コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 北海道に来て感じたなにか(その2) | メイン | パーソナルコンピュータ利用技術認定試験2級(現準1級)(1回目) »

2005年4月24日 (日)

RO昔話、始める始まる

ラグナロクオンラインを始めたのは2年前です。
無料ベータで遊んでいた天上碑が正式サービス開始となったのを機に、どうせ課金するなら前から気になっていたROを試しにやってみよう、と。
なにが気になっていたのか、というと、装備によって見た目が変わるということ、他人とのぱっと見の差別化ができることがすごく魅力的でした。
特に、「うさ耳」が装備されているのを見て、「むー、これを装備できたらそれで満足」と考えて始めたのです。
最初はなにもかもよくわかりません。そもそもオンラインゲームというものはパッケージを買ってその説明書を見てやる形にはなじまないのか、妙にインターネットの公式サイトでの説明を読む形。これがなにげに面倒。まだその頃はISDNでしたのでサイトのページを繰るのが結構大変sweat01 そもそもインストーラが何十Mもあるでかいファイル。これをどうダウンロードしようかと思うと・・・(天上碑はダウンロードに2度3度失敗していた)。課金の方法もどこで買うのかよくわからないWebマネーかキャッシュカード(持ってないのさ、って言うかカードは嫌い)だったので、なんか面倒です。
どうしようと思っていた時、
「はじめてのラグナロクオンライン」(現在Ver.3)がコンビニで発売されているという情報の中に、2ヶ月分の料金も込み、まであったのを見つけた時は嬉しかった。もうこれしかない、とコンビニ探して見つけた時の嬉しさはなんとも言えませんheart
インストールし、開始! うおーいきなり初心者修練場らしいが…どこに行けば、いやここに居るNPCに話しかければいいのか、取り敢えず行けるとこ行ってMAPを把握して…当然NPCには全員話しかけ、セリフが変わらなくなるまで話しかけるのだ! ・・・疲れました。なんかクイズだし、しかもこれからやってわかることを訊いてくるし…。もらえるアイテムも芋とかだけど、これらはとっとと食べるべきなのか、それとも大事にとっておくのか…とか考えつつやっているので初日は初心者修練場で終わった。
で、気づいたこと、コンシューマのRPGの調子でやってもなんか違う。公式ページの初心者向けチュートリアル終了までちゃっちゃとやってしまおう。
それから、きっとRO、が始まるのだ。
(2003,02頃)

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード