コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 2005年7月 | メイン | 2005年9月 »

2005年8月の42件の記事

2005年8月31日 (水)

ただいまです。厚木は、熱かった

厚木、というか関東は関西と較べて微妙に涼しいのです。
・・・が、終了時刻、初日は24:00でした。翌日は27:00でした(当然朝は朝として普通に始まる)。・・・と熱い熱い計5日間sweat01
ううう、敵はStruts、これってかつてセミナーは受けたことがあるけれど実際に組むのは始めてです。まあ、JavaはJavaですし、そもそも出来上がったプログラムに大量にある不具合を修正することです。何本もやっていくうちに徐々に見えてくるというものです。
ふらふらになりつつもたくさん頑張ってきました。
で、得たものはStrutsの構成の実際とその組み方・・・と言いたいところですが一から組んでいないのでStrutsへの免疫ができた程度でしょうか。
まあ、他に厚木のおみやげは「エマ (6) Beam comix」と「かみちゅ! 1
むー、ストレス発散したかなー。微妙に考えて発散していますsweat01
あーそう言えば私が厚木に経ったその日の午前中にはもう「星界の戦旗 III volume01」が届いていたのですが、さーてまずは星界から観るかぁ・・・でも今晩はへとへとsweat01
とにかく、なんとか体の調子を完璧に壊すことなく帰ってこれてよかったよかったheart

しかし、今年はなんか大変だ。残業時間も毎月45時間を越えているし・・・(労働基準法では月45時間超が年に6回以内にしないといけないというのに・・・)9月ももう既に予定埋まっているんだなー、9月中に終えなくてはいけない仕事が・・・。なんか8月も60時間残業だから15時間9月にまわすとか会社が勝手なこと言い出しているし。あうーやばい展開だ。愚痴ってしまった。取り敢えず寝よう。

2005年8月26日 (金)

では厚木に出発です(微妙な位置だ)

明日は朝に家を出ると、正午には厚木に着けるので午後から仕事です。
なにか、得るべきものを得られるよう、頑張ってきます
これで8月のブログ更新はおしまいの可能性大です。
ではではclub

「よつばと!」は英語(?)なら"YOTSUBA&!"

4巻が既に本屋さんに並んでいたので買いました。
あずまきよひこさんは「あずまんが大王」も面白かったですが、この「よつばと!」も同様にしみじみ面白かったり、爆笑したりととにかく楽しんで読める作品です。
基本的には主人公のよつばと父ちゃん、及びお隣の美人3姉妹(?)が中心です。あとは父ちゃんの友人のジャンボ、3姉妹末っ子恵那の友人三浦、3姉妹の母。など。
よつばは外国帰りということを踏まえた以上に日々日常の世事に疎いのです。それを子供らしい誤解や曲解を経た上で少しずつ学び取り、すくすくとよく育っていく物語。この誤解や曲解の部分が非常に楽しく描かれています。また、読んでいる自分も感じたことがあることを思い知らされ、なんとなく懐かしくなるのです。今となってはなぜ引っかかったのか分からない細かい部分でのこだわり、または大したことでないのに恐怖したことを、よつばを通して思い起こされるのです。
が、なにはともあれ単純に面白いです
今回の巻では3姉妹次女の風香の失恋に絡んで、よつばとの顛末が秀逸でした。風香にはかわいそうなことでしたが、とても楽しかったのですshine
よつばと! 4 (4) 電撃コミックス
なお、今回は4コマが入っていました。「あずまんが大王」は4コマだったので、「よつばと!」の4コマも全然違和感なしに面白かったです。

星界の戦旗III volume01、発送された

星界の戦旗III volume01が発送されたとAmazonさんからメールが届きました(午前10時頃のメール)。でも多分、今日中にうちには届かないでしょう・・・。届かなければ明日は朝から旅立つ(休日もなにもない8月いっぱい出張)のでこれを観られるのは恐らく9月に入ってから・・・sweat01
結局収録時間は30分予定からプラス10分ほどになっているのかなーとか、オーディオコメンタリーが面白いかも、とかいろいろ期待しつつ出かけます
その前に、発送状況確認で様子を伺おうっと・・・むーまだ見られないようです。・・・いや、DVDはメール便になるので発送後の追跡調査は行われないらしい。
今日はやっぱり無理っぽいなーsweat01
星界の戦旗 III volume01
volume02は9月下旬、これも予約済み。さて、こっちは届いたらすぐに観られるのか、どうか。(観たいです)
星界の戦旗 III volume02

Rec-POT(HVR-HD250M)の使用報告

まえがき:
うちのブログの中でダントツに1位なアクセス記録を誇るのが「Rec-POT M(HVR-HD250M)を買う」です。
これは、Rec-POTになかなか満足している私としてはすこぶる嬉しい限りですshine
では2ヶ月程使用してきた感を書いて少しでもRec-POTの良さを伝えられたら・・・ということです。

前提条件:
うちの機器構成はPanasonicのデジタルBS対応ハイビジョンTV(TH-28D20)にIO-DATAの初代Rec-POT HVR-HD80をi-Link接続、さらにi-Link接続でメインとなる3代目Rec-POT HVR-HD250Mがデイジーチェーンでつながれております。デジタルBSTVからは初代HVR-HD80がD-VHS1、3代目HVR-HD250MがD-VHS2と認識されております。
他DVDHDDレコーダやらLD+DVDプレイヤー、あと全然使わない5.1サラウンドシステム(BSデジタルのAACサラウンド非対応なのでsweat01、一応LD+DVDプレイヤーと光ケーブルでつながっている)がつながっています。
なお、HVR-HD250MはDVDHDDレコーダの上に載っています。

HVR-HD250M稼動データ:
7月初旬の購入後、今日(8/25)まで連続稼動中。
録画電源ON状態:2から3時間/週。全て予約録画(購入直後のテストでの手動録画(計10分)を除く)。
再生電源ON状態:1から2時間/週。(同時録画しているDVDHDDレコーダでの視聴のみの場合もあり)
他は待機電源ON状態です。コンセントを抜いたりスイッチ切るなどしての電源OFFにしている状態はないです。
また、初代HVR-HD80は週1で30分、録画だけ行っています。
録画失敗はBSTV(チューナー障害)や録画機器(HVR-HD250Mやデイジーチェーン途中のHVR-HD80の障害)に起因するものはなし。(ただし雷雨による電波妨害で番組録画に影響があったことが1回。この番組録画後もHVR-HD250Mは電波状況が改善されたので電源投入されたまま現在まで他番組正常に録画中)
室温:20度から30度。クーラーが夕方から深夜0時頃まで入る(24から25度)。
容量:まだいっぱいになっておりません。

感想:
まあ、エマ撮りマシーンになりかけていますが他の番組もちゃんととっています。
録画に失敗することもなく、またDVDHDDレコーダー側も問題なく稼動しています。
基本的にコピーワンスでRec-POTから(D-VHS対応じゃない)DVDHDDレコーダーへの移動ができないので、Rec-POTとDVDHDDレコーダー(BSTVからのライン入力)で同時にBSデジタルを録画しています。主にDVDHDDレコーダー側の使い方は1.3倍再生ができるのでさくっと観たい時に重宝しています。まあ画質は当然落ちてぼんやりしてしまうのですがハイビジョンじゃない番組ならそんなに気になりません。
ハイビジョン番組は当然Rec-POTで再生しますheart
リモコンはRec-POT付属のものは当初の予定通り、ロック解除くらいにしか使用しないので月に1度使うくらいです。後はBSTVのリモコンからの制御で操作しています。予約録画はRec-POTの機能ではなく、BSTVの機能で行っています。不便なことはありません。
動作時の音は今もって購入直後と変わらず静かです。再生して観ている時に、駆動音などが耳についたことはないです。
熱も時折録画中や再生中、その直後などに手で触って確認しますが上が熱くなりますものの、下はなんともないです。また、初代と較べても初代のあの熱さには到底及びません。(つまりほんわり温かい)
そうそう、前面の起動状態を表現しているランプ(?)部分は明るさを一番暗いモードにしています。待機電力節約ですが微妙に発熱量も低くなっている・・・はず(?)。
また、HDDDVDレコーダーの上に載っていますが、このHDDDVDレコーダーは上に熱を出さないのも幸いしていますね。
最初やっぱり欲しいと思っていた削除機能ですが、たいして録画番組がたまらない私の使い方では、別に必須な機能とも思えなくなりました。ないことに不便を感じてはおりません。
不満点はBSTVのリモコンでの早送り再生、再生、すぐ巻き戻し再生とする際、たまに巻き戻し再生してくれないことですね。(ようはCMをカットして番組始まったので再生、ちと行き過ぎたのでちょっと戻りたい時、こまかっsweat01)これは一旦再生を止め、一息置いて巻き戻し再生するとなんとかなりますが。

使用していない機能:
初代への番組移動は使用していません。使う意義が今のところないので・・・いっぱいになってきて残しておきたいものがでてきたら考えますが、どうでしょう。なんとなく、結局わたしはタイムシフト的に見ているものが多いので、いっか、とロック解除で上書きさせてしまいそうです。

これから:
地上デジタルが始まり、多くの人がコピーワンス制御に触れてきました。故にわかっていたことなのですが、いまさらながらにコピーワンス制御の便利の悪さへの風当たりがきつくなってきています。今後コピーワンス制御は緩められることが検討されています。(完全移動確認後の移動元削除の保証や、回数制限でのコピー可能化、などらしいですがどうなるかはまだまだ不明。検討だけだったりするかも)
そうなるとこれまでのコピーワンスで録画しておいた番組に対しても新機器やファームウェアの修正が施されると、万が一にもその緩められたコピー制御機能が適用されるかもしれない・・・とすごい楽観的、幸せな想像をしてまだまだ容量の余裕もあるし、暫く録り貯めて様子を見ておきます。
次世代DVDの規格が分裂してしまったので、これはうーむ、またもRec-POTの買い足しが必要になるのかも・・・sweat01
さて、気がつけば3代目も160Mは生産終了し、250Mも在庫限りとI-O DATAさんのHPでは表示されております。そろそろ代が替わりそうですね。
I-O DATA HVR-HD250M デジタル放送対応 HDDレコーダー

2005年8月25日 (木)

きたよきました、また出張が

今日出社すると間もなく、あさっての土曜日(!)から来週水曜日までの5日間の出張が告げられました。
そう、当然土曜も日曜も働くのです・・・。
場所は神奈川県は厚木、この地に行くのは初めてです。
なんでもVBできてJavaもできる人を急遽必要とするとかです。
そんな人材うちの社内にはたくさん居ると思いきや、なんだかいないのですよ・・・汎用機系の人が多すぎます。これからどころかもう今の業界はオープン系じゃないのでしょうか・・・。まあ、確かに枯れた技術もしっかりどっしり必要なのは必要なのですが、それにしてももうちっとオープン系なところにも力を入れてくださいませsweat01
・・・とかとか言いつつ明日は台風でしょう。あさっては朝から出立してなんとか台風一過、くらいに厚木に到着できればいいのですが。そもそもあさっての新幹線、ちゃーんと動いてくださいよ
出張行くたびに体調崩してしまうのですが、この仕事、やっぱり土日であろうが残業ありき、らしいですね・・・ううう、元気に行って、元気に帰ってこられますように。
きっといいこと、ありますよheart
なお、ブログの更新は・・・望み薄、ですsweat01
むぅ、UML試験、8月中に受けようと調整していたのですが、9月にずれ込むこと確定。(忘れそうだsweat01
・・・なお、私、急な出張、しかも連泊になるのが多すぎです。他の同僚でそんな状況な人、少なくともうちのここの職場には、いないのにぃsweat01sweat01sweat01
まあ取り合えずは、早寝かなsleepy

2005年8月24日 (水)

薬師アルジャン、苦手なのは甘いものと・・・

最近2巻が発売され、ふと本屋で目に留まり、幸いなことに中身をチェックできたので確認。うん、読める画だ。話も面白いかも…と思い、1巻2巻まとめて買いました。(まあ買う決断まで2、3日ありますが、インターネットでの書評やファンの方のHPなどでチェックしてたので)
でもその買う決断後、本屋さんを捜してもなかなか1巻が見つからない。それどころか出たばかりの2巻も無い状況・・・というか、秋田書店のプリンセスコミックスの取り揃えのない本屋さんばかりでした。結局お休みに大きな本屋(旭屋書店)さんで1冊だけ残っていた1巻、及びここではさすがに新刊コーナーに平積みになっていた2巻をまとめて買いました。
幼い頃から毒を取り、毒の知識技術を教え込まれた者である全身が毒の体の主人公アルジャンの髪は毒を取れば取るほど銀に染まっていきます。その吐息は甘い毒の香を秘め、その肌に直接触れるだけで生あるものは枯れ果てるのです。
そんな呪われた体のアルジャンを、王国の跡取りとして常に命を狙われているプリムラ姫が彼と再会し、ひっそり薬師として生きていたアルジャンをお城お抱えの薬師にするところから話は始まります。
再開するということは前になんらかの因縁があったのですが、それは本編進むなかちょっとずつ明らかになっていきます。
とにかく、ちと陰気気味なアルジャンと一見元気で強気なプリムラとの切ない関係(毒体質故に触れるに触れられないことも含む)を多くの王国を取り巻く陰謀とともに、しみじみ描いていきます。
陰謀企む某が使う多種多様な毒が彩る怖いお話のようです。が、確かに毒は毒で怖いのですが、それを使うこととなる人の心の毒こそが怖いこと、これがテーマです。
まあそんな張り詰めた物語かと思いきや、プリムラ(エビ好きということをそこここで本人が語ります、今後なにか大きくかかわってきたら楽しいです)やアルジャンの押しかけ弟子のソーダ(最初はアルジャンに睡眠薬を盛ったりしている)が居て、読む方としてはほっとします。(ちょこちょことおもしろいので)
しかしプリムラの親である王、王として国家を治めるがための冷酷な一面が際立って描かれています。プリムラに対しては溺愛するふうに見えますが、これももしかして・・・と穿った見方もしてしまいます。
アルジャンとプリムラの関係は幸せに向かうのかどうなのか、次の巻からの物語の新展開が楽しみです。
薬師アルジャン 1 (1) プリンセスコミックス
薬師アルジャン 2 (2) プリンセスコミックス
アルジャンは好きなものがないけど苦手なものはあります。甘いものとトリカブト・・・。

2005年8月23日 (火)

ううう、烏龍茶はサントリー・・・

iPodminiプレゼントキャンペーンは昨日終了しました。
私は、前前回前回で96ポイント分(つまり96本)はずれ続けました!
前回と言っても昨日最終日・・・。でも96ってなんか中途半端だ、これは100ポイントを達成するしかないです!
昨日の午後に残りの4本を購入し、急いで挑戦です。夕方以降は混み合う可能性がありますから。
さあ最終章、開始です。
当然、今回も全て右上、右カーブの蹴り強で挑戦です。これを変えるとなにかに負けた気がするのでsweat01



あっさり終わりました。はい、今回も全てはずれました。でも燦然と輝くポイント100! (・・・だからどうだということもないですが)
烏龍茶好きだから、これからも飲むたび思い出すことでしょう。
好きなもの勝って夢見られただけでも幸せでしたheart
サントリー株式会社
これを糧に今後の方針を考えます・・・。まあまた始まったら普通に買う分くらいで挑戦したいものです。

2005年8月22日 (月)

酒呑童子の電話代・・・

ある電話会社のテレビCMで「支店どおしの電話代、なんとかならんかね」から始まるもの。どうしても私には「酒呑童子の電話代、なんとかならんかね」と聞こえるのです。
ううう、ただそれだけなのですが。
耳、大丈夫かな。

不死鳥のタマゴ、実は本編より誤解の展開が気がかりです

紫堂恭子さんの作品はほぼ呼んでおります。読んでいないのはファンタジーではないような匂いのするもの・・・ようは現代未来系の作品です(つまり「ブルー・インフェリア」と「姫神町リンク」)。それ以外は全部きっちり読んでおりますし、大好きです。heart
特によかったと思うのは「グラン・ロ−ヴァ物語」、「辺境警備」あたりでしょうか。
さて、こないだシリアス全開だった「王国の鍵」が完結しました。私にとっては悲しい終わり方に感じて次は楽しいものがよいなと思っておりました。
・・・で、この「不死鳥のタマゴ」は内戦後の田舎町で始まります。戦乱の影響はこんな辺境の田舎町でも重くのしかかり、主人公は内戦勝利側から派遣された軍人、町の人々は内戦敗戦側です。これは重くならないわけがない展開となりそうですが、「手のひらサイズのなにか」が全てをぶち壊・・・じゃない、ぱぁーっと明るい一条の光明を振り注いで主人公を元気付けています。
いつもなら紫堂さんの作品では、この手の役回りは基本的にある特定の商売人系都市国家の人物が割り当たるところなのですがsweat01、今回は思い切り重要な、おそらくキーとなるキャラとして、そのひたすら愛嬌あって明るいキャラが位置づいています。
果たしてその「手のひらサイズのなにか」なキャラはなんなのでしょうか。まだまだ単なるマスコットキャラ的な感じですがいずれ物語に深くかかわってくるでしょう。
また、ヒロインがなんでか主人公と重要人物である「辺境警備」の神官さん系の美形の図書館司書(ただし天然ではない)との間を疑ったりしつつする中、主人公をそのような特殊な趣味と勘違いする展開が回を進むにつれ、解きほぐれるのではなく、深まっていきますsweat01 これも物語の本編ともども要注目ですよ
不死鳥のタマゴ (1) あすかコミックDX

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード