コミック発売スケジュール

おすすめスケジュール

Amazon

1巻発売スケジュール

文庫発売スケジュール

Powered by Six Apart

« 第1種情報処理技術者試験(4回目) | メイン | HPにお話たくさん! »

2005年3月20日 (日)

フォントをかえよう!

目的:フォントを変えます!
というかHP素材に字を使ってもあんまり変わったフォントはありません。特に日本語はMSゴシックかMS明朝かというくらいで見た目の変化や効果はあまり期待できません。
当然フォントを買ってきて入れればいいのですが、それはちょっと・・・です。なんとかお金かけずに、そして楽にフォントを増やしたいです。
riceball現状確認:なにがあるのか。
Wordで文書作るとフォントを選べます。そこを見てみると、日本語系は少なく、逆に英文系のフォントがずらりです。
日本語でなくてもいいなら英文フォントはなかなか面白いです。Impactとか、Times New RomanComic Sans MSが好きでよく使います。また、Scriptは筆記体っぽくなってなんかうきうきしますheart
日本語には:日本語にもフォント足したい。
WordなどOffice系ならそのインストールCDからフォント追加ができるはずです。追加してみましょう。
すると、HG丸ゴシックM-PROHG創英角ポップ体とか、HG行書体なんかが出てきます。なお、これはWordやOfficeのバージョンにより異なりますが、大体似た感じのものはあるので、これでさらにうきうきしましょう
appleさらに:まだ欲しいです。
こうなるともうインターネットの世界へ旅立ちましょう。フリーフォントを探すのです。私のおすすめは、楽院篆書です。おそらく普通には出ないはずで大多数の方のところではこの字はデフォルトのフォントで表示されていることでしょう。ようは私のまとめサイトで使わせていただいている字です。教育漢字とかだけですが、なかなか篆書体のフリーはないので貴重です。
印鑑の秀山堂さんを訪れてみてください。フリーダウンロードできます。
danger注意:フォントはインストールしないと見えない。
というわけで、そのままフォントを使えるようにHPに仕込んでも、フォントのない人のところでは上の幾つか上げているフォントがデフォルトのまま出てしまいます。使うなら画像に入れ込んで使うのが吉、です。

ページランキンング

限定版発売スケジュール

関連IT用語 by e-Words

楽ワード