コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« UML試験、認定証がもう届く! | メイン | 宗像教授異考録、気絶する編集の人が居ない »

2005年9月 9日 (金)

24の登場人物は妙にネットワークに強そうだ

気がついたらもう24もシーズン4です。
ファーストシーズンからきっちり観てきております。
今回はサードシーズンまでの毎年ではなく、これまで以上に間を開けてのシリーズとなりました、伝え聞くところによるとシリーズ最高の出来とのこと(まあ、基本的に毎回そう言われていることでしょうが・・・)、なんにせよ楽しみで今回も早速1話から6話まで一気に観ましたよ。(レンタルで3巻セットで同時に出ている場合はちびちび借りていると途中で待たされる可能性が高いので)
今シーズンではかなり登場人物が変更になりました。むう大統領、失脚したのでしょうか?
でもそれよりもなによりも気になるのは今回もまたまたCTUの内部が落ち着かないこと。なんでいっつもこう問題が多い部署なんでしょうね。毎回その24時間の間に人辞めたり入ってきたりとするのが、まあおもしろいのですけど、そんな職場は疲れますね・・・。
で、ここのIT部門の人は妙に目立つ。そしてIT部門の人はシステム管理者兼技術者なので大変です。なんでかジャック以下CTUの他の人みんな「プロトコル」とか「ハードドライブ」(これは翻訳が微妙?)とか精通した物言いでIT部門のスタッフに注文つけます。システム管理とか、ネットワーク管理とか、ちゃんと分けて管理者置いておいてほしいです。合衆国をテロから守る重要なところだというのに。
で、いつの間にかしかめっ面がトレードマークなクロエが今やIT部門を統括しているようですが(下にはひとり居るだけなのかな?)、その大学時代の連れがNATの変換テーブルの書き換えを見てしまったとかでえらいことになっています。そのあおりでクロエもまた・・・ううう、もうちょい活躍してほしいです。今後の展開で、出番あるのか。
しかし私もネットワーク流れる生データなんて見ないです。(プロトコルはビット単位で勉強したけどsweat01)まあ、会社には見る機械はありますけど、そんなの余程困った時しか見ないです。例えばマシンどおしでデータのやり取りをしてほしいのに、うまくいかない時・・・(ううう、Linuxの某WebMailサーバとWindowsの某Webシステムとがうまく連携取れなかったよー、とか過去にあった時、だけだけどsweat01) クロエの連れのようにNATの変換テーブルを監視なんてしたことはない。そもそもインターネットじゃなくってイントラネット内、なんでそこにあるマシンと通信しないってもう・・・
閑話休題、今回はこれまでよりなんかお話がわかりやすく、気楽に楽しめます。これまでって結構止めては巻き戻しして人物の確認やセリフの確認とかして観てましたが、今回シーズン4はわかりやすい、うん、やっぱ朝から話が始まると暗いシーンが少ないので画的にも見やすいこともあるのでしょうか。
なお、最近はDVDレンタルばっかりですが、あるならビデオレンタルで観たいですね。なぜなら、場面転換での印象的なデジタル時刻が秒刻みに表示されるシーン、そしてその秒刻みとともに同時刻の複数場面が開いていくシーン(要はCM前後のとこ)で、DVD版だとチャプター変更になるのでそのCM入る前とCM後のカウント音での秒刻みが1秒以上の多少の間になってしまうのです。が、ビデオ版だとそのままカウント音の間はなく秒刻みはそのまま1秒ごとでの緊張感保ったまま次のシーンへ行くからです
うーむ、レンタルは次回は9/14、4巻5巻です・・・と思っていたらそうですか、11/25にはセルでBOXが出ちゃうのですね・・・。
24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード