいゴムバンドです。単純にフィルタ両側にゴムバンドつけて裏側でディスプレイ本体を挟むだけです。
フィルタの枠は金属製です。そこの両側にゴムバンドとつなぐアタッチがあります。上下に移動するのでディスプレイの形状に合わせて適当な位置を選べます。
私のDELL2407WFPでは左側中央部にはカードスロットが並びますので上から5cm降りたあたりではめました。
取り扱い説明書によるとゴムバンドは調度の長さから左右3cmずつ計6cm短くなるように切って伸ばしてはめるように書いてあります。
このディスプレイの場合ゴムバンドの初期の長さが調度の長さから1cmくらい短い程度です。とりあえず面倒なので切らずにそのままはめてみました・・・安定した。いいやもうこのままで。
なお、フィルタの金属の枠はディスプレイの枠に調度収まります。色も黒なので違和感なくすっきりです。
あ、右下の電源ボタンやディスプレイ設定のボタンが隠れますが、私はディスプレイは本体電源連動にしているので問題ない。ま、ゴムバンドなのでちょっとずらして押して元に戻すことも簡単ですが。
ディスプレイに接する側の枠裏にはパッキングがついていますのでがたついてボタンを押したりはありません。あるいはパッキングがきつくって押しっぱなしにするわけでもないです。ゴムバンドきつくしたらどうなるのだろう? でもこのディスプレイは結構押す必要があるので直接そのあたりにゴムバンドを持ってこない限り大丈夫でしょう。

さ、そして見た目です。これまでの真っ暗のような輝度ゼロの世界や色調整なども一旦初期化して見てみます。
おおう、見やすい、輝度100だと言うのに眩しさが違う(眩しくないわけではない)。目に焼きつくようなぎらつきは治まりました。まあこれくらいの変化がないとね。
色合いもちょっとデフォルトの青みを押さえて輝度も50まで落として暫く使ってみます。

そうそう、せっかくですからディスプレイに張り付いているフィルタは貼ったまんまです。

光興業の高輝度大型モニター専用フィルターHP

光興業 液晶専用 SUPER DESK8 SLZ ハイグレードタイプ (24.0型ワイド)ブラックフレーム SD8W-240SLZ/b

なお、どうにも公式HPのHIKARI博士・・・いや、まあなんです、ねぇ・・・sweat01

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード