コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« この時期のCBT試験は混んでいます | メイン | 花粉症、私にとってはそろそろ本番 »

2006年3月21日 (火)

XMLマスター:ベーシックV2、受験結果

XMLマスター:ベーシックV2試験を受験しました。

結局勉強はなにをしたかというと社内で合格済みの人から聞いた有効な学習本「XMLマスター教科書 ベーシックV2 XMLマスター教科書」のみです。
ただ、有効な学習本だとは言うものの、XMLの試験の範囲は広いので量がかなり多かったです。結局最初から最後までは1回だけしか読めませんでした。それも受験日当日である昨日までかかってです。
他にはこの本についているCDに入っているiStudyのお試し版、練習問題をCBTでできるだけのものですが、これをやりました。この本に入っている全問題116問を出してくれます。解説などは本のどの問題の解説を読むか指示が書いてあるのでこのCDのiStudyと本とを連携させて使います。あとは練習問題をやった得点履歴やその履歴から苦手な問題のみテストする特訓なんかもあります。一度本読んだ際に問題も解いて解説も読んでいるのですが、そうそう簡単に理解できるわけもなくこのiStudyでいい点数が出るまで勉強しました。
とは言え時間も無く、最終的に80点くらいできている段階で試験を受けることになりました。ちなみに試験は50問制限時間60分、合格には70点が必要です。
練習問題で80点だからなんとかぎりぎりのラインで合格できるだろうと甘い考えで受験です。

さて、試験会場では受付してちょっと開始まで時間があります。頼るのはこの本だけですので当然のことですがそのちょっとの待ち時間に読み返します。どこをどう読むかとぱらぱらめくっていると、最初にチェックシートがついていました。いかにも試験直前に読むに便利な量と簡潔にまとまった内容です。巻頭ですのでこの本読み出した時にちらと見てはいますがその時にはちんぷんかんぷんでした。今となって読むとよくわかります。ただちょっと用語が本文と違うのでどきどきしましたが。なんにせよ、ちょっとだけラッキー

そして試験、V2試験は実践問題が多くなったとのアナウンスどおり、文章問題よりはXMLを読ませる問題が多いです。単なる記憶力勝負ではなくなっています。
時間が60分で50問だから1問1分でやって残りの10分で見直しとかもくろんでいたのですが、XMLの量が多いです。読むのみ時間がどんどん喰われていくので最後の10門あたりはもう時間との競争でろくな見直しはできませんでした。
ただ、最後の最後で見たチェックシート、なかなかいいものでした。あ、これは・・・とか思う問題がないことはなかったですから。
でもまあそういう即答できる問題があっても時間がぎりぎりだったのですからもっとXMLの読解力を鍛えておく必要があると思いました。

最後、残り時間10秒で終了ボタンを自らをして押しました。出来の予測などしている暇もなく、自分で時間内に終えたという満足を得るために時間切れ待たずに押しました。
結果は66・・・sweat01 ううう、なんでもうちょっと点数が伸びないんだ・・・と目を凝らしてよく見ると字が小さくて見間違いでしたsweat01
86点、合格です。見事にやってのけました。

その後受け付けで結果シートを受け取ります。
詳細を見るとXSLT,XPathが6割、名前空間もそんなもんでした。他はだいたい全部あっていたのでこれらが足を引っ張っていました。

よかった。受かりました。なんせ成果主義とやらで個人目標立てた中、資格取得部分でこのXMLマスターベーシックを挙げてしまった以上、受かっておかないと困ることになりましたから。ま、今回滑っても年度内にもう一度挑戦できる余裕とった日付にしていた、その気安めが効いたのでしょうか。
iStudyでの最終結果では80点でしたからそれ以上の点数の伸びはまあ誤差でしょうがもしかしたらチェックシートのおかげかもしれません。ぎりぎりまで足掻いておくものですね

最後にこの勉強に使った本について思うこと。試験受かるにはなんとか足りているものの章立てに疑問です。とにかく名前空間についてが一番気になります。名前空間の説明は最後の章なのにそれまでの章で何度も名前空間が取り挙げられています。で、出てくるたびに「名前空間は後の章で説明」とか書いてあるのです。先に名前空間を説明する章を置くべきでしょう。名前空間についてはたいした量の説明ではないですし。また、チェックシートも最初についているのは・・・。最後の模擬問題あたりに合わせて置いておくとかしてほしかったです。
そのチェックシートの用語と本文の用語が違っているのもちょっといただけません、結局同じコトを言っているのですが試験直前にそれ読んで困惑しかけました。ただ、試験でもどっちの用語で出てくるかわかりませんし、実際に使う際にも幾つもの別名を知っておいた方がいいとは思いますがやはり一冊の本として統一した用語でやってほしかったです。

XMLマスター教科書 ベーシックV2 XMLマスター教科書

結局実践することなく本だけでXMLマスターベーシックに受かったのかなと思っていましたが・・・そういえばAmazonのWebサービスでXML読んだりしていました(ま、ちんぷんかんぷんでしたが)。
うーむ、ここできっとそのXMLを見直すときっと、かなり違う印象を受けるんでしょう。

今年度はXMLマスター:ベーシックV2取得ですっきりです。来年度もすっきりいこうclub

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード